スノーピーク ランドロック | 一張りでテント&スクリーンタープの役割を網羅!ファミキャン向け最強幕とは?

トップ画像出典: snow peak
この記事の目次
PR
 

はじめに

スノーピークの創業は、半世紀以上前の1958年。登山家だった創業者が当時の登山道具に満足できず、自身でオリジナルのギアを作ったのが始まりでした。スノーピークは90年代に「オートキャンプ」というスタイルを生み出した会社でもあります。

このように創業者がキャンプギアのユーザーだったこともあり、スノーピークのモットーはあくまでも「ユーザーの側に立った開発新潟の本社に併設された5万坪のキャンプ場で、日々研究を重ねています。

今回はそのスノーピークから、ファミリーキャンパーに人気のシェルター「ランドロック」をご紹介します。

ランドロックの最大の特徴は、リビングと寝室が一体化したオールワンスタイルということ。1幕でテントとタープの両方の役割を兼ねているので、設営は1回で完了。しかもテントとタープのそれぞれの設営スペースが不要なため、結果として全体的にコンパクトサイズになり、比較的狭い区画でもスペースを有効活用できます。

ランドロックは2017年にリニューアルされ、使い勝手や快適さがさらに向上しました。

スノーピーク ランドロック(TP-671R)の仕様

材質

  • 本体・・150Dポリエステルオックス、遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム(ルーフ部)、UVカット加工、テフロン撥水加工、150Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ウォール部)、UVカット加工、テフロン撥水加工
  • フレーム・・A6061(φ19mm)
  • インナールーム・・68Dポリエステルタフタ(ウォール)、210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ボトム)

セット内容

  • 本体
  • インナールーム
  • Aフレーム(×2)
  • Cフレーム(×2)
  • センターフレーム
  • リッジポール
  • セーフティーベルト(×2)
  • ジュラピンペグ(21cm×27)
  • 自在付ロープ(1.5m×2、2.5m×4、3.5m×6)
  • シームグリップ剤
  • ペグケース
  • フレームキャリーバッグ
  • キャリーバッグ
  • コンプレッションベルト(×2)

収納ケースサイズ

  • キャリーバッグ・・75×33×36(h)cm
  • フレームケース・・72×17×22(h)cm

重量

  • 22.0kg(付属品含む)

スノーピーク ランドロックの特徴

リビングのスペースは約4m×3.85mで、キッチンを設置したうえで5~6人が過ごせる広さです。内部の高さは立って動き回れる190cm。これだけの広さがあれば、大型犬をテント内で眠らせることもできますね。

インナーテントをはずして、幕内の全スペースをリビングにしても。かなりの広さになるので、グループで楽しんだり、デイキャンプのBBQ大会にいかがでしょう。パネルを下ろせば突然の雨でも問題なしです。

別売りのポールセットを使ってパネルを跳ね上げることで、さらに広いリビングスペースが確保できます。ポールは190cmあるので、高さもばっちり。3本継ぎのポールは、ランドロックのポールケースに入れられます。

サイドをフルパネルにすれば、就寝時や、悪天候時、不在時も安心。
サイドはメッシュにもなります。虫の多いキャンプ場や、暑い夜の就寝時に便利。
前後には大型のメッシュパネルも装備。虫よけ、風よけに大活躍。

奥半分に吊り下げ式のインナーテントが設置できるようになっており、床面積約3.7×2.4mのテントの中で、大人2人と子ども3人が広々と休めます。
しかも広いリビング部が前室の役割をしてくれるので、深夜のトイレ移動がラク。前室が広いと悪天候の時も安心です。

リビングにコットを導入すれば、さらに追加で1~2人の寝室スペースが確保できます。


 

ランドロック ¥159,000(税別)

 

おわりに

スノーピークのランドロック、いかがでしたか?
オールワンタイプのテントはサイズが大きく、打ち付けるペグの数もハンパではないため、設営が大変というデメリットもあります。
しかし、テントとタープの2つを設営する手間を考えれば、かえって楽だともいえますね。
おまけに安定感のある形に十分な強度。天気にも左右されにくいランドロックは、ファミキャンの強い味方でもあります。