白浜フラワーパーク 〜都心から2時間で南国!?手ぶらキャンプ&プール遊びが満喫できるキャンプ場〜

トップ画像出典: 白浜フラワーパーク
    
この記事の目次

都心から車を2時間も走らせれば、千葉県房総市に到着。温暖な気候に加え、海や山に囲まれた絶好の立地にあるのが「白浜フラワーパーク」です。「フラワーパーク」という名前が語るとおり、夏はひまわりとマリーゴールドの花畑が訪問者を大歓迎。広いテントサイトではゆったり幕が張れ、車の横付けも可能です。

キャンプ場の目玉は1日1組限定の貸し切り区画「PRIVATE BEACH」。まさにプライベートビーチでキャンプをしているような贅沢な空間を満喫できるサイトです

家族だけでまったりと過ごしても良し、グループでワイワイと楽しんでも良し。なんとこのPRIVATE BEACHをウェディングで利用する人もいるとか。

11月でも暖かい白浜フラワーパーク。特に場内に巨大温室ドームの中はさながらジャングルのようで、様々な南国の樹木を楽しめます。海の見える野外プールと、ジャングルの中にある室内プールも人気で、雨の日でも退屈せずに過ごせる遊びが充実しています。

キャンプ場目の前の海は岩場ですが、満潮になると水遊びができます。海から一望できる夕陽は一見の価値ありです。

常設のティピサイトコテージと、海の幸いっぱいのBBQ食材のセットを併せて利用すれば、手ぶらキャンプも実現

しかも東京駅から直通のバスで現地まで到着可能とあれば、オートキャンプに必須の車まで不要。そう、自家用車を持たない都会人の救世主のようなキャンプ場でもあるのです。

PR
 

白浜フラワーパークの基本情報

住所
〒295-0104
千葉県南房総市白浜町根本1415−37
電話番号
0470-38-3555
HP
http://flowerpark.awa.jp/

利用料金

1泊5,000円(大2,小2)~ 

白浜フラワーパークの設備情報

広大なフリーオートキャンプサイトのほかに、貸し切りキャンプ区画のPRIVATRE BEACHは1日1組限定。プライベートビーチで贅沢な時間が満喫できます。
2017年の夏から「海沿い新区画」がオープン。1区画が100平方メートル以上というゆったり設計で、地面は裸足でも安心の芝生。ただし、ゆっくり楽しんでもらうために、利用するにはいくつか条件がありますので、しっかり確認しておきましょう。
常設のティピはプランピング仕様。寝具、BBQセットが用意されているので、手ぶらキャンプが可能です。

場内には無料の携帯充電コーナーが設置されています。キャンプサイトで本格的に電源を使いたい場合は有料レンタルで可能です。事前に予約をしましょう。

シャワー棟横のトイレは水洗。その他は仮設トイレがメインです。

場内にお風呂はありませんが、 24時間無料で利用できる温水シャワーを完備。出てくるお湯は天然温泉。浴槽につかりたい宿泊者には、徒歩で3分ほどの場所にある提携ホテルを紹介しています。キャンプ場利用者には割引があります。

白浜フラワーパークではコテージも充実しています。「寝室コテージ」は寝室のみのこじんまりとした個性的な作り。「BBQ&ハンモック」は寝室コテージの前に設置されたウッドデッキでBBQ、ハンモックが楽しめるリラックス型。「ハーブ農園」はコテージの入り口に小さなハーブ農園が付いており、自由に摘み取りができます。

白浜フラワーパークのフィールド情報

白浜フラワーパークで人気なのが野外と屋内にあるプールです。海が見渡せる野外プールに、ジャングルを彷彿とさせる室内プール。どちらもウォータースライダー付きで、子どもたちはいつもおおはしゃぎ。野外のプールサイドから海に降りられますが、岩場なので海水浴には注意が必要です。

場内にある巨大温室ドームでターザン体験ができたり、池をイカダで渡ったり、ちょっとした冒険気分が味わえます。この温室ドームでは「南房総蛍ファンタジア」と称して、ホタル観賞イベントを開催しています。

また、指定された場所であれば打ち上げ花火も可能です(サイト内では手持ち花火のみ)。花火は夜7時から9時まで。時間とマナーを守って楽しみましょう。

おわりに

都心から近く、手ぶらキャンプも楽しめちゃう白浜フラワーパークですが、実はこのキャンプ場には、もうひとつ大きな特徴があります。

それはスタッフのきめ細かなケアが受けられること。スタッフが何度もキャンプサイトを見回って、困ったことがないか聞いてくれたり、キャンプビギナーにはていねいにアドバイスしてくたりと、キャンプ場側の対応が抜群だと大評判。

それだけでも小さなお子さんのいるファミリーや初心者さんには十分安心できるので、リピーターが多いキャンプ場です。