【キャンプコラム】寒い冬は自宅で自作ギアに挑戦!Vol.2 〜ラックでスッキリとしたサイト作り〜

この記事の目次
PR
 

はじめに

1月に入り寒い日が続いていますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

前回「寒い時期は自宅で自作ギアに挑戦!〜まずは手軽に作れるものから作ってみよう」というタイトルで、自作ギアに関するコラムをお届けしました。

【キャンプコラム】寒い冬は自宅で自作ギアに挑戦!〜まずは手軽に作れるものから作ってみよう〜

2017.01.08

「他の人は使っていない」を楽しむために「まずは手軽に作れるオリジナルギアを自分で作る」ということで「チェア&サイドテーブル」をご紹介させていただきました。

そして今回は「寒い冬は自宅で自作ギアに挑戦!」Vol.2として「ラックでスッキリとしたサイト作り」についてお届けしたいと思います。

作り方を紹介するのは、サイトをスッキリとお洒落に演出する定番ギアの自作ラックです。

前回もお伝えした通り、私は自作ギア作りにチャレンジするまで、道具もなく何も作ったことがありませんでした。

「自作ギア作りは無理」と考える方も是非チャレンジしてみてくださいね。

オリジナリティのある自作ギアを作ることで、市販品とは違うキャンプの楽しみ方ができるのではないかと思います。

1.自作ラック

この形状のラックは、多くのキャンパーが自作して使用されている人気アイテムです。

また、何といっても構造がシンプルで自作しやすいという特長があります。

なお、今回初めて蜜蝋入りの塗料のBRIWAX(ジャコビアン)を使用しましたが、アンティーク調な雰囲気を効果的に出せましたのでオススメです。

塗料などを工夫することでより一層、愛着の湧く自作ギアとなりますね。

KIMG1247
 仕様
・使用時:高さ70×横幅100×厚さ30cm
・材質 :パイン材(材質は他材でもかまいません)
・塗装 :BRIWAX(ジャコビアン)、オイルステイン

作り方の簡単な手順は以下のとおりです

    1. サイズに合わせた木材カット・木材の面取り
3
    1. ビス打ち
4
    1. ダボ埋め…ビスが見えないようにダボ埋めにより質感アップ
5
  1. 塗装…BRIWAXとオイルステインでアンティークな雰囲気をだす

【 塗装前 】
6

【 塗装後 】
KIMG1246

2.コーナンラックカスタマイズ

ホームセンター「コーナン」で販売しているラック、通称「コーナンラック」も多くのキャンパーの方々が愛用されている便利なラックです。

また、カスタマイズ率もとても高く、一手間加えることで手軽に「自分だけのオリジナルギア」となり一層楽しめると思います。

KIMG1253

私のカスタマイズは、以下の2点です。

  1. 茶色塗装
  2. ベルト装着(組立て収納に便利)

カスタマイズの手順は以下のとおりです。

  1. ビスを取り外し分解する
  2. 塗装(キシラデコール)
  3. 乾燥後組立て
  4. ベルトをビスで装着
KIMG1250 KIMG1252

3.コーナンラック用BOX

コーナンラックは多くのキャンパーが愛用しているので様々な使い方があると思いますが、私はキッチン用品等をBOXに入れて使用しています。

ある時、「上部と前面の両方から開閉できるようにしたい」と考えるようになりました。

そして、上段で使用する際には上部 or 前面どちらからも出し入れができ、中段で使用する際は前面からの出し入れができるBOXが欲しくなりました。

その時に製作したのがこの、「上部と前面の両方から開閉できるBOX」です。

 

11

 

使ってみると、とても便利で作り方もそれほど難しくないので、こちらの「上部と前面の両方から開閉できるBOX」を市販のBOXからカスタマイズする方法をお伝えしたいと思います。

 

1213
仕様
・サイズ:高さ20×横幅36×縦幅28(コーナンウッドボックスMを使用)  

カスタマイズの手順は以下のとおりです。

  1. BOXの前面をコの字型にカットする(ジグソーでカット)
  2. 前面と上部に合う板を兆番で固定する
  3. 塗装
14151617

まとめ

寒い冬は自宅で自作ギアに挑戦!Vol.2として「ラックでスッキリとしたサイト作り」をご紹介しました。

ラックをうまく活用することでサイト内が整理され、すっきりとした感じになると思います。

自分のスタイルに合ったラックを自作したり、カスタマイズしたりしてみるとキャンプをより一層、楽しめるのではないかと思います。

春まで充電期間という方は、来シーズンに向けて自作ギアに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ハンドメイド関連記事

かぎ針編み入門!意外と簡単♡まずは基本を覚えよう

【PR】Kitutuki

ハンドメイド作家インタビュー【2017年版】micoさん編

【PR】Kitutuki

ABOUTこの記事をかいた人

びあ・ぷりーず

神奈川県横浜市在住
家族4人(妻、子供2人)
私自身は2008年にキャンプを始めるまで、ほとんどキャンプの経験がありませんでした。
子供たちにアウトドアを体験させてあげたいと思い、幼稚園のお父さんの会「ぱぱの会」でのキャンプイベントをきっかけに始めました。
それ以後、ファミリーキャンプ、グループキャンプを楽しんできましたが、最近は、子供たちも大きくなりソロキャンプ、仲間とのキャンプが増えています。