【もっと早く見たかった…】ベテランキャンパーさんの「おこもりキャンプレイアウト」が素敵すぎた。

今回ご紹介するのは、「冬のおこもりキャンプ」をするなら是非ともチェックしていただきたいキャンパーのゆきさんです!

幕内に色々なものを詰め込まなくてはいけない「おこもりスタイル」はなかなか難しいですが、ゆきさんはすっきりシンプルに見せるプロ。

北欧テイストで整えられたテントサイトはとってもおしゃれで、まさにこの時期必見の内容ですよ〜!

今回も、レイアウトのポイントやおすすめギアなど、タメになる情報をたくさんご紹介いただいたので、最後までお見逃しなく。

CAMPIG

ゆきさん、ありがとうございました!

PR  

プロフィール

ゆきさん
40代 女性 キャンプ歴 5年〜9年

夫と子ども2人とワンコでキャンプをしています。

私が子どもの頃にガールスカウトで経験していたキャンプを子どもたちにも体験させたくてファミキャンからスタートしましたが、キャンプを通じて仲良くなった友人とも年間通して楽しんでいます。

お泊まりキャンプに行かれないことが多かった今年は、デイキャンプでもカヤックやSUPで楽しめることを発見しました。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

冬キャンプのおこもりレイアウトです。

全て幕内に入れるとごちゃごちゃしがちなので、なるべくすっきり見えるようシンプルに色味を抑え、甘くなりすぎないようにしています。

北欧テイストが好きなので、毎回家の中のお気に入り北欧雑貨を持ち出してサイトのアクセントにしています。

お気に入りギア

1. OUTDOOR SHOP DECEMBER| WHITE ROOM STUDIO オーダータープ

お気に入りポイント

生地、サイズ、色、フリル、パイピングなどが選べて、自分好みのタープを作ることが出来ます。

うちは防水性、遮光性、耐火性を重視したCLASSIC CANVASにしました。張りやすく、雨にも強く夏も涼しく爽やかに過ごせ、何より可愛くてとても気に入っています。気に入りすぎて、色違いでもう一枚持っています。

2. ペレグリンファニチャー| キャメルテーブル

お気に入りポイント

優しいウッドがサイトに馴染みやすく、またオプションのレッグエクステンションで脚の長さを変えることができるため、スタイルに合わせてハイにもローにも変えられるところがとても便利で、もう何年も愛用しています。

冬はいちばん短い脚にして天板と脚の間にブランケットを挟んでコタツ風にしています。くるくるとまるめて収納出来るところもお気に入りポイント。

3. スプリングバー (カーカムス)| トラベラー5

お気に入りポイント

とにかく設営が簡単で、1泊しか出来ないことが多い我が家にはもってこいの幕です。サイズ的にも4人とワンコが寝て荷物を置いても余裕があり使い勝手も良いです。カラーを合わせて作ったオーダータープと一緒に張るのが楽しみです。

4. ペトロマックス| アタゴ

お気に入りポイント

見た目のカッコ良さだけでなく、二次燃焼もするところや、うちにあるダッチオーブンやスキレットがそのまま丸ごと入るので調理の幅も広がるところが気に入ってます。少しだけコンパクトにもなります。

ギア選びのポイントは?

いいなと思うものは、サイトの雰囲気に合うかどうか、使いこなせるかどうか、時には使ってる方に意見を聞いて購入しています。

また、以前はコンパクト重視でしたが、最近は出来るだけのんびりする時間が長く欲しいので、多少かさばっても時短重視で早く組立て&解体出来るものを選んでいます。

今ゲットしたいギアは?

  • キャンピングカーまたはキャンピングトレーラー
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

始めの頃はキャビンに泊まったり、雨の日はやめる、など無理をせずにだんだんとキャンプの幅を広げていかれたら良いかと思います。

自然の中にお邪魔させてもらってることを常に忘れずに、マナーをしっかり守りながら楽しんでもらえたら嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。