PICKUP!キャンパーインタビュー【2018年版】martyさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

フィールドでひらめくアイデアをフル活用し、レイアウトにスパイスを効かせるテクニック。取り入れると一段も二段もレイアウトレベルが高まります。例えば今回ご紹介するmartyさんのテントサイトのように。

現地で調達できる倒木や小枝に一手間加え、野営スタイルに組み込むことで、無骨さに温もりを注入!どこか日常と非日常が入り混じったようなテントサイトが魅力的ですね。

もちろん誰でも簡単にできるわけではないと思いますが、まずは「何か使えそうなものはないかなあ」とフィールドを散策することが大事です。子供と一緒に宝探しの感覚で楽しむのも良さそうですね!

それでは早速、キャンプ場に着いたらすぐにでも辺りを見回したくなるようなmartyさんのキャンプシーンをご紹介していきましょう。

PR
 

プロフィール

martyさん
50代 男性 キャンプ歴 10年以上

気がつけばいつも自然を相手に遊んでいます。要は自然の中で過ごす時間が大好きなんです。

キャンプはそんな自分の遊びのギアのひとつです。いろいろなスタイルで遊ばせてもらってます。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

シンプルに自然の中で過ごしたいので、なるべく自然の恵みを使って遊んでいます。

倒木や、草木、石、沢の水などを利用して自然のなかにいる時間を楽しむためのシンプルなサイトを作ります。

お気に入りギア

1. ウィークエンダー シリコンタープ

Yokosuka Martyさん(@martyfree385)がシェアした投稿 -

お気に入りポイント

バックパックには軽量でしかもサイズがちょうどいいので、よく一緒に連れていきます。色もお気に入り。

2. THE STONEBRIGE フォールディングランタン

Yokosuka Martyさん(@martyfree385)がシェアした投稿 -

お気に入りポイント

折り畳み出来て携帯に便利。
しかも味わい深いフォルムがなんとも雰囲気を盛り上げてくれます。

3. フランス軍 軍幕 パップテント

Yokosuka Martyさん(@martyfree385)がシェアした投稿 -

お気に入りポイント

コットン幕なんで、焚き火スタイルには欠かせないテントです。
ハーフで使う事も出来るのでとても使いやすいです。

4. Bush Craft inc SUSタフステークス

Yokosuka Martyさん(@martyfree385)がシェアした投稿 -

お気に入りポイント

以前から欲しいと思っていたステンレスのステークです。
ステンレス素材なのに、鍛造よりも強度があり。刺さりも抜きも抜群に使いやすいです。
塗料が無い分ペグ以外にもいろんな用途もありそうです。

ギア選びのポイントは?

長く使いたくなるものを選んでいます。道具としていつまでも使いこなしていきたいので。

今ゲットしたいギアは?

  • 特にありません

ビギナーキャンパーへアドバイス

色々なスタイルで楽しんでください。

みなさんが感じるいちばん楽しい事をすれば良いと思いますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。