MSR おすすめタープ 4選 ~美しいデザインに魅せられて~

トップ画像出典: MSR
この記事の目次

はじめに

MSRは登山家の安全を守るというコンセプトの元、機能的かつお洒落なギアを発信し続けているアメリカのアウトドアブランドです。CAMPICでもこれまで様々なMSRのギアを紹介していますが、今回はタープにスポットを当ててみました。

MSRのタープは軽量なものが多く、スキーポールやトレッキングポールなどをポール代わりとして使うことで、荷物を軽量化することが出来ます。そのため少しでも軽いものを選びたいバックパッカーやミニマリストからの人気が特に高いですが、最近ではお洒落ギアの定番ブランドとして、オートキャンプ場でもよく目にします。

軽量かつ機能的な上に、デザインもお洒落で格好良いものばかりなので人気が出るのも当然かもしれませんね。

現行で販売されているMSRのタープは

  • 美しいシルエットのランデブー
  • 三角屋根のようなシルエットのスルーハイカ
  • シングルウォールテントのフライライト
  • リビングルームにも寝室スペースにもなるツインブラザーズとサイズ違いのツインシスターズ

となっていますが、ビスタウイングやジングなどの名品は今でも根強い人気があり、キャンプ場やオークションなどでも良く目にします。

今回は過去の名品の良いとこを踏襲しつつ更なる進化を遂げている現行品を紹介していきます。

CHOICE POINT
重量が軽く長期の旅にも向いている
必要最低限のシンプルさ
美しいデザイン&カラー
PR
 

1. エムエスアール(MSR) ランデブー120 ウィング

出典: MSR

ランデブー120ウイングは、翼のように広がるデザインで、7か所のポイントで生地をしっかりと張ることができます。
天井を高くしたい場合は、別売りのアジャスタブルポールが必要です。
ランデヴーは2~4名用(ランデブー120)、6~10名用(ランデブー200)の2種類です。

利用シーン

2. エムエスアール(MSR) スルーハイカー100 ウィング

出典: MSR

スルーハイカー100ウイングは、三角屋根のようなうウイングで、2~3人用となっています。
雨・風を防ぎ、コンパクトに収納できて、重さも約500gと軽く持ち運びがしやすいです。
ウイングの下にスルーハイカーメッシュハウスを置いて、一緒に使うこともできます。

利用シーン

3. エムエスアール(MSR) フライライト

出典: MSR

フライライトは、シングルウォールテントですが定員が2人ですので、1人だと広く使うことができます。
テントの重量が約700gと軽く、ポールは付属はされていませんが、設営にはトレッキングポールを使います。
テントの左右が垂直になっているので、スペースが広くて快適に過ごすことができます。

利用シーン

4. エムエスアール(MSR) ツインブラザーズ

出典: MSR

ツインブラザーズは、リビングリームと就寝スペースと、用途に合わせて使い分けることができます。
付属されているポールを使って簡単設営。天井高は、170cmもあるので、腰をかがめることなく、自由に動き回れます。
ツインブラザーズは4~6人用、ツインシスターズは2人用の2種類です。

利用シーン

おわりに

今回はMSRのタープを紹介しました。バックパッカーやミニマリストだけでなく、キャンパーにとっても少しでも軽いギアであれば、快適に活動しやすくなります。

また、淡いブルーやイエロー&ブラウンのコントラストなどの独特のカラーがキャンプ場に良く馴染みキャンプ場でのテンションを高めてくれますね。

機能的でデザイン・カラーも魅力的なMSRのタグで今まで以上にキャンプが楽しくなりそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

カルテットママ

夫婦二人から始まったキャンプ、今では1人で息子4人を連れて何処へでもキャンプに行きます。ずぼらな性格なので、いつもいい加減キャンプです。家族で登山に行ったり、冬はスキーと自然が大好き、山があったらどこへでも♪