プリムス オンジャ レビュー 〜おしゃれで使いやすいツーバーナーの魅力をお届け〜

この記事の目次
PR
 

はじめに

プリムス(PRIMUS)から2016年に発売された話題のツーバーナー「オンジャ(ONJA)」。

コンパクトに収納できショルダーバッグのように肩に掛けて持ち運びできるなど、他にはない魅力的なスタイルを持っています。

今回は、そんなオンジャをキャンプで実際に使ってみた感想を交えてレビューしたいと思います!

オンジャを選んだ理由

IMG_1024

オンジャを購入するまでキャンプでの調理は炭火を使用していました。

炭火での調理は特に不便していませんでしたが、チェックアウトの朝など時間がない時には火起こしや後始末がちょっと負担になります。

そこで、その労力を少しでも軽減したいと考え、サッと設置できてパパッと調理できるツーバーナーの導入を検討し始めました。

ネットを中心に情報収集をしている中でオンジャの存在を知ったのですが、ほぼそのスタイルに一目惚れして購入を決めました。

オンジャのおすすめポイント

【ポイント1】 シンプルでスタイリッシュな外観

IMG_1027

金属製の本体木製のウッドボード布製のカバーやショルダーストラップの組み合わせがなんともおしゃれな雰囲気です。

シンプルなモノトーンのカラーリングレザー調のロゴも洗練された印象で外観はまさにスタイリッシュ

この他には無いビジュアルだけで買ってしまう方も多いのかもしれません。

【ポイント2】 ギミックが男心をくすぐります

IMG_1029
収納時はこの様に薄くコンパクトな印象です
IMG_1030
ゴトクの上にはウッドボードがセットされ、ボード両端のポッチで本体両サイドのストラップに開いた穴に固定されています。

ちなみにこのウッドボード、収納時はゴトクを保護する蓋の役目をしていますが、調理の際には鍋敷きやまな板として使用できます。

IMG_1032

ウッドボードにもさりげなくPRIMUSのロゴが。
IMG_1037
使用する際は、正面中央の固定ストラップとウッドボードを外し脚を展開します。

脚を展開すると上部も展開され、火口が現れる構造。横から見るとアルファベットのX型に変形し安定します。

このギミックがなかなか楽しく、男心をくすぐられます。

【ポイント3】 だれでも簡単に使えそう

オンジャは燃料としてOD缶(ガス缶)を2つ使用します。セッティングは非常に簡単。

IMG_1133

脚を展開し裏返すと、OD缶の受け口が見えるので、そこにOD缶をねじ込むだけです。初めて使用する方でも苦労はしないと思います。

IMG_1134

OD缶をセットしたら、前面の火力調整ツマミを捻りながらライターなどで点火するだけで綺麗な青い炎が!
イグナイタは付属していませんが、自ら点火するのもなかなか面白いものです。
IMG_1145
ゴトクは幅も広くしっかりとした作りで、スキレットやケトルなどを載せても安定感があります

同時に2つ調理するのも全く問題ありません。

おわりに

ほとんど見た目のかっこよさで購入を決めたオンジャですが、実際に使って見るとかなり使い勝手は良く、今ではキャンプには無くてはならない存在です。

燃料がOD缶なので、セッティングから点火までが本当に簡単かつスピーディー

ホワイトガソリンを使うモデルだとポンピングが必要だったりしますが、その様な手間も無く使えるので、初心者にも扱いやすいツーバーナーだと思います。

おしゃれでスタイリッシュな外観と使いやすさを兼ね備えたツーバーナーオンジャ。初めてのツーバーナーにもオススメできる製品です!

プリムス オンジャ の基本情報

発売元
イワタニ・プリムス
金額
21,600円
仕様
・出力:4.1kW/3500kcal/h×2(500Tガス使用時)
・ガス消費量:292g/h×2(IP-500ガス使用時)
・ゴトクサイズ:410×140㎜
・収納サイズ:43.0×14.0×30.0㎝
・本体重量:3.0kg(+ウッドボード490g)

プリムス オンジャ 公式ページ

ABOUTこの記事をかいた人

けいすけ

北海道在住の30代。家族3人+ワンコ2匹でキャンプしています。
まだまだキャンプ修業中です。キャンプギアDIY(木工など)にも興味あり。
「家族みんなで楽しいキャンプ」がモットー!