PICKUP!キャンパーインタビュー【2017年版】ミィさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

皆さんは年間どれくらいキャンプ場に足を運びますか?

平均すると年間10回程度、多い人でも月に1〜2回行ければ多い方だと思います。もちろんキャンパーそれぞれに自分のペースやスタイルがありますので、どれが良いという話では無いのですが、キャンプ好きとしては1回でも多くテントを張りたくなるものですよね。

今回ご紹介するミィさんは、年間を通して、ほぼ毎週フィールドに足を運んでキャンプを楽しんでいる筋金入りのキャンパーさんです。

これだけ多くのキャンプ経験を積むとその引き出しの数も相当なものに。さまざまなシチュエーションに応じたギアチョイスやレイアウトスキルは流石の一言に尽きます。

それでは早速、今シーズンこそ、年間数十泊のキャンプを目標にとバイタリティーが溢れているキャンパーさんには特に必見なミィさんのテントサイトを紹介していきましょう。

 

PR
 

プロフィール

ミィさん
30代 女性 キャンプ歴 10年以上

相方と2人でキャンプ&登山を始めて10年。
訪れたキャンプ地は100箇所を越えました。
ほぼ毎週末、1年中キャンプに出かけています。
行った先々の地物の食材を使って作るキャンプ料理が楽しみのひとつになっています。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

お気に入りのタープ(HillebergTarp 10UL)を張り、海を眺めながら過ごせるレイアウトにしました。
海キャンプや雪中キャンプの時は必要な荷物をソフトクーラーにまとめ、荷物の積み卸しを少なくしています。
今の時期まだ日が沈むと冷えるので、夜はテント(MSR MoRoom 3P)の前室に石油ストーブを入れ、テント内でお座敷スタイルで過ごしています。

お気に入りギア

1. MSR BACKCOUNTRY BARN

お気に入りポイント

設営撤収が早く、2人で過ごすのにちょうどよいサイズなので、我が家では秋冬春での使用率が1番高いテントになっています。
リビングとして使用したり、フロアをつけてお座敷スタイルにしたりと、いろいろなスタイルで使用しています。

2. Coleman Quick-Lite Table Lamp

お気に入りポイント

温かい雰囲気が好きで、このテーブルランプを使うことが秋冬キャンプの楽しみになっています。

3. スタガー社 テーブルオイルランプ POL-105CL

お気に入りポイント

小さくてもしっかり光量があるので、食卓に置いたり、焚き火の際にサイドテーブルの灯りとして使用しています。

4. 笑’s たき火マシン ヘクトパス

お気に入りポイント

とにかく良く燃えます。
薪を縦にぽんぽん入れられるところがお気に入りのたき火台です。
ヘクトパスはすでに廃盤ですが、収納がしやすい他の笑’s製品もおすすめです。

ギア選びのポイントは?

年中キャンプにでていたので、気に入ったデザインというだけではなく、気候や場所によって使い分けることを考え、テントやその他のギアを選んできました。
私たちの場合はその時期に実際に使われている方のお話が1番参考になりました。

今ゲットしたいギアは?

  • MSR HubbaHubba 白
  • NANGA オーロラ600DX
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

私たちも時々うっかり忘れるのですが、春夏でも場所によっては朝夕冷えるキャンプ場がありますので、行き先の気温を見てからお出かけされることをおすすめします。

安全にキャンプが楽しめますように。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。