CHUMS CAMP 2018に行ってきました!【もりふうみの徒歩キャン日記】

この記事の目次

こんにちは!キャリーバッグでキャンプする、キャリーキャンパーの森風美(もりふうみ)です!

今回は私の大好きなブランド「CHUMS」が主催するイベント、「CHUMS CAMP 2018」にお邪魔してきた体験レポートをお届けします!

このキャンプイベントは、2013年にブランド創立30周年を祝して開催された「BOOBY BIRTHDAY CAMP」から始まり、3年のブランクを経て一昨年復活した伝説の催し! 特に今年は「35周年」を数えて、盛り上がりに拍車がかかります!! Happy Birthday BOOBY!!!


(ペンギンじゃないよ!カツオ鳥ことブービーバードだよ!!)

会場は高規格で有名なキャンプ場「ライジングフィールド軽井沢」。CHUMSらしい、ポップでカラフルなデコレーションに、到着時からテンションMAX!


(気合を入れて、妹といっしょにペア・コーデで参戦です)

まずはメイン会場となるBOOBY VILLAGEで遊ぶ!!


(キャンプファイヤーを囲む広場に楽しいコンテンツが凝縮)

・「CHUMS CAMPING BAZZAR」ここでしか買えない? グッズ販売
・「BOOBY MARKET」アメリカの遊園地のようなゲームコーナー
・「Chumley’s Workshop」ステンシルや焼印の実演
・「CHUMLYMPIC」皆で協力して記録に挑戦!!

もう、ここだけで1日中楽しめちゃうってくらいの充実ぶり。小学6年生の妹は、すべてに挑戦していましたが、お子様連れの方には特にオススメできるキャンプイベント! どの子たちも笑顔でいっぱいでした!!


(こちらのお店では2018年CHUMS CAMP限定のオフィシャルグッズも販売)


(縁日のゲームもCHUMSにかかるとオシャレに変身!!)


(焼印を押して自分だけのCHUMSアイテムが作れます)


(中でも、イチバンに面白かったのはこのTシャツ重ね着競争)

これが意外と難しくって……。どうにか1分間で11枚着込みましたが、大会レコードにはまったく手が届きませんでした。残念。

時間がくると、どこからともなくみんな集まって、CHUMS音頭を踊ったり、キャンプファイヤーをしたり、ラジオ体操をしたり……このBOOBY VILLAGEは常に和気藹々とした雰囲気。

それもこれも、気さくで親切なスタッフさんの貢献度が「大!!」だと思います。こーゆー雰囲気に慣れない人でも、無理なく盛り上げてくれるホスピタリティー。ですが、誰より楽しんでいたのもスタッフさんだったような気も……?

おいしいごはんでHAPPYに!

先ほどのエリアから少し離れたところにあった「CHUMS LIVING」は食の祭典。お昼には、「こどもレストラン」「こだわりの女子スイーツ」「ズボラ男子の外飲みレシピ」など、様々なテーマで料理教室が開催されていました。


(CHUMSスキレットを使った女子向けのガレット教室)


(が! 夜には居酒屋に様変わり。スタッフさんもお酒を交えて語ります)

CHUMSコラボシリーズ

そのオシャレなブランドイメージからか、コラボも多いCHUMSさん。


(Hondaさんとコラボのコンセプト・カーにはみんなが大注目!)


(インスタントカメラのチェキでの「フォトinフォト・コンテスト」)


(miya takehiroさんによるウクレレ・ワークショップ)

妹が実はウクレレを始めたばかりなので、こちらのお教室にはガッツリ参加させて頂きました。

でも私はブービーバードの刻印されたウクレレと専用ケースの方に目が釘付け。ちょー可愛くないですか? 近日リリースとのことなので、うーん買っちゃおうかなー。どーしよーかなー……。

おわりに

私のヘタな写真からも、そのアットホームでハッピーな空気が十分に伝わっているのではないかと思います。が、その裏でたくさんの出会いがあったのも、このキャンプ大会の大事な思い出。

一緒に大縄を跳んだり、バレーボールをしたり……。
ウチのサイトに遊びに来てくれた小さな女の子……。
「もふもふ」させてくれたワンちゃんたち……。


(初めて出会った北海道犬のベストポーズ・ベストショット!)

最後にぷっぷ君が声をかけてきてくれた時には本ーっ当にビックリしました。だって、あのぷっぷ君が、無名の私に「もりふうみさんですよね?」と声をかけて来てくれたんですよ!!


(って、知らない人の方が多いですよね、すみません)

こちらのインスタ @puppu._.pu_ton をご覧いただければお分かりになると思いますが、私が以前から注目してきたアウトドア系の豚さんで、日本中を旅してキャンプしているんです。「いつか会えるかな?」と思ってきたけど、それがこんなに早く叶うなんて感激でした。

(けど、戸惑ってしまってあまりお話できなかったかも)

……と、いうわけで数々の出会いを頂いたCHUMS CAMP2018。次回は私の目を惹いた、おしゃれキャンパーさんたちや、おしゃれサイトをご紹介したいと思います。お楽しみに〜。

プロフィール

森 風美(もり ふうみ)

キャリーバッグ1つでキャンプする大学4年生。キャンプを仕事にしようと就職を放棄しました。
現在、女子大生キャンプモデル・ライター・イラストレーター・コーディネーターとしてさまざまなメディアで活動しています。
アウトドアのお仕事があれば何でもTwitterInstagramの「もりふうみ」宛にご連絡お待ちしています!

PR