秘密基地に潜入!?ワイルドすぎる野営キャンパーさんにおすすめギアを聞いてみた!

「一生モノになるようなギア選びを心掛けてます。」

今回ご紹介するのは、軍幕を使ったキャンプや野営のサークルを盛り上げる為に毎週末キャンプに出かけていらっしゃるキャンパーのKazbongさんです。

個性的な迷彩柄のパップテントをメインにレイアウトされたKazbongさんのテントサイトはまさしく男心くすぐる秘密基地。

地べたスタイルでワイルドに腰をかければ、あらゆるものに手が届きワイルドながらも快適にキャンプを楽しんでいらっしゃいます。

比較的ハードルが高いキャンプスタイルではありますが、興味があるキャンパーも多いであろう野営キャンプ。是非みなさんもKazbongさんのキャンプライフを参考にしつつ想像を膨らませてみてはいかがでしょうか!!

CAMPIG

Kazbongさん、ありがとうございました!

PR  

プロフィール

Kazbongさん
40代 男性 キャンプ歴 10年以上

兵庫県でソロキャンプや軍幕村を楽しんでるKazbong(カズボン)です。兵庫県は日本のキャンプ発祥の地と云われてます。そんな兵庫県でのキャンプやソロキャンプ、最近では軍幕を使ったキャンプや野営のサークルを盛り上げる為に毎週末キャンプしまくってる2児の父です。

でも…ホントは父子キャンプがしたいんだけど、思春期男子の息子達はアオハルまっしぐらで煙臭いオヤジなんか眼中に無いので独りフィールドで発散してます(泣)

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

軍幕での地べたスタイルで手を伸ばせば届くような配置にしてます。直火に近い焚火台を置いて焚き火しながら寝そべってリラックス出来る様にフロアにはウールブランケットとドンゴロス(コーヒー豆の麻袋)を敷き詰めてます。

お気に入りギア

1. ユーゴスラビア人民軍| トランスポートアルミコンテナ

お気に入りポイント

ユーゴスラビア製の折り畳み式のとにかく頑丈で大きなアルミコンテナ。ギア一式を詰め込んで持ってけるだけでなく、サイトに配置して棚代わりランタンやクッカーを置いてます。

2. Stone Bridge| フォールディングキャンドルランタン

お気に入りポイント

折り畳んでコンパクトになるからかさ張らない。真鍮製で使い込む程に経年変化を楽しめる。最新のLEDランタンとかと比べちゃうとけっして明るくはないけどキャンドルの優しい灯りに癒されるんですよね〜。

3. ソトアソビワークス| 篝火(カガリビ)

お気に入りポイント

地元の友人が立ち上げたガレージブランドのアイアン焚火台です。直置き、吊り下げ可能で無骨でカッコイイ男前な焚火台です。地元が姫路なので今後は城下町Style推して行きたいです!

4. ムーリッカ| レースク キャンプファイアフライパン

お気に入りポイント

ハンドルが折り畳めるから持ち運びに便利。かなり浅めの鉄製フライパンなので焚火台の下でピザを焼いたり豪快に焚き火料理が出来るスグレモノです。

ギア選びのポイントは?

自分のキャンプスタイルに合ったテイストで、なおかつメンテナンスさえすれば一生モノになるようなギア選びを心掛けてます。お気に入りの道具は長く大切に使って行きたいですからね。

今ゲットしたいギアは?

  • FEDECAのブッシュクラフトソー
  • ナンガの焚火ダウンジャケット
  • ナンガの焚火ダウンパンツ
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

◾︎初心者キャンパーさんへアドバイス!
キャンプフィールドでは『来た時よりも美しく』を心掛けて欲しいです。最近マナーやモラルの問題で閉鎖されるキャンプ場を目にします。ブームが去っても楽しく気持ちよくキャンプが出来るようにキャンプゴミ0を目指して自然や環境を大切にして思いっきり遊びましょう♪

◾︎これからキャンプを始める人へ
始める前は何かと不安でいっぱいでしょうが、先ずはフィールドに出てデイキャンプで外メシ作ったり焚き火したりしてみてください。めっちゃ嬉しくなるほど楽しいから♪

『習うより慣れろ』『キャンプは不便を楽しむ』『為せば成る』の精神で大自然に飛び出しましょ♪

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。