北軽沢スウィートグラス 浅間山の麓にある自然豊かなキャンプ場が子供達にも大人気の理由とは?

    
この記事の目次

はじめに

群馬県と長野県の県境、浅間山の北の麓に位置し、浅間高原に3万坪の敷地を保有する「北軽井沢スウィートグラス」。関東近辺を拠点とするファミリーキャンパーが、一度は訪れてみたいと願うキャンプ場のひとつに数えられています。

「この豊かな自然環境を100年先の子供たちにも残してゆきたい」というオーナー夫妻の思いを体現するように、場内からは浅間山の雄大な姿が臨め森が広がり朝は鳥のさえずりとともに目覚めます。

今回は子供から大人まで、キャンプ好きの心を掴んで離さない北軽沢スウィートグラスの魅力を紹介したいと思います。

北軽沢スウィートグラスの特徴

多彩なサイトバリエーション

北軽井沢スウィートグラスで特筆すべきは、およそ130区画あるテントサイトのバリエーション子ども向けのフィールド施設です。テントサイトの種類はなんと18以上もあり、訪れるたびに違った環境でキャンプが楽しめます。また、ツリーハウスや遊具施設なども豊富なので、子どもたちは退屈知らずです。


初心者キャンパーにも優しい心遣い

共有施設も高規格で、洋式水洗トイレはもちろん、洗面台は電源付き。炊事棟ではお湯が出るので冬場もありがたいですね。入浴はこれまでコインシャワーのみでしたが、「薪焚きの湯」と名付けられたセルフ風呂が設置されました。

また、初心者に優しい「デビューサイト」を設け、テントの設営に困ったときはスタッフがレクチャーしに来てくれます。コールマンジャパンと協力して生まれた手ぶらキャンプセット付き「イーグルサイト」もビギナー向け。ソロキャンプを楽しみたい人向けのおひとりキャンプ専用サイトも用意しています。

「スタッフが巡回して声をかけてくれたり、子どもの相手をしてくれたりするので安心できる」というユーザーの声も聞かれます。大自然に囲まれた環境と、スタッフのきめ細かな目配りがリピーターを呼び寄せているようです。


オールシーズンほっこり

北軽沢スウィートグラスはもちろん冬キャンプにも対応しています。とはいっても冬キャンプの装備は専用テントを含めて高価で嵩張るものばかり・・。興味はあるけどハードルが高いのが冬キャンプの悩ましいところです。

そんな時は、コテージプランやキャビンプランで冬キャンプを味わってしまいましょう。薪ストーブ付きのキャビンなどタイプも豊富なので白銀の世界と共に素敵な思い出が作れそうです。

※冬キャンプ時は積雪や路面凍結に注意して、防寒やタイヤ対策をしっかりしましょう。
PR
 

北軽井沢スウィートグラスの基本情報

住所
〒377-1412
馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
電話番号
0279-84-2512(予約センター)
HP
http://sweetgrass.jp/
地図

利用料金

1泊2,000円(大2,小2)~ 

北軽井沢スウィートグラスの設備情報

テントサイトは18種に分かれています。その中から、冒頭で紹介した「デビューサイト」「イーグルサイト」「ソロサイト」以外でいくつかご紹介します。

●浅間ビューサイト
雄大な浅間山を臨める開放的なサイトです。

●ハンモックサイト
ハンモック専用のポールが付いたサイトです。ハンモックポールにはチェーンも付いており、設置も簡単。ハンモックはレンタル可。

●フリードッグサイト
8m×16mと広めの上、四方を木柵で囲んでいるため、ノーリードで愛犬と過ごせます。

●ガーデン広々サイト
1区画約12m×13mと一般のサイトの2倍ほどの大きさがあり、サイトを柵で囲っているため、プライベート感を大切にしたいキャンパー向け。

●林間タープサイト
常設タープがある林間サイト。炉と椅子が付き。雨の日でも余裕でBBQが楽しめます。

●ポリンポリンサイトB
なんとトランポリンが独り占めできるサイト。通常サイトの3倍の広さがあるので、グループでの利用もおススメ。

このほかにも電源付きサイト、草原サイト、炉やテーブルの付いた林間サイトなども用意しています。

共有施設として、お湯の出る炊事棟が4棟あります。自然環境に配慮し、炊事場では石っけん洗剤の利用を勧めています(売店に販売あり)。

近年、場内に「セルフ風呂」を設置しました。お湯張りから掃除までをキャンパーが自ら行うという珍しいお風呂。薪ボイラー式の床暖房で、お風呂場は冬でもポカポカです。

トイレは水洗洋式。コインランドリー、シャワーもあるので、長期滞在にもおススメ。

北軽井沢スウィートグラスのフィールド情報

場内には子どもが楽しめる施設がいっぱい。
たとえば「マッシュルームランド」。キノコの形をしたアスレチック施設は吊り橋、滑り台が楽しめます。

多目的広場には、ツリーハウス、水遊びや水生植物を観察できる「こぞう川」があります。「おしぎっぱの森」にあるスタッフが考案したアスレチックも人気。奥入瀬渓流を思わせるおしぎっぱの森は散策にも適しています。

この他にドッグランやトランポリン広場、花火広場、ハイジブランコ、瞑想小屋など、飽きることがありません。

イベントも各種開催しているので場内だけでも十分楽しめますが、周辺には軽井沢や草津などの観光地も点在しています。温泉を楽しみたければ、草津まで足を伸ばしてみては?

おわりに

「北軽井沢スウィートグラス」、いかがでしたか? きめ細やかなキャンプ場作りがうかがわれますね。初心者向けの専用サイトがありアドバイスも受けられ、レンタルも揃っているので、キャンプデビューにはぴったりでしょう。もちろん、ベテランさんにもおススメ。幅広い層で楽しめるのが嬉しいですね。