キャンステはキャンパーのココロ 〜1枚に込められたそれぞれの想い〜

この記事の目次
PR
 

はじめに

キャンステと聞いてピンと来る人は、キャンプ歴など関係なくどっぷりキャンプにハマっている証。

キャンステとはキャンプステッカーの略語で、instagramユーザーのキャンパーを中心に人気を博しているキャンプ文化の一つです。

主にキャンパーそれぞれが、自分のキャンプスタイルやキャンプに対する考え方をテキストやイラストに込めて思い思いに作成します。

出来上がったキャンステは、自分のキャンプギアをステッカーチューンしたり、キャンプ仲間同士でステッカー交換したりして楽しみます。

今回は、そんなキャンパーの熱い想いが込められたキャンステにスポットを当ててみたいと思います。

キャンステ紹介

素敵なオリジナルのキャンステを作っているキャンパーさんに、デザイン時の想いやポイントを聞いてみました。


Masayaさん

Masayaさん(@_ma_sa_ya_)が投稿した写真


『四駆でキャンプ!仲間と共に。』というブログをやっていまして、そのタイトルに因んで〝4WD〟の3文字を使い、山をイメージしたデザインにしてみました。

また、ミリタリーが好きなので、ミリタリーワッペンや缶バッジを参考に星やラインを配列。

木目を選んだ理由は、作ろうと思った当時木目キャンステを見たことなかったのと、ウイスキーが好きなので樽っぽくて丁度いいかなーと 笑

一番の拘りポイントは、やっぱり4WDの配置のバランスですかね!


hige.bowzさん

image1
ハンドメイドしているキャンプギアの付属品としてロゴ入りのステッカーを作りました。

デザインのポイントは、貼る場所を選ばず、シンプルに主張し過ぎない、かつ一目でキャンプギアをハンドメイドする自分(ID:hige.bowz)を連想できる物。


yukkun_tamanさん

自分のキャンステは、息子の名前の由来である太陽と月をモチーフにしています。

キャンプという共通の趣味を通して繋がれた人、出会えた人に感謝を込めてお渡し出来るようにと作りました。

パソコンでの作成の仕方がわからなかったので、スマホのお絵描きアプリでデザインし、プリンターで印刷しています。

本当に素人クオリティーですが、これからもたくさんの方と知り合えるきっかけになれば良いなと思います。


hana_wata_さん

hana_wata_さん(@hana_wata_)が投稿した写真

僕のキャンステは、妻が手描きでデザインしたものを、インタグラムのフォロワーさん繋がりの方に忠実にステッカーにしていただきました!

お気に入りのアスガルドを中心に、全体的にレトロな雰囲気が出るような色味を選び、温かい世界観を表現しています!

また、薪ストーブから出る煙で、インスタ名であるhana_wata_を描いているのがポイントです!実際に薪ストーブは持ってないですけどね(笑)


meoto_campさん


上の子が4歳の時に始めたキャンプも気づけばもう22年目!いつの頃からか、夫婦2人でのキャンプに変わっていきました。

大自然の中で のんびり 贅沢な時間を過ごす。

最近では、SNSがきっかけで知り合った方達とキャンプ場で出会う事も…

そんな方達との「楽しい輪が益々広がります様に」!

そう言う思いを込めてキャンステを作りました。

これからも 楽しいアウトドアライフが続きます様に╰(*´︶`*)╯♡


rooms0208さん

Hiro.Mさん(@rooms0208)が投稿した写真

キャンステを作るにあたってキャンプといえば!にいろいろ迷いました。

その中でやっぱり夜に輝くランタンだな!となり、形の格好良さとデッドストックのピカピカを初点火で火だるま&真っ黒けにしたのに加え、軽く火傷もしちゃった恐怖の思い出が忘れられない、VapaluxM320をメインにおきました。

イラストは取説の画像を見ながら線画で作成。

シンプルなデザインだけど、背景の色使いでキャンプらしさ?を出すことを狙いました。

さいごに..

いかがでしたか?今回はキャンパーひとりひとりの素敵な想いが込められた「キャンステ」をご紹介しました。

イラストレーターやフォトショップなどのデザインソフトを使って本格的に作るだけでなく、スマートフォンのアプリなどを上手に使って手軽に作れるのもキャンステの魅力のひとつだと思います。

そして何よりも大切なことは「楽しんで作ること」ではないでしょうか?好きな言葉やイラストを考えながらのキャンステ作成は、どこかキャンプレイアウトと通じるところもあるのかもしれません。

また、キャンステ文化の中心に「キャンステ交換」があります。

仲間同士やインスタグラムなどのSNSを通してなど、色々な方法で気に入ったキャンステを交換し、コレクションしたりステッカーチューンを楽しんだりしているようです。

この記事を読んで、キャンステが気になりだしたキャンパーさんは、早速自分のキャンプスタイルのキャッチコピーを考えるところから始めてみると良いかもしれませんね!

当記事にて紹介しているキャンステは随時更新していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。