PICKUP!キャンパーインタビュー【2020年版】シロクマ さん編

ちょっと狭めの空間で自分の取り揃えた可愛いコレクションたちを眺めながら焚き火の前でボケーっとするあの時間。椅子に座って、何もしていない訳でもないけど何かしている訳でもないあの時間。夜空を見上げて、星の綺麗さや宇宙の広さを漠然と感じるあの時間。

どれも何気ないことなのかもしれませんが私たちキャンパーにとっては掛け替えのないひと時ですよね。そんな人生の余白を丁寧に感じられるキャンプが大好きです。

今回ご紹介するシロクマさんも自分の作り上げたやや狭めのテントサイトで過ごすまったりとした時間が大好きなキャンパーのお一人。インタビューしてみてきっと読者のさんなら共感するポイントがいくつもあるのではないでしょうか?

それでは早速、なんだかエモい気分になってしまう様なシロクマさんのキャンプシーンをみていきましょう!

プロフィール

シロクマさん 40代 男性 キャンプ歴5年〜9年

はじめまして。
キャンプはおもにファミキャンとグルキャンがメインで、たまに父子キャンもします。
焚き火を世話しながらお酒と星空を楽しむのが、この上なく大好きです。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

テントは広すぎず狭すぎず、やや狭めくらいのサイズ感のもので、秘密基地のようなワクワクできるレイアウトが好みです。
天井も低く腰を屈めることが多くなるため、翌日の腰痛改善が今後の課題です笑

お気に入りアイテム

1. llama Tripod 4leg

お気に入りポイント

無骨な雰囲気が気に入っています。
他のハンガーには見られない鉄製の滑車がポイントで、見た目のインパクトはもちろん、吊るしたケトルの火加減を簡単に調整できたりと、実用性も兼ね備えています。

2. solo stove ソロストーブ レンジャー

お気に入りポイント

二次燃焼の火力と迫力に一目惚れしました笑
多少の風があっても影響を受けずに焚き火ができ、ゴトクを使っての調理もできるので大活躍しています。

3. dietz dietz #50など

お気に入りポイント

dietzのオイルランタンたち。
優しく雰囲気のある灯りに癒されます。
最近は加圧式で高光量のランタンの出番が減ってきています。

4. Morakniv モーラナイフ コンパニオン

お気に入りポイント

ギア選びのポイントは?

ほどよい無骨さと雰囲気を持ちつつ、使っていてワクワクできるようなギアが好みです。
歴史のあるビンテージもののギアをポンと買うより、悩んで買った新品のギアを育てていくほうが好きかもしれません。

今ゲットしたいギアは?

  • ネイチャートーンズのタワーオブボンファイヤー
  • Soul Of Siberiaのククサ
  • ノルディスクのCotton Canvas Wagon
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

キャンプスタイルも人それぞれの楽しみ方があると思います。
まずは一度、誰かに連れられてでもよいのでキャンプ場へ足を運んでみてくたさい。
自然に触れたり、焚き火をしたり、お酒を飲んだり、自分なりの楽しみが見つかると思います。
キャンプ場でお会いできるのを楽しみにしています。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。