ティピー型テント おすすめ4選 ~大人数で楽しめる憧れのティピー型テント~

トップ画像出典: coleman
この記事の目次

はじめに

キャンプで最も重要なアイテムは何と言ってもテントです!

ところで皆さんはどんなタイプのテントをお持ちですか?定番のドーム型テント、リビングスペース付きのツールーム・オールイン型、小屋のようなロッジ型、とんがり屋根のワンポール型があります。

皆さんそれぞれのテントをお持ちだと思いますが、今回は最近野外フェスなどで多く見られるワンポール型のテントを紹介します。モノポールテントやティピー型テントと呼ばれ、アメリカインディアンのティピーといわれる移動式住居が原型となっています。最近カラフルなもの、ナホバ柄などお洒落なものが発売されていて、キャンパーには憧れのテントとなっています。

ワンポールだけで簡単に設営出来ることと、パーツが少ないので悩むことなく設営に取り掛かれるメリットがあります。高さがあるので、室内で屈むことなく着替えることが出来てイライラすることもありません。何よりお洒落なとんがり屋根が魅力です。ファミリーキャンプにティピー型テントがあると、大人も子供もわくわくしますね。

今回は、4人家族(大人2人・子供2人)を目安としてサイズも値段もおすすめのティピー型テントを紹介します。ちょっと背伸びして憧れのテントを手に入れてみませんか?

CHOICE POINT
組立簡単ワンポール
パーツが少ない
高さのある室内
PR
 

1. ロゴス(LOGOS) ナバホTepee 400

出典: LOGOS

ネイティブアメリカンのナホバ族をイメージしたナホバ柄デザインのティピー型テントは、キャンプ場に自然とマッチします。
ワンポールテントで組み立て簡単。軽量かつ強靭なポールはジュラルミンフレームを使用しています。
難燃性生地仕様で火の粉が飛んできても燃え広がることはありません。頂点は235cmと高く、大人4名でも広々と過ごせます。

ユーザーレビュー

三角のテントは目立ちます。柄も他の物に比べオシャレで良い感じです。まず、被らないので、子供たちも迷いません。中も広く天上も当然高く、身長180㎝の私が手を伸ばしても届きません。
9月の連休に使用して、少し肌寒く風の強い日だったのですが、テントの中は快適で、寝袋のみで熟睡出来ました。大人4人に荷物も置けそうです。私は大人1人と小学生2名での使用でしたが、広すぎました。
また、設営も簡単でポールをテントの中から先端を持ち上げるだけです。凄く丈夫な軽いポールで風に吹かれてもびくともしませんでした。
とにかく、簡単で快適で目立つテントでした。
出典: amazon

利用シーン

@feari503が投稿した写真 -

2. ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) 2ルームワンポールテント T4-201

出典: DOPPELGANGER

ターコイズブルー色のワンポールティピー型テントは、お洒落なルックスでキャンプ場が華やかに。
就寝スペースとリビングスペースの2ルーム構造になっていています
。別売りのタープポールがあれば、リビングスぺースにテーブルやイスを置いて快適に過ごせます。
大人4人収容できるファミリー仕様となっています。

¥19,226~¥32,000 詳細情報はこちら

ユーザーレビュー

設営は1人でも可能ですが公式HPに載っている通りに2人で設営したほうが楽です
小学6年生の子供と2人で設営した場合15分かかりませんでした
1人で設営もしましたがやっぱり15分かかりません
丸2年で10回以上は使用(4月~10月)していますがフライは結露します、インナーの結露はありません
上部が虫だらけになりますので蚊取り線香を設置したほうがよいと思います
インナー内部に虫は侵入してこないので就寝時等は問題ありません
前室の部分は思った以上に広く4人が座ってくつろげます
フライにスカートがないので冬の使用は厳しいかと思いますが煙突効果で夏は涼しくてよいです
というか夏用ですね
その他使い勝手はドッペルギャンガー公式HPに載ってある通りだと思います
コスパが高く良いテントだと思います

一人での設営方法はインナーを広げポール部にあたるところからインナー角へ放射線状の1m外側に5か所あらかじめペグを打ち
フライを広げペグにひっかけてからポールで立ち上げます
ポール下部をペグ側に押し傾けておけば倒れません
ポールが倒れるのを注意しながら反対側をペグ打ちし、インナーをかければ終わりです
ポールが倒れると大変危険ですので出来るだけ2人で設営したほうがよいと思います
出典: amazon

利用シーン

Pokeさん(@pokerinngo)が投稿した写真 -

3. ノースイーグル(NorthEagle) ワンポールテント300

出典: NorthEagle

フライシートに、インナーシートを吊り下げて一体化させて、ポールを立てれば簡単に設営できます。
フライシートは、インナーを外せばタープフォルムとしても使用出来ます。
出入り口は前後2か所にあるので、外と中の行き来がしやすいです。
落ち着いたカラーでネイティブアメリカン本場のティピー型テントを彷彿とさせます。

¥18,835~¥22,000 詳細情報はこちら

ユーザーレビュー

大人2人、子供3人(6、5、3歳)で使用
丁度いいです。広くもなく狭くもなく
420の大きい方と悩みましたが、こちらで正解でした。子供が大きくなって狭くなったらもう1つ買おうと思います。
出入り口が2つあるので風通し良くきもちよかったです。建て方の説明書はあてになりませんので、YouTubeなどで予習しておくと簡単に建てる事が出来ます。
出典: amazon

利用シーン

mikikaさん(@n_mikika)が投稿した写真 -

4. コールマン(coleman) ウインズライトティピー 325

出典: coleman

ターコイズブルーのような青色とティピー型のシルエットが目を惹くお洒落なテント。
別売りの同色ヘキサタープと合わせると色が栄えて、快適空間が広がり見た目にも機能的にもオススメです。
ユニークな形の前室になっています。
電源コード引き込み口がついていて、ファスナーで開閉できるのも魅力のひとつです。

ユーザーレビュー

価格最安値のロハコで購入。 マルチグランドシートとインナーシートをアマゾンで購入しました。
今年キャンプを始めた我が家にとって初めてのテントでワクワクしていましたが、
1回目の使用で、フライシート真後ろ側ペグダウン用のループの縫いが外れてしまいました。
大きさは、夫婦と小学一年生の息子の3人+荷物置きでピッタリという程度です。
島根の芝生サイトで9月シルバーウィーク、快晴でしたが、夜は冷えてびっくりするくらいの結露があり、インナーメッシュ開口部はインナー内でも少し濡れていました。
そのまま2回目使用、夜中から雨。けっこう強く朝まで降り、雨の逃げ場が無く、テント下に水が溜まってしまいました。が、グランドシートのおかげでテント内は無事でした。
コールマンのカスタマーセンターに相談し、着払いでフライシートを送ったところ、1週間もしないうちに縫製修理されて届きました。
名のあるメーカーのものを選んで良かったと思います。
組立は簡単で、動画を見ながら初心者でも難なく立てれました。
出典: amazon

利用シーン

おわりに

憧れのティピー型テント、最近では子供部屋にインテリアとしても売られているのを見かけます。子供にとっては秘密基地のようなものです。大人も子供の頃に戻って、一緒に秘密基地で一晩を過ごしてみましょう。慌ただしく過ぎる日々の生活から離れて、親子ともに気持ちもリラックスさせましょう。

ネイティブアメリカンが大昔にティピーで生活していたように、家族が肩を寄せ合ってひとつの空間で過ごすことはとても良いものですね。

ABOUTこの記事をかいた人

カルテットママ

夫婦二人から始まったキャンプ、今では1人で息子4人を連れて何処へでもキャンプに行きます。ずぼらな性格なので、いつもいい加減キャンプです。家族で登山に行ったり、冬はスキーと自然が大好き、山があったらどこへでも♪