ジェントスLEDランタンおすすめ4選 ~キャンパーに大人気の秘密はコスパだけじゃない?~

トップ画像出典: photoAC
この記事の目次

はじめに

ジェントス(GENTOS)は、ライティング製品の企画・販売をしている電子機器メーカーで、現在ではヘッドライトとフラッシュライトはそれぞれ30種類以上、ランタン・バックライト・デスクライト・作業用ライトはそれぞれ10種類前後ほどのLEDに特化した製品を専門的に取り扱っています。また、サポート体制もしっかりしているので安心して製品を使えます。

その中でも安全でお手軽なLEDランタンが主流になりつつある現在、ジェントスのLEDランタンはキャンパーにも特に人気のギアとなっています。

ジェントスのLEDランタンと言えば

  • 1000ルーメンもある大光量でガスやガソリンランタンに引けをとらないの明るさ
  • 白色・昼白色・暖色の3色の調光モードがあり、使うシーンによってモードを変えることができて、それぞれ光の明るさを調整できる
  • 一般的な乾電池式LEDランタンの場合、単1電池を使用する場合が多いが、単3電池を使える
  • USBの差し込み口があって、充電ができて繰り返し使うことができUSB機器に給電もできる

など他ブランドにはない魅力的な機能が充実しています。

今回はそんなジェントスのLEDランタンの中から、おすすめの4商品をご紹介します。それぞれの使うシーンによって選んでみてはいかがでしょうか。

CHOICE POINT
大光量1000ルーメンのものがある
使い勝手のよい単3電池使用可能のものがある
白色・昼白色・暖色の3色調光モードのものがある
PR
 

1. ジェントス(GENTOS) パワーバンクランタン000R(EX-000R)

出典: GENTOS

パワーバンクランタンは、USB充電式で繰り返し何度でも使えて、USB機器に給電もできる優れもののLEDランタンです。
万が一携帯の充電が切れてもこちらのLEDランタンがあれば安心です。
明るさは、LEDランタンの中でも大光量の1000ルーメンもあります。

ユーザーレビュー

想像以上にランタン自体は小さく、ライトはとても明るかったです。
サブランタンのつもりで購入したのですが、メインでも十分使える明るさです。
明るさとモードを選べるので、時間や場所に合わせて変更できる点もよかったです。
家で充電し忘れても、車の中でできるのがうれしいですね。
出典: amazon

利用シーン

2. ジェントス(GENTOS) エクスプローラー1000C(EX-1000C)

出典: GENTOS

エクスプローラー1000Cは、1000ルーメンの大光量で、ガスランタンに負けず劣らずの明るさでメインで使える電池式のLEDランタンです。
白色・昼白色・暖色の3つのモードが選べ、それぞれに明るさの調整可能。
単一電池4本で、白色モードなら5.5時間点灯します。

ユーザーレビュー

6人でキャンプをするのに追加購入しました。

今までは280ルーメン、350ルーメンの物を使っており4人では十分かと思っていましたが、暗くなってから主に肉の焼け具合が分からず、人数が増えることもありそれを言い訳に追加となりました。

結果は大満足です!
タープ内をこれ1つでしっかり照らし、肉の焼け具合もバッチリ確認できます!

買う前心配した底蓋の強度問題ですが、これは強度に問題があるというより、EX-777XP等の様にカチッと止まる訳ではなく、力を込めれば壊れるまで止め具をねじ込めてしまう仕様が原因かと思います。

私は本体を逆さにし底蓋の周りを先にしっかり押さえた上で(電池を入れると浮き上がるため、これをしっかり押さえる)止め具を人差し指のみで回し、止まったらそこで終わる方法をとっています。

購入してから本番までの間、遮光板の配光を考えるため何度か電池を出し入れしましたが、この方法で特に不安はありませんでした。
強度に不安がある方はこの方法を試されることをお勧めします。

なお、明るすぎるためタープの外側方向は遮光し、光が無駄に漏れないようにして使用しています。
出典: amazon

利用シーン

mikikoさん(@micco1578)が投稿した写真 -

3. ジェントス(GENTOS) エクスプローラー036(SOL-036C)

出典: GENTOS

エクスプローラー036は、使い勝手の良い単3電池を使用でき、充電すれば繰り返し使える乾電池エネループの使用が可能なLEDランタンです。
白色・昼白色・暖色の3色の調光が可能で、明るさは380ルーメン、白色使用時で14時間点灯。
ストライプトップカバーで光ムラを抑えます。

ユーザーレビュー

同社のLEDランタンEX-757MS (暖色150ルーメン)の替わりに購入しました。
大きさはEX-757MS より一回り大きいくらいです。
買ってから気づきましたが、380ルーメンの明るさは昼白色のみです。
白色は最大230ルーメン、暖色は最大160ルーメンです。
グローブを取り付けたままだと、明るさは1、2割ほど減衰するようです。
シーンに合わせて3色の灯りが楽しめるのは良いですね。
個人的に嬉しかったのは電池のカバーが閉めやすくなった点です。
従来の製品はカバーが閉め辛くて毎回苦労していましたが、
このシリーズは改善されてスムーズに取り付けができます。
出典: amazon

利用シーン

4. ジェントス(GENTOS) エクスプローラープロフェッショナル777XP(EX-777XP)

出典: GENTOS

エクスプローラープロフェッショナル777XPは、暖かみのある暖色LEDランタンで、明るさ280ルーメン、点灯時間は72時間です。
カバーを外して、テント内で逆さまに吊るすこともできます。
手頃な価格と大きさでジェントルの中でも人気のあるLEDランタンです。

ユーザーレビュー

あまりの出来の良さに思わず2台目をポチりました。
かつて幾多のランタンを使い倒した私ですが、
この実用性の高さにはびっくりでした。

主機能以外の気に入った点は…
底面の滑り止めの効きが良い所、
本体の軽さに加えて電池が単一3本で軽量化されてる所、
コンパクトでスクウェアなので数台並べても場所を取らない所、
持ち手の剛性が意外や高くてむしろ他社の鉄製以上であること、
などです。
逆に気に入らない点は…
底面吊り下げフックの形状が甘い所ぐらいです。
常時点滅のLEDの電池消耗については、
不使用時に電池をフィルムで絶縁する事で対処してます。

おそらくこの製品を超えるものは当分出ないと思い、
再度の購入に至りました。
絶対に買って損は無い製品ですので私はオススメします。
出典: amazon

利用シーン

あきさん(@aki.02)が投稿した写真 -

おわりに

ジェントスの商品は他のメーカーよりも特化したLEDランタンの商品が数多くありました。特に、ガスランタンよりも引けをとらない大光量のものは、キャンプのメインランタンとして使えます。また、給電ができるものは、携帯の充電が切れたときに役に立ちます。

キャンプ場では、テントサイト全体を照らす場合は大光量のものを使う、テーブルを照らすもの、テント内を照らすものと、ジェントスのLEDランタンをいくつか手に入れて使い分けるのもいいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

カルテットママ

夫婦二人から始まったキャンプ、今では1人で息子4人を連れて何処へでもキャンプに行きます。ずぼらな性格なので、いつもいい加減キャンプです。家族で登山に行ったり、冬はスキーと自然が大好き、山があったらどこへでも♪