ADIRONDACK(アディロンダック) マイクロチェア レビュー 〜どこでも持ち運べるコンパクトさ×しっかり構造〜

この記事の目次
PR
 

はじめに

みなさんこんにちは!
キャンプにかかせないチェアのひとつといえばリュックにも収納できる折りたたみチェア

焚き火や釣りなどキャンプサイトから少し離れた場所へ行くときも折りたたみチェアは大活躍してくれますね。

持ち運びに欠かせない条件といえば、やはり「軽量且つコンパクト」であることは必須ではないでしょうか。

それに加え「作りもしっかりしていて座りやすい」という条件があれば文句なしですね。

コツさえつかめば女性でも簡単に組み立てられるのも人気の秘訣で、収納もとっても簡単なのです!

今回は、そんな折りたたみチェアの中からいつでもどこにでも持ち運んで使えるオシャレな人気チェア『ADIRONDACK/マイクロチェア』を紹介致します!

特徴

ADIRONDACK/マイクロチェアといえば

  • 収納時のサイズ20cm×25cm
  • 重さ約500g

という、リュックやかばんにも簡単に入るコンパクトさと軽さが特徴です!

また、底部のベルトによって座面シートがしっかりと張ってくれるので様々な場面での使用が可能です!

座面シートは何年も使用しているうちに少しづつ緩んでくることもありますが、3段階での調整も可能なので長く愛用できること間違いなしです!

IMG_2753
IMG_2754

組み立てと収納

組み立てもとっても簡単です。

付属の袋から取り出したら、シートとフレームを開き、横向きにします。

横にしたら底部にあたるフレームを押しながら三つの穴の一番外側に金具をはめるだけです。

購入時は少しベルトが固いので力がいりますがなじむと少しの力でハマってくれるようになります。

収納時も同じく、チェアを横向きに置き、軽く体重をかけながら穴から外します。

座面シートとフレームを中向きにたたみ、付属の袋に収納します。

慣れると組み立てと収納どちらも10秒程で完了します。

ADIRONDACK/マイクロチェアの利用シーン(応用編)

ADIRONDACK/マイクロチェアは、そのコンパクトさと丈夫さ故に座る以外にも、色々な使い方が出来ます。

例えば・・

  • ランタン置き場として
  • サイドテーブル代わりとして
  • オットマン(足置き台)として
  • 高い所へのギアの設置などの踏み台として

などなど。

見た目も可愛くてお洒落なのでサイトレイアウトのワンポイントとして使うのも良いと思います。

ADIRONDACK マイクロチェア ゴールドフレーム の基本情報

発売元
ADIRONDACK
金額
5,184円
仕様
●商品名:ADIRONDACK マイクロチェア ゴールドフレーム
●サイズ : 30×20×31cm(使用時)25×20×4.3cm(収納時)
●重量:547g
●耐荷重:80kg
●シート素材:ナイロン
●フレーム素材:アルミ合金
●付属品:ナイロン製収納バッグ
●カラーバリエーション:ブラック/チベタンレッド/ダークブルー/ロシアングラファイト/カモ

ADIRONDACK マイクロチェア ゴールドフレーム 公式ページ

ADIRONDACK マイクロチェア ゴールドフレーム 利用シーン

iKUさん(@ikuweb.net_)が投稿した写真 -

とても頑丈なつくりで、座面シートもしっかり張ってくれるのでこのようにテーブル代わりにも使えますね!
ランタンを置いたり、高い位置にギアを設置するときなどの足場など様々な用途で使用することもできます!

おわりに

さて、今回ご紹介したADIRONDACK/マイクロチェア、いかがでしたでしょうか?

いろいろな場面でつかえるマイクロチェアは、他のリラックスチェアとの組み合わせパターンも豊富なので、リュックに忍ばせておくと、使用頻度が多いかもしれません!

小型サイズの折りたたみチェアの中でもパーフェクトなこの「ADIRONDACK/マイクロチェア」

1人1台は持っておきたい、おすすめギアをご紹介しました。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。