引き出し多すぎっ!色んなスタイルを楽しんできたイケてるキャンパーさんが選ぶおすすめギアとは?

今回ご紹介するのは、美しすぎる写真を取りながら、様々なスタイルでキャンプを楽しんでいらっしゃるこーだいさんです!

時には、流行の最先端のギアを使って快適にキャンプを楽しみ、時にはタープとハンモックだけでワイルドに一夜を明かす…。なんとも幅広いスタイルのキャンプに取り組んでいらっしゃいます。控えめにいって引き出しが多すぎです!

そんなこーだいさんの使うギアは、どれも魅力的なものばかり。テントやタープはもちろんの事、味のあるランタン普段愛用されているハンモックなど、みているとどんどん物欲が刺激されてしまいます!

今回はお持ちになっている数あるギアの中でも、特にお気に入りのアイテム達をご紹介いただいきました!インスタグラムやYoutubeなど、様々な媒体でも発信されていらっしゃるので、是非合わせてご覧になってください!

それでは早速、テントサイトが七変化するこーだいさんのキャンプシーンをみていきましょう!

PR  

プロフィール

こーだいさん
20代 男性 キャンプ歴 4年

グランピングからキャンプにハマったこーだいと申します。

ゴージャスなキャンプから始めたこともありオートキャンプがメインです。
4.5kgの装備で挑むULキャンプやブロンプトンという折り畳み自転車で行う自転車キャンプ、最近はハンモックまで幅広く遊んでいます。

少しでも誰かの役に立てれたら...と思い、YouTubeに動画を上げていく予定です。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

キャンプギアの中でも、テントやハンモック本体が大好きです。
なので出来る限りデザインを邪魔しないように、シンメトリーな配置にしたり、物を出しすぎずシンプルを心がけています。
また、重くなりすぎないように木製ギアを取り入れています。
焚き火周りは、無骨でかっこいい鉄製ギアを使うのが好きです。

お気に入りギア

1. FEUERHAND (OUTDOORDECEMBER別注) AMBERGLOVE&ZINK

お気に入りポイント

OUTDOORDECEMBER別注のランタンは、ホヤがカスタムされておりオレンジ色です。
そのため、火を灯した時に一般的なランタンよりも暖かい炎になるんですよね。
これをつまみに酒を飲むぐらい気に入っております笑

2. HILLEBERG SOULO

お気に入りポイント

年前にしっかりとしたソロテントが欲しくて買ったソウロ。
耐風性やデザインの美しさ、広々とした幕内に驚きの連続でした。
思い切って赤を買ったのですが、これがまた森に合うんです。

3. solostove 色々

お気に入りポイント

キャンプの中でも外せないのが焚き火。
自分で丁寧に火を作るのはもちろん、豪快で大雑把な焚き火も大好き。
二次燃焼で有名なソロストーブは、まさに豪快な焚き火。
ハマりすぎて小さい物から大きな物まで集めちゃいました笑
大迫力の炎を見ると病みつきになりますね。

4. KAMMOK mantis UL

お気に入りポイント

1番最初に買ったハンモック。
それがマンティスULです。
ULといっても900gぐらいですが、魅力は沢山あります。
タープからハンモック・ペグまで全てセットに含まれてますし、設営が10分と短時間です。触り心地は柔らかくふわっとしていて心地いいです。

また、今まで色んなマットを試しそれでも腰が痛くなっていた僕ですが、マンティスはマットなしでも痛くなりません。そのため疲れがしっかりとれます。なので次の日も激しく活動する自転車キャンプにぴったりです。初めてのハンモックはこれが正解だと思います。

ギア選びのポイントは?

出来るだけスペックよりも見た目を優先してます。

キャンプは長く続けていきたい趣味です。
世の中安くて機能的な物は沢山あります。
ただそれと長く使っていけるかは別だと考えています。
購入するときは数年後も使えるか想像し、多少機能が劣る物でも気に入れば買うようにしています。
使いづらくても愛着があれば相棒です。

今ゲットしたいギアは?

  • ノースフェイス ジオドーム
  • ノルテント ギャム4
  • ヘイムプラネット THE CAVE
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

どんなスタイルでキャンプをやるのか、しっかりと決めた方がいいと思います。
キャンプの魅力の1つは、色んなスタイルで楽しめる事です。
ソロなのかグループなのか自転車なのか徒歩なのか...まずは色んな情報を集めて自分のライフスタイルに合った物を選びましょう。
そしてスタイルが決まったら、それに合ったキャンプギアを探した方がいいと思います。
もちろん心がときめく物がおすすめです。

また、自分だけの装備を作るのもキャンプの醍醐味です。
使う→自分に本当に合うのか考える→アプデする
この工程を繰り返す事で、世界に1つだけのマイ装備を作ることができます。
自然で過ごす時間も最高ですが、マイ装備を使ったり眺めているだけでも最高です。

これにハマりすぎた結果、僕は色んなキャンプスタイルに手を出しすぎてしまいました笑

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。