【ワイルドすぎる…!】野営スタイルのグルキャンがめちゃくちゃ無骨でかっこいい。

年に20~30回泊を目指して野営スタイルのキャンプへ。

テンマクデザインの名作「炎幕」を中心に、ワイルドで男らしいキャンプをしていらっしゃるのが今回ご紹介するryota_outdoor_photoさんです。

普段はよくグルキャンをされるそうで、同じ軍幕を持っているキャンパー仲間とサイト作りからキャンプを楽しんでいるんだとか。

一つだけでも勿論かっこいい軍幕ですが、こうして並んでいるところを見るとよりベースキャンプ感がアップして、なんだか男心くすぐられます。。

これから野営スタイルに挑戦しようと考えていらっしゃるキャンパーさんには特に参考になると思うので、是非最後までご覧ください!

CAMPIG

ryota_outdoor_photoさん、ありがとうございました!


プロフィール

ryota_outdoor_photoさん 20代 男性 キャンプ歴2年

はじめまして!28歳のryota_outdoor_photoと申します。
年間20〜30回目標にキャンプやってます!

友達に誘われて行ったキャンプがきっかけでハマり今に至ります。普段は友達数人でグルキャンがメインで週末キャンパーやってます!

カメラも好きなのでソトアソビの魅力をたくさん発信できればいいなと思っています!

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

テンマクデザインの炎幕DX EVOを使用しています。同じ軍幕を持ってるいる仲間とサイト作りをしています。

テント同士が向き合うような形でサイト外から見た際もまとまりがいいようにレイアウトしました。

お気に入りアイテム

1. テンマクデザイン 炎幕 DX EVO

お気に入りポイント

この形状とテントに使われているこの二色のカラーがキャンプ場や野営スタイルにも映えるのでお気に入りです。またコットン素材も使っているので多少の飛火にも強いのもいいところですね。

2. TRIPATH PRODUCTS GURU GURU FIRE

お気に入りポイント

デザインの美しさだけでなく組み立ても簡単でボックス1つに収納できてしまう。薪も縦に入れられる設計なので炎が高くあがり見ているだけで楽しいギアの1つです。

3. Feuerhand Lantern Baby Special 276

お気に入りポイント

様々なカラーや見た目の可愛さもあり、また軍用としても採用された頑丈さも持っていて信頼のできるランタンです。使い勝手もよく初心者におすすめです。

4. Bush Craft Inc. たき火フライパン深め

お気に入りポイント

鉄製のフライパンなのに薄くできているため携帯性が抜群でハンドル部分も現地調達するスタイルになっていてとてもキャンパー心をくすぐられます。調理もしやすくとても使い勝手がよくお気に入りの1つです。

ギア選びのポイントは?

見た目、機能性などいいものであれば多少高くても揃えるようにしています。あとは欲しいものであっても自分のキャンプスタイルに必要なものなのかよく吟味してから揃えるように心がけていますね。

今ゲットしたいギアは?

  • マイナーズランタン
  • ノルディスク アルフェイム
  • 武井バーナー
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

◾︎初心者キャンパーさんへアドバイス!
私もまだまだ初心者キャンパーですが、どんどんキャンプの回数を重ねて自分のキャンプスタイルを見つけられるように頑張りましょう!SNSなども活用してギア選びやサイトもチェックして参考にするのもいいと思います。

◾︎これからキャンプを始める人へ
まずは知り合いでキャンプをされている方がいればついて行ってみる。そこでソトアソビの楽しさを知るところからでもいいと思います!初めはわからないことが多いと思いますが、いろいろ試しながら楽しんでキャンプを始めましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。