PICKUP!キャンパーインタビュー【2020年版】iwamacho さん編

統一されたカラー。美しいシルエット。
レイサ×ヒルバーグで今流行のカンガルースタイルを楽しんでいらっしゃるのが今回ご紹介するiwamachoさんです!

見た目も機能も最高峰のテントを使ってのキャンプですね!誰もが憧れのテントを贅沢に使って作る最高の環境は奥様や子供やたちからも大好評。一度で良いからこの組み合わせでキャンプしたいです。。

それでは早速、物欲センサーがガンガン刺激されてしまう様なiwamachoさんのテントサイトを見ていきましょう!

プロフィール

iwamacho さん 30代 男性 キャンプ歴2年

はじめまして。

キャンプ歴は2年目を迎える
iwamacho といいます。

ファミリーキャンプがメインなので
家族が楽しめるキャンプをモットーに
キャンプしています。

はじめは特にキャンプギアへのこだわりも
無かったのですが、インスタグラム内での
素敵キャンパーに魅せられてしまい、気付けば
キャンプギアの沼にズブズブにハマってしまいました。家族にも呆れられる始末です。笑

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

最近はレイサ6の中にスタイカをinする
カンガルースタイルがお気に入りです。
テントの中にテントがあるため、子供達からも
秘密基地みたいだねと好評です。

サイトレイアウトは統一感を出すように
ブラックとサンドカラーのギアを中心に配置
しています。あとは、最近はお篭りキャンプが
多いので動かなくても手を伸ばすだけで
必要な物に手が届くような配置を意識しています。

お気に入りアイテム

1. HILLEBERG Staika

お気に入りポイント

HILLEBERGの中でも最強の強度をほこる
ブラックレーベルに属する自立型テントです。
ふもとっぱらの暴風にも難なく耐えるその
佇まいには感動さえ覚えます。
小柄な様子とは裏腹に中は思った以上に広く、
ソロでは広々、妻と子供2人で使う際にも
窮屈さは感じず使えています。
あとなんと言ってもカッコいい。

2. HILLEBERG tarp10xp

お気に入りポイント

ファミリーで使う際に丁度良い大きさです。
ソロで使う際にもスタイカをinすれば
丁度良いサイズのリビングスペースが作れます。
また、持ち運びしやすい携帯性の高さもお気に入りのポイントです。ペグループが多いのでロープワークで色々な張り方が出来るのも良いですね。そしてなんと言ってもカッコいい。

3. METAL DESIGN WORKS XrossCup

お気に入りポイント

職人がアルミの塊りから手間暇をかけて削り出す
至高の一品です。そのカッコいい見た目もさる事ながら、使い勝手もピカイチ。ハンドルは絶妙に手に馴染み、口あたりは優しく、注げる量も非常に丁度良い。このカップのおかげでキャンプの
晩酌がより素敵な物になったかと思います。

4. solworks solol

お気に入りポイント

最強の照明作家が手掛ける至高の一品です。
キャンプでの『灯り』をコンセプトに
作られたその輝きはキャンプの夜の時間を
2倍、3倍と素敵な物に昇華してくれます。
眩しいLEDライトもこのsololで包めば
あら不思議、アーバンでアダルトな落ち着いた
光へと変わります。子供が触っても安全な
LEDライトが多いファミリーキャンパーとしては
嬉しい限りの作品かと思います。

ギア選びのポイントは?

我が家のギア選びのポイントは
家族も一緒に楽しめ物かなと思います。
勿論見た目重視な面も否めませんが、
今のところあまり失敗無く、家族とキャンプ
を楽しむ事が出来ています。

今ゲットしたいギアは?

  • HILLEBERG Altaiのインナーテント
  • asimocrafts と 38explore のコラボ A38grate
  • アシモクラフト ミカヅキ
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

キャンプには色々なスタイルがあるかと思います。大好きな沢山のギアに囲まれる重量級キャンパー、厳選した少量のギアでやるULキャンプ。軍幕野営キャンプや、テント内にコタツなんか入れちゃうお篭りキャンプ。インスタグラムのpostを見てると本当に沢山のスタイルに圧倒されるかと思います。その中で自分がやってみたいスタイルのキャンプをしているキャンパーさんが必ずいるかと思います。
まずはその方を参考にギアなど集めてみてはいかがでしょうか?そして分からない事は気軽に
そのキャンパーさんに聞いてみましょう。
ほんとに皆さん良い方ばかりです。親切に教えてくれるはずですよ。
私は今もそんな感じです。真似ている間に
自分なりのキャンプスタイルも出来てくるん
じゃないかなと私は思います。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。