【キャンプコラム】寒い冬は自宅で自作ギアに挑戦!Vol.3 〜自分の理想のスタイルを自作で実現〜|前編

この記事の目次
PR
 

はじめに

これまで「寒い冬は自宅で自作ギアに挑戦!」シリーズとして

第1弾「まずは手軽に作れるものから作ってみよう」

【キャンプコラム】寒い冬は自宅で自作ギアに挑戦!〜まずは手軽に作れるものから作ってみよう〜

2017.01.08
第2弾「ラックでスッキリとしたサイト作り」

【キャンプコラム】寒い冬は自宅で自作ギアに挑戦!Vol.2 〜ラックでスッキリとしたサイト作り〜

2017.01.15
をご紹介してきました。

最終章の第3弾では「自分のやりたいスタイルを自作で実現」というテーマでお伝えしたいと思います。

これまでの2回は簡単に製作できるギアをメインに紹介してきましたが、今回は自分のやりたいスタイルを実現するために、いくつかの機能を兼ね備えた自作ギアをお届けします。

具体的には

  1. 高さ2段階調節テーブル
  2. 高さ2段階小テーブル
  3. キッチンテーブル

です。

まずは、3つのギアをご紹介する前に「自分のかなえたいスタイル」について少し述べさせていただきます。

一般的にはどのようなキャンプを楽しむかによってスタイルは決まりますが、私の場合

  • タープ下・・・ロースタイル
  • 2ルーム内・・・ロースタイル&お座敷スタイル(グランドスタイル)
  • テント内・・・お座敷スタイル

で過ごします。

従いまして、「ロースタイル&お座敷スタイル」の2つのスタイルでキャンプを楽しんでいるということになります。

それ以外には高めのハイスタイルなどあり、キャンプスタイルと高さは密接に関わっています。

そして私の場合、「ロースタイル&お座敷スタイル」の両方に使えるテーブルが欲しいということになりました。

でも市販品には、そのようなテーブルはなく、ないならば作ろうとなりました。

皆さんも、自分のやりたいスタイルを思い浮かべていただき、「ないならば作ろう」にチャレンジしてみると、楽しみが増えると思いますよ。

1.高さ2段階調節テーブル

私は自分のスタイル「ロースタイル&お座敷スタイル」を実現するために「高さ2段階調節テーブルを作成することにしました。

IMG_20161128_190127

さらに、このような機能があればいいなと思う3つの機能を加えました。

その3つの機能は

①高さ2段階調節

高さは、37cm(高い)、26cm(低い)となっており、高いときには、ロースタイルとして焚火テーブルとともに使用します。

また、低いときは、お座敷スタイルとして使用します。

KIMG1269
KIMG1263

【機能の説明】
高さは、脚が折りたためる構造になっています
KIMG1262

②ビルトインできる棚

テーブルに棚があればいいのにと思われる方は多いと思います。

調味料、ティッシュ、その他小物などをおくことができ、収納時にはビルトインできる棚となります。

KIMG1267
KIMG1261

③折りたたみ収納

「キャンプ場までの持ち運びをコンパクトに」を実現するために折りたたみを可能とすることで実現しました。

KIMG1260
KIMG1259

仕様

・使用時:横幅70cm×縦幅53cm×高さ37cm(高)、26cm(低)
・収納時:横幅35cm×縦幅53cm×厚さ8cm
・材質 :ヒノキ材(ヒノキの風合いに拘り作成しましたが、材質は他材でもかまいません)

作り方の手順は以下のとおりです。

  1. サイズに合わせた木材カット
  2. 木材の面取り
  3. 高さ調節用の溝ほり(トリマーだと簡単です。私はノミを使用)
  4. 部品塗装
  5. ビス打ち、兆番取り付け

2.高さ2段階小テーブル

このテーブルは、1で説明したテーブルの小テーブルとなります。
一般的には、クーラー台として使用していますが、高い状態でサイドテーブル、低い状態でお座敷スタイルで使用できます。

KIMG1273 (1)

①高さ2段階

KIMG1270
KIMG1272

仕様

・使用時:横幅53cm×縦幅28cm×高さ37cm(高)、26cm(低)
・収納時:横幅53cm×縦幅28cm×厚さ3cm
・材質 :SPF材(材質は他材でもかまいません)

作り方の手順は以下のとおりです。

  1. サイズに合わせた木材カット
  2. 木材の面取り
  3. 高さ調節用の溝ほり(トリマーだと簡単です。私はノミを使用)
  4. 部品塗装
  5. ビス打ち

後編に続きます..

【キャンプコラム】寒い冬は自宅で自作ギアに挑戦!Vol.3 〜自分の理想のスタイルを自作で実現〜|後編

2017.01.22

ハンドメイド関連記事

かぎ針編み入門!意外と簡単♡まずは基本を覚えよう

【PR】Kitutuki

ハンドメイド作家インタビュー【2017年版】micoさん編

【PR】Kitutuki

ABOUTこの記事をかいた人

びあ・ぷりーず

神奈川県横浜市在住
家族4人(妻、子供2人)
私自身は2008年にキャンプを始めるまで、ほとんどキャンプの経験がありませんでした。
子供たちにアウトドアを体験させてあげたいと思い、幼稚園のお父さんの会「ぱぱの会」でのキャンプイベントをきっかけに始めました。
それ以後、ファミリーキャンプ、グループキャンプを楽しんできましたが、最近は、子供たちも大きくなりソロキャンプ、仲間とのキャンプが増えています。