キャメロンでジューシーな燻製ライフを!【もりふうみの徒歩キャン日記】

この記事の目次

こんにちは!キャリーバッグでキャンプする大学生キャンパーのもりふうみです!

みなさん!燻製は好きですか!?

わたしは徒歩であろうとなんであろうと燻製器を持って行くほど大の燻製好き!燻製が好きすぎて、自分で汽車ぽっぽ型の燻製器を作ったこともあります。

そんな私ですが、先日ついに段ボール製ではない、しっかりとした燻製器「キャメロン ミニスモーカー」を購入しました!熱燻デビューです!!

そもそも熱燻って?

燻製には「冷燻(れいくん)」「温燻(おんくん)」「熱燻(ねっくん)」の3つの種類があります。その字のごとく燻製中の温度によって種類が分かれていて、それぞれ得意な燻製のジャンルが異なります。

今回わたしが行う熱燻は短時間で食材に煙を纏わせるため、保存はあまりききませんがジューシーな味わいになるんです!

燻製する食材

今回用意したのは、定番のソーセージとチーズ、コンビニで売っている鯖の塩焼きです。

熱燻は生の鶏肉や魚を燻しながら加熱することもできるのですが、手軽さを重視してすでに火の通った食材をチョイスしています。

燻製の手順

①まず下準備として食材の水気をキッチンペーパーでよく拭き取ります。6Pチーズは底面だけ包装を残して開けます。

チーズの包装を残しておくことでチーズが溶け出しにくくなります!

②燻製器をなるべく汚さないためにアルミホイルを敷いて、ウッドチップをひとつかみ置きます。

なるべく火の上に来るよう、チップをひとまとまりにするのがポイントです

③スモーカーをコンロやバーナーに置いて、端っこの方が黒くなるまで強火にかけます。

④チップが色づいたら中火にし、食材をセットして燻製スタート!

蓋も閉めてね!

⑤5分ほどすると食材から水気が出て来るので、しっかり拭き取ります。

水分が残っているとそこにエグ味が付着して酸っぱい燻製になってしまうので念入りに!!

⑥そのままチップが尽きるまで(トータル20分ほど)燻製したら完成!!

おわりに

温燻に比べると確かにジューシーさが違います。ソーセージはパリッとした食感でとってもおいしい!

そして、定番のチーズとソーセージのおいしさはわかっていたのですが、塩サバの燻製がおいしすぎました!ほんのりとした燻製の風味でごはんがとっても進みます。

キャメロンのスモーカーは家でも手軽に燻製ができるので、キャンプに行かずとも日夜新たな燻製食材を探求しています。意外な食材がおいしく燻製できるので、キャメロンでジューシーな燻製ライフをぜひ試してみてください!!

キャンプで燻製に革命!?汽車ポッポ燻製機を作る!【もりふうみの徒歩キャン日記】

PR