PICKUP!キャンパーインタビュー【2020年版】amyさん編

みんなでワイワイやって楽しむグルキャンももちろん楽しいですが、ゆったりまったり、四季折々の景色を楽しみながら自分のペースで時間を過ごせるソロキャンもやっぱり魅力的ですよね。今回ご紹介するamyさんも自分が「行きたい!」と思った瞬間にサクッといけるソロキャンプに心奪われたお一人です。

アースカラーのギアを中心にレイアウトしており、流行に関係なく、長く使える自分が気に入ったものを大切に使うのがamyさんスタイルです。自分の中でテーマを持っておくのも、ギア集めのコツなのかもしれませんね!

それでは早速、amyさんのテントサイトをみていきましょう!もう春も目の前まで来ているので、キャンプに出かけたくなってしまうかもしれませんね!

プロフィール

amyさん 30代 女性 キャンプ歴5年〜9年

富士山をはじめ四季折々の絶景を眺めて過ごすキャンプが好きです。仲間と過ごすキャンプも楽しいけれど、身軽なソロでは桜や紅葉など季節の瞬間を追い求め、穴場キャンプ場でひとり静かに楽しんでいます。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

自然に溶け込むようなアースカラーのギアを揃えています。ソロキャンプが多いので、どのテントでも防犯面も考慮し、就寝時はほぼ全てのギアをテント内に収められるようコンパクトな配置を心がけています。

お気に入りアイテム

1. Coleman oasis MINI

お気に入りポイント

014年、WILD-1の30周年記念で限定生産されたColemanオアシステントのリバイバルです。昨年このテントの存在を知り、探しに探してようやく手に入れました。コットンなのでストーブを使っても結露なし、テント内で屈まずに生活でき、デッドスペースのない空間は自由なレイアウトができるのでとても気に入っています。

2. Coleman 282 Limited

お気に入りポイント

キャンプの師匠から一昨年の誕生日に頂いたColemanのガスランタンです。1995年にColemanと大三商事(現LOGOS)が日本限定生産したもので、真っ黒なタンクが本当にかっこいいです。メンテナンスギアも揃えたので、いつまでも大切に使っていきたいです。

3. ハンドメイド ウッドボックス

お気に入りポイント

昔から使っていたワイン箱に、友人のお父様が持ち手の穴を開け、ロールトップの蓋を作ってくれました。着替えやコスメなど生活感の出やすいものを収納していて、ごちゃつくテント内をスッキリさせてくれます。ベッドサイドならぬコットサイドテーブルとして、就寝時に携帯やライトなど置いておけるのが便利です。

4. UNIFLAME フィールドラック

お気に入りポイント

ブラックを5台持っています。シチュエーションに合わせて自在にレイアウトできるのですごく便利です。ギアを地面に直置きせずにすむので、悪天候でもギアが汚れず撤収が楽ですよ。

ギア選びのポイントは?

テーマカラーを決めること、流行りに関係なく長く使えることが大事だと思います。今あるギアは、どれも自分でじっくり吟味して選んだものなので全て気に入っています。これからは自分だけのギアをDIYしていきたいですね。

今ゲットしたいギアは?

  • ogawa オーナーロッジ タイプ52R
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

『キャンプ沼にハマる』という有名な言葉があります。キャンプブームに乗り、巷にはおしゃれでかっこいいテントやギアが溢れていますが、闇雲にハマるとエラいことになります。最新モデルをフルレンタルできるキャンプ場を活用したり、気になるギアを使っているインスタグラマーに聞いてみたりして、賢くハマってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。