ダッチオーブンおすすめ4選 焚き火で作る最上級キャンプ飯の必需品!!【2016年版】

トップ画像出典: スノーピーク
この記事の目次

はじめに

キャンプで食べるご飯って、本当においしいですよね!飯盒で炊いたご飯のおにぎりだけでも、なんであんなに美味しく感じるんでしょうね?

さて、今回はそんなただでさえなんでも美味しいキャンプ飯が、更に美味しく作れちゃうキャンプ飯の最上級アイテム「ダッチオーブン」を紹介します。

ダッチオーブンと言えば

  • シーズニングが大変そう
  • すぐに錆びちゃいそう
  • レシピを考えるのが難しそう

などと初心者キャンパーには何かと嫌煙されがちな料理アイテムですね。

そう思っている方はぜひ一度、ダッチオーブンを使った料理を作ってみてください(食べてみるだけでも良いです..)

そうすればもう、、、ダッチオーブンなしのキャンプは考えられなくなってしまうかも知れませんよ。

最近ではダッチオーブンをレンタルしてくれるキャンプ場もありますので、まずはお手入れなどのことを考えずに試してみるのも良いと思います。

アウトドアメーカー、調理器具メーカー各社から様々なダッチオーブンが販売されていますが、その中からキャンプ場に持っていくのに持って来いの4アイテムをピックアップしてみましたので、キャンプ飯上級者の第一歩でもあるダッチオーブン選びの参考にしてみてください!

CHOICE POINT
初めてでも大丈夫な使い勝手
色々作れるサイズ感
キャンプ飯をもっと楽しく
PR
 

1. SOTO ステンレスダッチオーブン

出典: shinfuji.co.jp

ダッチオーブンの常識を覆したSOTOから発売中の「ステンレスダッチオーブン」はその名の通り、ステンレス製のダッチオーブンです。
その為、メンテナンスがとっても簡単!飲みすぎてそのまま眠ってしまって翌日にはサビが・・・・なんてことも無いんです!!
しかも出来上がる料理は、鋳鉄製のものと遜色ないのも嬉しいポイントです。

参考レシピ

購入後ごはんを炊いたりローストビーフやパエリアを作ったりと大活躍。
ステンレスなので調理後の洗いも気を使わず金束子でゴシゴシ洗えるのもいい、
錆びが気にならないのが購入動機の1位
造りも丁寧で流石made in Japan
値段は張るけど長い目で見るとオススメ
出典: amazon

レシピイメージ

mi_urさん(@mi_ur)が投稿した写真 -

2. スノーピーク 和鉄ダッチオーブン

出典: snowpeak.co.jp

スノーピークから発売されている「和鉄ダッチオーブン」は世界的に有名な金物名産エリア「燕三条」の技術を駆使したスノーピークオリジナルの極薄鋳物製ダッチオーブンです。
驚くほど薄く驚くほど軽いのに加えて、デザインや持ち運びやすさに至るまで、徹底的に拘った逸品を使えば、どんな材料でも美味しく調理することが出来ますね。

参考レシピ

スノーピークの思想が込められているのでしょう。
使用者の事を良く考えて作られています。
外国製と比べると若干値段は高めかもしれませんが、一生モノですから
長い目でみれば非常に費用対効果は良いでしょう。
組み合わせ方で色んな使い方も出来るのが良いですね。
同社のスノーピーク コンボダッチデュオなんかも小ぶりですが
色んな使い方が出来て良いです。
出典: amazon

レシピイメージ

3. ユニフレーム ダッチオーブンスーパーディープ

出典: uniflame.co.jp

ユニフレームから販売されている「ダッチオーブンスーパーディープ」は、1枚の鉄板から作られているために熱伝導がとても良く、初心者の方でも簡単に美味しいキャンプ飯が作れちゃいます!
また、ダッチオーブンスーパーディープの一番の特徴は、酸化皮膜で保護しているので洗剤を使ってゴシゴシ洗えちゃうところ!!他の食器やお鍋と一緒に洗えちゃうのは本当に便利ですね!

参考レシピ

ユニフレームのダッチオーブンは他社のに比べ洗剤で丸洗いできるのが大きな特徴です。キャンプ場で夕食に使った後、ダッチオーブンの手入れが大変。大して明るくない照明の下で手探りで手入れをしなくてはいけないし、かと言って朝するからいいやともゆかず、いつも大変な思いをしてました。そのてんこの商品は洗剤つけてジャバジャバ洗えるから楽です。一度使うと他のダッチオーブンはもう使えない。
出典: amazon

レシピイメージ

4. キャプテンスタッグ ダッチオーブン25cm

出典: captainstag.net

キャプタンスタッグの「ダッチオーブン25cm 」は、その名の通りド定番のダッチオーブンです。
一番の特徴はそのお値段!なんと実勢価格は3,000円程となっており、まずは試しにダッチオーブンに挑戦したい時などにぴったりですね。

お手軽価格ですがそこは安くて良いアイテムが多いキャプテンスタッグ!しっかりした作りで、購入者の評判もよく、お値段以上の活躍をしてくれそうです!

参考レシピ

つくりは極めて雑ですが、有名C社やライバルL社に比べて、ふたの接合部分のつくりなど、絶妙にポイントを抑えています。
バリ取りや表面は、他のもっと安いメーカーよりも明らかに雑で、見た目は悪いです。
が、必要な機能、例えば、ふたをまわしながら水平に動かすと、C社L社はミリ単位でぶれますが、個体差もありますが、さすが鍋メーカー、ほとんどぶれませんので、歪みが少なく、密封性も良いということです。
(ほとんどのメーカーは水平面を研磨してつるつるにしていますが、ウォーターシールは、鍋と蓋の接合面の、水平面ではなく垂直面でおこります。)
商品の特性(豪快な料理を大雑把に調理する)という観点から言えば、必要な点は(だけ?)押さえています。
不満点は、せっかくつるが2本あるのに、ユニフレームのようにクロスしいればもっと使いやすかったかと思いますが、値段(実勢価格、特に在庫処理価格)を考えれば、良品でしょうね
出典: amazon

おわりに

いかがでしたか?
今回は焚き火や竈を駆使して、本格的なキャンプ飯に挑戦できる「おすすめ ダッチオーブン」を紹介しました。
特に寒い季節にはダッチオーブンで作った温かい料理で身体も心もポッカポカに温まってみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。