ゼインアーツ幕を美しく使いこなすキャンパーさんにインタビュー!

今回ご紹介するのはゼインアーツ幕をカッコよく使いこなすキャンパー・camp_36filmさんです!

最近GIGI1を導入したばかりだそうですが、とてもそんな風には見えないほどバシッと決まっているテントサイト。今流行のカンガルースタイルもやりこなしていて憧れてしまいます。。

また、焚き火周りのレイアウトにもこだわりを持っていらっしゃり、快適に過ごす焚き火時間を追求しているんだとか!(これがとっても参考になる。。)今回はそんなcamp_36filmがおすすめするギアやレイアウトのこだわりなどを聞いてみました。

ソロキャンプだけどおしゃれにキメたい!という方は是非最後までチェックしてみてください♪

PR  

プロフィール

camp_36filmさん
20代 男性 キャンプ歴 1年

キャンプをはじめて1年、主に3シーズン毎週のようにキャンプしています。笑
去年はソロ6割、友人達とのグルキャン4割という比率でしたが、この春から妻もキャンプにハマりはじめデュオではなく、2人ソロキャンプを楽しんでいます。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

最近導入したばかりのgigi1でのレイアウトはまだまだ決まっておらず、試行錯誤中です。使用ギアもこの写真のころに比べると結構変わってしまいました。笑

とにかくレイアウトで1番重要視しているのは、焚火周りでの快適さです!1日の中で1番滞在する時間が長い場所なので、チェアやテーブル、焚火ツールの位置関係など設営時にしっかり考えます。

お気に入りギア

1. zanearts gigi1

お気に入りポイント

軽量で設営が簡単、ワンポールなのに広々快適、フォルムの美しさ、全てに置いて完璧だと思っています。パネルの開き方もいろいろと工夫でき、毎回レイアウトしてて楽しいです。

2. 武井バーナー 301a

お気に入りポイント

調子が悪くなるときも多々ありますが、見た目の美しさにいつも見惚れてしまいますし、昨年の秋冬は圧倒的な火力のおかげで乗り切ることができた、頼りになる相棒です!

3. asimocrafts a38grate

お気に入りポイント

1番重要な焚火周りのメインテーブルとして、今年から大活躍中です!組み合わせて使用しているasigrille_ztableによって天板の広さとサイドテーブルが追加され、かなり快適に過ごせています。

4. belmont tabi

お気に入りポイント

夏に向けてギアの軽量化を検討していたときに見つけたUL焚火台です。夏でも焚火はしたいので、出来るだけ気軽に持っていけるものを探していたところ見つけました。

小さな焚火台ですがたくさんの薪をのせてもしっかりしていますし、火床が低いので火を近くに感じることができて気に入っています。

ギア選びのポイントは?

最近はブラック、マルチカモブラック、リアルツリー系のカラーリングでギア選びをして、統一感を持たせています。

あとは設営撤収のストレスにならないように軽量化しつつ、でも使いたいギアはしっかり取り入れるようにしています!

今ゲットしたいギアは?

  • asimocrafts/maki_asi_bag
  • platform rocker/タクティカルチェア用ロッキングベース
  • yeti/ハーフガロンジャグ
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

◾︎初心者キャンパーさんへアドバイス!
最初はかなり失敗を繰り返す(自分は蚊取り線香をチェアに落として穴あけたり、ジャグを焚火の近くに置いていて溶かしたり笑)と思いますがそれすらも楽しんでいけると、よりキャンプが楽しくなります!

◾︎これからキャンプを始める人へ
自然の中で四季を感じながら過ごせる時間はすごく優雅で気持ちのいいものです。マナーを守って、しっかり楽しみましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。