【家族っていいな】ハイセンスキャンパーの思い入れギアが素敵すぎてホッコリ。。

今回ご紹介するのは、小さい頃からキャンプに行き、今でも月1ペースでキャンプに行ってしまうほどキャンプ熱の強いキョースケさんです。

キョースケさんは、ファミリー、友人、職場の方とキャンプに行くことが多いらしく、レイアウトは開放的な空間で過ごしやすそうな印象。

統一感のある色合いも、自然と調和し、とってもスッキリしています。

今回はそんな、ハイセンスキャンパー、キョースケさんのお気に入りギアを4つご紹介いただきました!!温かい思い入れのあるギアから、自作ギアまで種類は様々。

とても心温まり、参考になるインタビュー内容となっているので、是非最後までチェックしてみてくださいね♪

CAMPIG
CAMPICの姉妹サービスCAMPIC GEARが誕生!

お気に入りのギアのレビューや口コミを気軽にシェアしてみてね!

PR  

プロフィール

キョースケさん
30代 男性 キャンプ歴 5年〜9年

はじめまして!
ファミ、友人、職場の方々と群馬県内を中心に月1ペースでキャンプに行ってます。
小さい頃によく父親に連れられてキャンプに行っていたので、その影響からか大人になってキャンプ熱が再燃?し今に至ります。
小遣いキャンパーなので新しいギアを購入する時は本当にそれが必要かどうかを吟味してお財布と睨めっこしながら決めております笑

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

基本的には開放的なレイアウトが好きで、なるべく色合いに統一感が出るようにしているのと、スッキリしすぎず、ごちゃごちゃしすぎずを意識しながらレイアウトを考えてます。
ただその時の天候や気温、風の強さ、人数等によって幕を選んだり、レイアウトも変更しています。
あとはまだ子供が小さいので動線につまづきやすい物を置かないよう心掛けてます。

お気に入りギア

1. Coleman| Season's Lantern 2018&2020

お気に入りポイント

バースデーランタンとして愛する2人の息子用に購入しました!自分自身も父親から譲り受けたColemanのランタンを今でも現役で使っているので、息子達が大人になってキャンプに行った時にそれぞれ使ってくれたらキャンパーとしてこんな嬉しい事はありません!

2. 自作| ロールトップテーブル

お気に入りポイント

自作ギア。
キャンプを始めた当初は今みたいに売っているギアの種類が豊富ではなく、ロールトップテーブルを買おうにもかなり高価だったので散々悩んだ挙句作ろう!という決断に至りました笑
5年近く使っていて、今では1番愛着のあるギアです!

3. PINOWORKS| OD缶レザージャケット

お気に入りポイント

インスタで初めて見た時の衝撃たるやですよ!
迷彩柄は今は生産されていないそうで特にお気に入りです。
使い始めて5年程ですが少しずつ色合いも変わってきて経年変化も楽しんでます!

4. MSR| パビリオン

お気に入りポイント

自分の中では2ポールシェルターの先駆け的存在だと思っていてとにかくフォルムがカッコいいです!
サイズはかなり大きいですが1人でも数分で設営出来ますし、結構アレンジが効くのでその時の気分や天候に応じて張り方を変えたりしています。

ギア選びのポイントは?

パッと見た時のカッコ良さとインパクトが強いギア、それから積載の関係もあるのでコンパクトになるかどうかを重視して選んでます。(もちろんお財布と相談してからになりますが涙)

今ゲットしたいギアは?

  • NOVITA
  • サンゾクマウンテン mouncol悪tega
  • PowerArQ ポータブル電源
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

【初心者キャンパーさんへアドバイス!】
アドバイス出来るような立場ではありませんが、一つ挙げるとすれば自分の場合、結局満足出来なくてギアを買い直すケースが多かったのでギアを購入する時は最初から多少高価でも自分が本当に欲しいと思うギアを買うようにすると良いと思います。

【これからキャンプを始める人へ】
キャンプはマナー以外これといって決められたものはないと思います。人それぞれ楽しみ方に違いはありますが、テントを張る、外でご飯を作って食べる、焚き火をする、寝袋で寝る、キャンプでは当たり前かもしれませんがこれが想像以上に楽しいんです!最高の趣味だと思うのでハードルを上げず自分の好きなスタイルで始めてみて下さい!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。