MSR ツインシスターズ・ツインブラザーズ | ミニマリストに人気の兄妹モデルに迫る!

トップ画像出典: sameさん
この記事の目次
PR
 

はじめに

MSRはキャンパーのなかでも有名なアメリカのギアブランドです。正式名称をMountain Safety Research(マウンテン セーフティ リサーチ)といい、略してMSRと呼ばれています。1969年に設立されました。

その名が示す通り、MSRは「すべての登山家のバックカントリーでの安全を守る」をコンセプトに研究を重ねています。ツーリング、バックパッカー、クライミングでの使用するギアをメインに開発しているため、軽量かつコンパクトで機能性にも優れ、特に登山者に人気のブランドです。

今日はそんなMSRのアイテムから人気のシェルター、ツインシスターズツインブラザースを紹介します。

MSR ツインシスターズ、ツインブラザーズとは

最低限の機能があればいいから、少しでも荷物を軽くしたい。そういったバックパッカーやミニマリスト向けに開発されたシリーズが、MSRのMINIMALIST SHELTERS & WINGS(ミニマリスト・シャルターズ&ウングズ)。

このシリーズのコンセプトに沿って開発されたシャエルター、ツインシスターズツインブラザーズは、同社のテントであるパビリオンをそのまま小さくしたようなデザインですが、ツインシリーズはスノーフラップが付いており、雪上キャンプでも大活躍

ティピーに代表されるモノポールテントのように、外側をペグダウンして2本のポールを立てるだけなので、スピーディーな設営が可能。ポールが多い分、広くて背の高い空間が期待できます。2点のトンガリ屋根も、ティピーみたいでかわいいですね。

フロアレスなのもツインシリーズの特徴です。フロアレスの一番のメリットは、靴を履いたままテントの中へ入れること。靴を何度も脱いだり履いたり、しかも背の低い場所へ出入りを繰り返すのはけっこう面倒ですよね。その点でも、こちらのテントは他の軽量テントに比べて高さがあるのでストレス軽減。ちなみに別売りのフットプリントを使えば、通常のテントのように使うことも可能です。

デメリットは、入り口にひさしがないので雨が入りやすく、フロアレスのため雨が降るとテント内の地面がぬかるんでしまう可能性があるとうこと。芝生の上に設営したほうが快適に過ごせそうですね。

名前からもわかるように、ツインシスターズとツインブラザーズは兄弟モデルで、大きな違いはその大きさです。シスターズのほうが定員2名に対して、ブラザーズは4~6名になります。

ツインシスターズ(TWIN SISTERS)の仕様と特徴

最小重量(本体のみ) 940g
総重量 1474g
フロア面積 4.1m²
フロア容積 2888L
室内最大高 117cm
収納サイズ 51×15cm
定員は2名。スノーフラップを雪に埋めて使えば4シーズン対応可能です。ポールは付属されていますが、トレッキングポールでも代用できるので、登山時に使用する場合はさらに軽量化がはかれます。純正ポールは長さが変えられないので、むしろトレッキングポールのほうが使いやすいかもしれません。

seipachiさん

seipachiさん(@seipachi)がシェアした投稿

ツインポールならではの形状に小さめのサイズ感がとっても可愛らしいです。

2人用のテントとしては中が広く、シュラフを2枚置いても前後にスペースができるので、荷物の置き場所も確保できます。高さも117センチと、他の山用テントに比べて高めです。

前方と後方の両方にドアがついているため出入りがしやすく、換気性も良好です。

ツインブラザーズ(TWIN BROTHERS)の仕様と特徴

最小重量
(本体/ポール) 2200g
総重量 2438g
フロア面積 8.9m²
フロア容積 6824L
室内最大高 172cm
収納サイズ 51×17cm
ツインシスターズより一回り大きく、4~6名で使用が可能です。こちらもスノーフラップ付きで4シーズン対応可能です。入り口が広く、天井まで170センチと高さもあるため、中に宿泊用のテントを入れてリビングとして使っても。ミニマリストなら十分なリビングになります。

toshi19820123さん

@toshi19820123がシェアした投稿

大人3人でも余裕でコット寝できる広さです。
4シーズンを通してメイン幕としても活躍してくれそうですね。

ツインシスターズの出入り口が2つあるのに対し、こちらは1つですが、防寒の面ではこちらのほうが暖かそうです。秋から冬にかけてはストーブを入れてもいいですね。

利用シーン

orih0280さん

バイカーに特に人気なのがツインシスターズ!限られた積載スペース時にも対応可能なのがコンパクトシェルターの魅力ですね。

sota_pa8pa8さん

ツインブラザーズ・ツインシスターズのイエローカラーは芝生サイトにも相性抜群。
あまりに溶け込みすぎて一見小さく見えますが、4-6名で使用できるツインブラザーズのサイズ感はやはり魅力です。

sameさん

sameさん(@same373)がシェアした投稿 -

柔らかいイエローカラーは野山にもとけ込みやすく自然な佇まいに見えますね

sameさん(@same373)がシェアした投稿 -

なかなかお目にかかれないシチュエーションですが、MSR幕の造形美が際立っています。

toshi19820123さん

@toshi19820123がシェアした投稿 -

暗くなった後のライトアップした姿もツインシリーズの楽しみの一つ。
MSRの幕全般に言えることですが、この姿が見たくて山奥まで足を運ぶという方も多いかもしれないですね。

seipachiさん

アイデア次第で多彩なスタイルに変化するのもツーポールテントの特徴です。
それにしても森の中に佇む姿は本当に美しいですね。

おわりに

ツインシスターズとツインブラザーズの兄弟モデル、いかがでしたか。
アウトドアはパックパッカーと登山がメインの筆者としては、軽量でありながら中が広く、しかもトレッキングポールで代用できるシスターズのほうに魅力を感じますが、荷物に余裕があればブラザーズもぜひ使ってみたいところ。
ミニマリストの快適キャンプには魅力満載のMSRです。