PICKUP!キャンパーインタビュー【2017年版】k10zy(かとじ)さん編

この記事の目次

キャンパー紹介

ファミリーキャンプの楽しさを上手く伝えるためには、一緒にキャンプに行くのが一番だとは思いますが、k10zy(かとじ)さんのキャンプ風景をご紹介すれば、家族でキャンプを楽しむ魅力が一目瞭然です。

ウッドギアを中心に構成されたレイアウトからは温もりが溢れ、思い出の詰まったギアとはしゃぐ子供達を交互に眺めながら過ごす時間は、格別なものになりそうですね。

それでは早速、この夏キャンプに挑戦したいと思っている人や、まだちょっとキャンプに前向きじゃないご家族に、ファミキャンの魅力を伝えていきたいキャンパーさんには特にオススメなk10zy(かとじ)さんのキャンプ風景をご紹介していきましょう。

PR
 

プロフィール

k10zy(かとじ)さん
30代 男性 キャンプ歴 5年〜9年

次のキャンプで何する??が、口癖の軟弱キャンパー(笑)
子どもたちが楽しめるテーマ(やりたいこと、やってみたいこと)を考えて年中楽しんでます

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

基本的にフリーサイトを選びます。
フリーサイトならではのレイアウト。例えば木陰を利用したノータープで広々キッチン&リビングを作ったり、チェアに座りながら子どもたちの行動が見えるように心がけています。

お気に入りギア

1. Coleman 200A

お気に入りポイント

定番ですが、夫婦ふたりのバースデーランタン。2017.6月に購入。
定番には定番の理由があると使ってみてわかりました。
ホワイトガソリンを扱うのは初めてでしたが、点灯するのも簡単で光量も申し分なし。
安定の1軍入りです。

2. Outside In TABI KACHAKACHA MID CHAIR Love Wood 2016

お気に入りポイント

なんといっても、座り心地が極上です。
リグライニングが可能で何度か焚き火しながら寝落ちしました。
カーミットチェアのように、コンパクトに折りたためるところも積載問題を抱える我が家にはプラスポイントです。

3. IRONCRAFT ITADAKI

お気に入りポイント

秋冬にはみんなで(グルキャン等)で大鍋が余裕で出来るほどの強度。
火にかけない時はラックとして利用してます。
ウッド製ギアを多く使っているサイトのワンポイントにもなり、サイト全体に締まりが出るので毎回持って行きます。

4. Nature tones THE FOLDING DINNING TABLE (L)

お気に入りポイント

子どもがはしゃいでぶつかっても、びくともしない安定感。
天板サイズも家族5人で囲むのに最適。
子どもがまだ小さいのでロースタイルにしてますが、自作チェアとエニウェアチェアにベストな高さです。下のメッシュも大きいサイズなのにしっかりしておりペットボトル等、重めの物を置いても安定しています。

ギア選びのポイントは?

オシャレばかり意識していると使い勝手が二の次になってしまうので、
「如何に隠さずそのまま置いても気にならないか?」
を考えてギアを選ぶようにしています。

今ゲットしたいギアは?

  • 雪中が出来るように家族分のコット
  • 積載問題解消のためにカーゴトレーラー
  • 雨撤収が可能な幕
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

やりたいこと(作ってみたい料理や工作)が、たくさんあると思いますが、無理せず今回はこれをやってみよう!これは次回に!とか、雨が降ったらこれをしよう!みたいに決めておくと、時間にも余裕が出来、ゆったりとした時間が過ごせると思います。
また、料理は家で下準備をして、あとは焼くだけ並べるだけにしていくと、子どもたちと遊ぶ時間も増えると思います。
キャンプスタイルは十人十色ですので、自分(家族)にあったキャンプスタイル探しを楽しんでください。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。