【新製品】LOGOS 「取っ手がとれるスキレット」2サイズを新発売!

この記事の目次

はじめに

GWも間近に迫り、青空の下でキャンプ飯を楽しめるシーズンがやってきました。そんな中、LOGOSから、気になるスキレットの登場です。スキレットと言えば、ニトリのニトスキを始め、色々なメーカーのものが使われていますが、今回LOGOSから登場した「取っ手がとれるスキレット」は、その名の通り、取っ手の取り外しが簡単にできるタイプのもの。

取っ手付きの調理器具は、意外と持ち運びや収納時に嵩張るので、これは便利そうですね。その他にもアウトドアメーカーならではのこだわりが随所に見て取れる「取っ手がとれるスキレット」を紹介していきましょう。

取っ手がとれるスキレットとは?

アウトドアブランドのLOGOS(本社:大阪市住之江区、代表取締役社長:柴田茂樹)は、取っ手の取り外しができる便利なスキレット「取っ手がとれるスキレット」2サイズを新発売いたしました。

本アイテムは、取っ手の脱着が可能なので、オーブン料理(石窯料理)が楽しめる万能調理グリル 「LOGOS the KAMADO」(別売) などのオーブン調理に最適なアイテムです。取っ手の取り付け位置が2ヵ所あるため、向きの調節が簡単に行えます。また、シーズニングレス仕様のため、面倒なシーズニング作業も不要です。底面はドット加工のため、焦げ付きを防ぐとともに、高い蓄熱性で手軽に美味しく料理を仕上げることができます。

パンケーキなどのデザートづくりにぴったりのSサイズ(直径16cm)と、ワイルドな夕食にぴったりなMサイズ(直径22cm)の、2サイズをご用意いたしました。

アウトドアシーンでは「LOGOS the KAMADO」(別売)でのオーブン調理はもちろん、ご家庭のオーブンやトースター、ガスコンロやIHでの調理も可能なため、様々なシーンで活躍いたします。 また、取っ手の取り外しが可能なため、取っ手を外して加熱したり、熱くなった取っ手を食卓の上で外すことができるため、ヤケドの心配が減ります。

コンパクトに収納できるため、置き場所にも困りません。 取っ手の取り外しができ、ヤケドの心配も少ない便利なスキレット「取っ手がとれるスキレット」2サイズを、アウトドアライフのみならずご家庭でも、ぜひともご活用ください。

取っ手がとれるスキレット概要

  • 商 品 名・・・取っ手がとれるスキレットS
  • 価 格・・・¥2,300(税別)
  • 総 重 量・・・(約)1.2kg
  • サ イ ズ・・・(約)30×16.5×8cm
  • 内   寸・・・(約)16/13.5×3.5cm
  • 収納サイズ・・・(約)20.5×16.5×4cm
  • 主 素 材・・・鋳鉄

  • 商 品 名・・・取っ手がとれるスキレットM
  • 価 格・・・¥3,300(税別)
  • 総 重 量・・・(約)1.7kg
  • サ イ ズ・・・(約)37×23×8.5cm
  • 内   寸・・・(約)22/19×4.5cm
  • 収納サイズ・・・(約)27×23×5cm
  • 主 素 材・・・鋳鉄

 

アウトドアの魅力を様々なアプローチで紹介するWEBマガジン「月刊ロゴス」内の「vol.71 LOGOS the KAMADOコンプリート・レシピ」では、取っ手がとれるスキレットを使ったレシピもたくさん紹介しております。ぜひご覧ください。

お問い合わせ先

ロゴスコーポレーション・コンシューマ係
住   所      : 〒559-0025 大阪市住之江区平林南2丁目11番13号
フリーダイヤル     : 0120-654-219 (受付時間:平日10:00~17:00)
オフィシャルサイト   : http://www.logos.ne.jp
PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。