おすすめシングルバーナー!ソロキャンプからファミリーキャンプまで!いつでも大活躍の人気4選【2016年版】

トップ画像出典: MSR
この記事の目次

はじめに

シングルバーナーといえば、主にソロキャンや、登山時に携行するイメージが強いですよね。

過酷な条件での使用に耐えうる高スペックの商品が多いのもその為です。

そんなシングルバーナーですが、とてもコンパクトで、燃料もその他のアイテムと共有出来るため、ファミリーキャンプグループキャンプ時にも、カバンに一つ忍ばせておくだけで、とても役に立つ人気アイテムです。

今回はそんな中から、仲間に自慢したくなるようなおすすめシングルバーナー4選を紹介します。

CHOICE POINT
コンパクトなサイズと携帯性
所有欲を掻き立てるデザイン
使いやすい機能性
PR
 

1. MSR ドラゴンフライ

出典: e-mot.co.jp

「全ての登山家のバックカントリーでの安全を守る」というコンセプトの元に数々の人気アイテムを送り出しているMSRの超人気シングルバーナーがこの「ドラゴンフライ」です。
見た目の格好良さは、このジャンル内では文句無しに1位ですね。
もちろん機能面も最強で、様々な燃料に対応し、寒い冬の山でも安定した炎を提供してくれます。

ユーザーレビュー

このストーブは、リキッド燃料のストーブの中で一番好きなもので
新発売当初から使用し続け現在2台目使用中になります。

点火はワイルド。
ポンピングした、燃料タンクから少しバルブを空け燃料を出し、
ノズルから漏れ出た燃料に点火でプレヒートが完了。

プレヒートが終ればバルブを開ければ轟音とともにたくましい炎から、とろ火までご自由に
ただし気をつけないとテーブルの上にはドーナッツ状の焦跡ができます。

火力は普通のガスストーブなんて比ではありません。
プレヒートしすぎるとものすごい火力です。
スベアなど同様の火口を持っているものとも比べもにならないぐらいたくましい音です。
上空を飛んでるジェット旅客機の存在にも気づかないぐらいです。
キャンプ場では朝一に使うのはひんしゅくを買いそうなので、
ウイスパーライトを買ったぐらいですで、赤ガスばかり使ってるとそちらはもう目詰まりしてしまいましたが
ドラゴンフライは、シェーカージェットといって、ノズルの中に針付きの浮遊しているクリーリング装置があり、
歩くたび、振ったりするたびそれが、ノズルをクリーニングしてくれ、トラブル知らずです。
出典: amazon

利用シーン

2. SOTO レギュレーターストーブ

出典: shinfuji.co.jp

バーナーやストーブにめっぽう強い「SOTO」の人気シングルバーナーが「レギュレーターストーブ」です。
マイクロレギュレーターを搭載することで、カセットガスの弱点である寒い時期の火力低下を克服した名品です!

ユーザーレビュー

すばらしくコンパクトで折畳むとラージメスティンに余裕で入ってしまうほどです。
火力も問題なく、ツーリングが主な自分はオールシーズン使っています。
冬山に行くわけでもないのでレギュレータはあんまり意味ないかなとも思っていたのですが、これのおかげでガス缶が空になる直前までは『使える炎』を安定して出してくれます。
またCB缶を使用するシングルバーナーに共通していますが、重心が低いため安定性が非常にいいです。
そのためウインドスクリーンも背の高いものが必要ではなくそういう意味でもコンパクトです。
組み立ても簡単で脚をずらして(回転させて)カチンカチンと所定のくぼみに嵌めて行くだけ。
いざというときコンビ二で燃料調達ができる点も便利ですね。
出典: amazon

利用シーン

3. PRIMUS(プリムス) 153ウルトラバーナー

出典: iwatani-primus.co.jp

昔から、シングルバーナーといえば「プリムス」という人も多いのではないでしょうか?
ガスカートリッジに接続するだけのシンプルなデザインと携帯性の高さが人気の「153ウルトラバーナー」は、初心者からベテランにまで愛されいてる1品ですね。

ユーザーレビュー

火力、防風性、剛性、耐久性、重量の基本性能に優れたバランスの良いバーナーです。
コーヒ−二杯分のお湯を沸かすなんてお手の物、1L程度の湯沸かしでも不満の少ないスタンダードなバーナーです。
よく雑誌等では2〜3人用とか書かれていますが、縦型ポットはもちろん平型鍋などを使うのであれば一人用の道具としても丁度良いサイズです。
強いて難点をいうなら、やや高さがあるので大きな1.5L程度の大きさの平鍋や重量物を載せるような使い方をする時は、重心を安定させる必要があります。
掌サイズなのでポットにガス缶と一緒に格納できるところは利便性を高くしています。
最初のバーナーとして購入すれば間違いなくメインバーナーになると思います。
出典: amazon

利用シーン

SimonBさん(@sbroadb1)が投稿した写真 -

4. ユニフレーム ミニバーナー US-700

出典: uniflame.co.jp

日本ブランドユニフレームのシングルバーナー「ミニバーナー US-700」は、ステンレス製の頑丈なボディが格好良さと安定性を醸し出す人気商品です。
サイズもとても小さく、カセットボンベをサッと取り付けるだけのお手軽さも人気の理由です。

ユーザーレビュー

これの前機種のUS-600を長い間使っていて、とにかく使用の際にカセットボンベとジョイントするだけで直ぐに使える利便性が秀でているので、後継機にこのUS-700を購入。
スペック上では、US-600に比べると最大火力は劣るのですが、US-600を使用している際もバルブ全開で使用したことは無く、それよりもツマミの形状の変更に伴った火力の微調整がし安くなっている点が大いに評価出来ます。
色々なレビューをみてみますと、寒冷地での使用に難ありとの評価を目にしますが、私の使い方でいくと、最初から寒冷地使用は想定していないので、US-600時代から困ったことはありませんでした。
出典: amazon

利用シーン

おわりに

いかがでしたか?
今回は、1台所有してると、どこかで必ず役に立つ人気アイテム「シングルバーナー」を紹介しました。
設営前や撤去後に、カバンからゴソゴソと取り出したシングルバーナーで淹れるコーヒーの美味しさを、是非一度経験してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。