アラバキ直前! フェス テント泊の持ち物、最終確認 もりふうみの徒歩キャン日記

この記事の目次
PR
 

はじめに

連日いいお天気でキャンプ日和!こんにちは、キャリーバッグで徒歩キャンプする大学生、キャリーキャンパー「もりふうみ」です。

突然ですがわたしは今週末、みちのく公園で開催されるロックフェス「ARABAKI ROCK FEST.17(通称アラバキ)」に参戦するために宮城まで遠征します。

提供:友人

アラバキに行くのは初めてなのですが、今回はフェス用装備を考えてみたいと思います!

フェスでのテント泊なんて、キャンプによく行かれる方からすると、何てことないと思われかもしれませんが、フェスだからこそ持って行きたい持ち物をわたしなりに考えて、まとめてみました。

車が横付けできないフェスだからこそ、軽量コンパクトな徒歩キャンパーの装備も参考にしてもらえればと思います。

また、フェスキャンプ初心者・未経験者の方は持ち物のチェックに活用してくださいね!

*チェックリストはこのページの最後にあります。

服装

まず服装!昼は気温が20度近くまで上がり、ライブでモッシュして汗だくになったかと思えば、夜は5度以下まで下がったりと寒暖差の激しいこの季節。その上29日は雨予報まで出ています。

私の服装はこんな感じです。

・動きやすく踏まれても痛くないトレッキングシューズ
・脱ぎ着できるレインウェア
・日よけにも雨よけにもなる帽子(風で飛んでいかないように紐付き)
・他にも着替えのTシャツ
・雨でも気分を高める用のレインポンチョ

見かけたら声をかけてくれると嬉しいです!

持ち物

・テント
・ペグ/ペグハンマー
・寝袋

最低限の装備ですが、これだけあればひとまず寝られます。
テントが飛んでいかないようにペグは必ずしっかりと打ち込みます。

今週末の宮城県柴田郡川崎町の最低気温は4度の予報。寝袋は保温能力に3~5℃くらい余裕があったほうが快適に睡眠を取れます。3シーズン用だと安心……。

夏用の寝袋しかない!という方はプラスで毛布とかを持っていくといいですね。
・電池式ランタン

夜間重宝するランタン。トイレに行くのに、暗いとそこらじゅうに張り巡らされたロープに引っかかってしまいます

ほとんどのフェスで火事防止のため「火」は使用禁止なので、ガス式ではなく、電池式のランタンを持っていく必要があります。充電や替えの電池など事前に準備が必要なので気をつけてください!

・マット(コット)
就寝用のマットやコットもあると快適さがグッとアップします。疲れがたまりやすいフェスだからこそ、睡眠の質は上げたいところ。

やわらかさもそうですが、就寝時に地面に熱を奪われると寒くて睡眠どころではなくなることもあるので、ぜひ持っていきたいアイテム。

安くて手軽な銀マットから、ぽよんぽよんするエアーマット、ふわふわのインフレーターマット、ベッドのようなコット……。種類はたくさんあるのでお財布と積載と相談して決めましょう。

・グランドシート(レジャーシート・ブルーシート)

アラバキ、4月26日現在で土曜日降水確率70%の雨予報が出ています……。テントの泥汚れを防ぐためにも、テント内への浸水を防ぐためにぜひ持っていきましょう!
寝袋が濡れると寒いし重いし乾かすのも大変です。テントより少し小さめの物を選ぶのがポイントです(大きかったら折りたたんでください)。

・テーブル
・椅子

フェスなので至る所に椅子もベンチもテーブルもあるのですが、持参すると便利です!特に椅子!座るところを探す手間も省けるし、朝ごはんをゆっくり食べたりもできます。

細かいけれどあると安心・便利なもの

・ダイヤル式の鍵

提供:友人

テントサイトを離れることも多いフェス。高価・貴重なギアは持って行かないというのもそうですが、自衛はしておきたいところ。テントの入り口に鍵をかけて、テーブルやチェアなどをしまってからライブに行きましょう。

南京錠タイプでもいいのですが、ダイヤル式のほうが鍵をなくす心配もなく、グループで番号を共有すると楽ですね。

・防犯ブザー
女性だけでフェスに行かれる方は一応持っていき、枕元などにおいておくと安心かなと思います。有事に備えて備えすぎることはないと思うので……。

・ガーランド・フラッグ
似たり寄ったりなテントが一箇所にたくさん並ぶフェス。どれが自分のサイトかわかるように目印をつけておきましょう。

間違えて違うテントに入って防犯ブザーを鳴らされないためにも……。

・充電器
携帯の電池が切れると友達との待ち合わせも、写真を撮るのにも不便!モバイルバッテリーは忘れずに持っていきましょう。

・腕時計
フェスはタイムテーブルが何より大事。携帯を取り出す手間を省くためにも、電池を少しでも長持ちさせるためにも腕時計があると捗ります。

・懐中電灯

提供:友人『キャンプファイヤーだよ。おしゃれな感じになってた』

出歩くときのために懐中電灯もあると安心です。ランタンと同じように充電や替えの電池など事前に準備が必要なので気をつけてください。

・キャリーワゴン・キャリーカート
車からキャンプサイトに持ち物を運ぶときにあると便利!荷物が多ければキャリーワゴン、少なければカートが便利です。運ぶときには荷崩れには気をつけてくださいね。

・スーツケース
新幹線やバスで行かれる方はこちらも便利!なにより周りに怪しまれません。家にあるスーツケースで十分ですが、自由自在に動かせる四輪タイプ。悪路に強い二輪タイプ。好みに合わせて使用すると◎。

・ビニール袋・ゴミ袋
ゴミをまとめたり、濡れたテントで車や電車を汚さないために余分に持っていきましょう。

・ウェットティッシュ
何でもかんでもふけるので、水道が遠いときに本当に重宝します。

その他注意点

提供:友人『キャンプエリア入場前待機列。入ったら意外とスムーズだったよ』

キャンプサイト券の有効期間は4/29(土・祝)10:00~4/30(日)22:00まで。公式サイトでは4/30(日)日没前18:00ごろまでの撤収を呼びかけています。暗くなる前に片付けるほうが楽なので時間を見つけて撤収しましょう。

それから、キャンプサイトは非常に風が強く、またスペースの問題もあり、タープの使用は禁止となっています。

また、前述したとおり火器の使用はBBQエリアのみです。

公式HPもよく読んでくださいね。


持ち物まとめ

  • テント
  • グランドシート
  • ペグ・ペグハンマー
  • 電池式ランタン
  • 寝袋
  • マット・コット
  • 椅子
  • テーブル
  • ブランケット・毛布
  • キャリーワゴン・キャリーカート
  • フラッグ・ガーランド
  • ダイヤル式の鍵
  • 防犯ブザー
  • ビニール袋・ゴミ袋
  • ウエットティッシュ
  • 歯ブラシ
  • 帽子・サングラス
  • ウエストポーチ・リュック
  • 腕時計
  • 靴(スニーカー・トレッキングシューズ・長靴)
  • チケット・現金・保険証
  • スマホ・ケータイ
  • モバイルバッテリー・充電器
  • 日焼け止め・タオル
  • 雨具(レインポンチョ・レインスーツ・レインウェア等)
  • 防寒具・カイロ
  • 懐中電灯・ヘッドライト
  • 虫除けスプレー
  • レジャーシート
  • 防水ケース・ジップロック
  • 絆創膏・常備薬・目薬・マスク
  • ハンカチ・ティッシュ・汗拭きシート
  • エマージェンシーシート

↓ご飯を作るのであれば

  • BBQ台・炭・火バサミ・軍手
  • カセットコンロ・ガスバーナー
  • ガスボンベ・OD缶
  • 調理器具・食器類
  • クーラーボックス
  • 食料・調味料
  • 洗剤・スポンジ

おわりに

提供:友人

準備を万端にしてアラバキを楽しみましょう!

私はスーツケースとテーブルを新調して、レインウェアなんかも買っちゃって……今年最初のフェスにわくわくが止まりません。

会場で乾杯してください!では!