PICKUP!キャンパーインタビュー【2020年版】tomotechさん編

様々なギアを揃えて、豪華なサイトに仕上げるのも良いですが、必要最低限の物だけするミニマムキャンプもまた違った魅力があります。自分だけの少数先鋭部隊をコツコツと集めていき、実際にキャンプ場でギア達を並べて使う…想像するだけでなんだかニヤけてしまいます。

今回ご紹介するtomotechさんは数あるギアの中から選び抜かれたアイテムを使いミニマムなキャンプを楽しんでいらっしゃいるキャンパーのお一人。最初は家族と始めたキャンプでしたが、今ではすっかりライフワークとして生活に根付いているようです。

それでは早速、tomotechさんのテントサイトを見ていきましょう!なるべく身軽にキャンプを楽しみたいと言う方は是非チェックしてみてくださいね!

プロフィール

tomotechさん 40代 男性 キャンプ歴4年

家族と楽しむために始めたキャンプでしたが、その魅力にどっぷりハマり、ライフワークになりました。

2019年5月に、横浜にTARPtoTARPというキャンパーさんのためにカフェ&ショップをオープンし、キャンプを中心としたライフスタイルを満喫しています。キャンプは、ソロ、友人、ファミリー、グループ、色々な形で楽しんでいます。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

コンパクトなテントに収まるように、コット、テーブル、チェア、ストーブなど、必要最低限のギアを選んだミニマルなスタイルです。

お気に入りアイテム

1. sunsetclimax Tarp 02

お気に入りポイント

ブランドコンセプトの"Portable Villa"を体感できる綺麗な白と、その美しいフォルムに惹かれました。最近はソロかデュオキャンプが多いので、ちょうど良いサイズ感も気に入ってます。

2. hxo design モジュラーテーブルシステム

お気に入りポイント

ディテールへのこだわりは勿論、見た目に反して剛性が高く、フラットな所だと全くぐらつきません。そして何よりモジュラー式なので、ファミリーからソロまで、様々なシーンに応じて自由に組み合わせて使える汎用性の高さが魅力です。

3. sol works solol(TARPtoTARP別注)

お気に入りポイント

元々親交のあったsolさんとのコラボレーションによって生まれた特別なsolol。お互いの想いもこもった大切なギアです。

4. PELICAN ハードケース 1514 ディバイダータイプ

お気に入りポイント

厳密に言うとキャンプギアかはわかりませんが、カメラが好きで、大切なレンズやアクセサリを守ってくれる頼もしいケースです。

ギア選びのポイントは?

機能性とデザイン性が両立されていること、それを自分が長く使えるかどうか。その2つを基準に選んでいます。

今ゲットしたいギアは?

  • Slingfinの大型ドームテント
  • susetclimaxのタープ用ポール
  • MSRのボードルーム
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

基本的なことですが、天候のチェックは欠かさずに行うことをおススメします。多少の悪天候でも決行して、装備がままならずに痛い思いをして、家族や友人にとっても苦い思い出になってしまうこともあります。実際に自分も始めた頃は何回かありました。時には諦めることも大事だと思います。

ゼロから自分一人で情報収集をするのは、仕事をしながらだとなかなか難しいと思いますので、周囲で既にキャンプをされている人を見つけてアドバイスを仰ぐことをおススメします。キャンプの魅力自体は無限ですので、やって絶対に損はありません!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。