PICKUP!キャンパーインタビュー【2018年版】ひろしさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

どこまででも進んでいける相棒に必要最低限のギアを詰め込み終えるとすぐに新たな冒険が始まります

毎回新たな発見が生まれるのがキャンプの魅力のひとつ。今回ご紹介するひろしさん数え切れないほど繰り返してきたソト遊びも、ひとつとして同じものはありません

流行り廃りにとらわれず五感で感じる好きなことを、ただ黙々と楽しむスタイル。素敵ですね。

キャンプ初心者の方にはまだ馴染みが薄いかもしれない野営というスタイル。気になる方も多いのではないでしょうか?キャンプとの向き合い方も含め、ひろしさんのスタイルをちょっぴり覗いてみましょう!

PR
 

プロフィール

ひろしさん
50代 男性 キャンプ歴 10年以上

何にもしない……。何にも考えない……。
することと言えば酒を飲んで、揺らめく炎を眺めているだけ……。
そんな超極上で至福の時間と軍幕が大好きなソロキャンパーです。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

無骨な軍幕のこじんまりとした空間の中で、焚き火と酒を楽しみ、基地感覚を味わえるような設営を心掛けています。

お気に入りギア

1. 軍幕 ポーランド軍ネイビーポンチョテント

お気に入りポイント

ワンポールで簡単に設営でき、薪ストーブの煙突も既存のポンチョ袖口を使えば簡単にインストールできます。また、暑い時季には1枚だけでオープンシェルターとしても使えますし、希少なネイビー色なのでお気に入りの軍幕のひとつです。

2. 大型アルミトランクケース

お気に入りポイント

オークションで入手したため、年代物で傷だらけですが、それが味があって気に入っています。一度出したら仕舞わないキャンプギアを中心に入れ、設営が終わったらテーブルとして利用しています。

3. BUNDOK ボックスストーブ

お気に入りポイント

本心はFIREBOXかBushBoxが欲しいのですが、高くて手が出ません。(笑)
そんなときに見つけたのがコレです。なんてったってリーズナブルなのが一番なのですが、小さな焚き火を楽しんだり、ちょっとした料理をするには最高の逸品だと思っています。

4. SUZUKI Jimny jb64

お気に入りポイント

ジムニー購入前は大型のワンボックスカーを乗っていましたが、林道でのスタックや雪道で酷い目に遭っていたので、思い切ってジムニーを購入しました。キビキビ走ってくれるし、険しい道も楽々なので頼もしい相棒です。

ギア選びのポイントは?

ブランド品やメーカー品に目がいきがちだと思いますが、ギアは値段ではなく、安くても使いやすくて優秀なものもたくさんありますので、私はブランド品やメーカー品に左右されることなく、自分が一番良いと思ったギアを買うようにしています。

今ゲットしたいギアは?

  • ジムニーのキャリア
  • スウェーデン軍幕
  • クロスカブ
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

キャンプブームが来ていることをひしひし感じている今日この頃ですが、ここ数年マナー・モラルを守らないキャンパーも増えています。技術的なキャンプスキルを学ぶことと同じぐらいにキャンプマナー・モラルを学んでからキャンプデビューしてもらいたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。