PICKUP!キャンパーインタビュー【2020年版】ユラギさん編

アースカラーを基調としたレイアウトに、こだわりの小物で遊び心とセンスがひかるキャンプスタイルなのが今回ご紹介するユラギさん。ちょっとしたミリタリーギアがアクセントになっていて、見ているだけで男心をくすぐられます。男らしいキャンプ、一度はやってみたい..!

グルキャン好きのユラギさんはキャンプ場で出会った人に料理を振舞うこともあるとか!
運よくキャンプ場で出会えたら是非キャンプ飯を振る舞っていただきたいです。。

それでは早速、ユラギさんのテントサイトをみていきましょう。アースカラーを上手に使いこなしたいそこの貴方!是非チェックしてみてくださいね!

プロフィール

ユラギさん 30代 男性 キャンプ歴3年

ファミキャン、グルキャンが大好きな、ユラギです。
子供の頃に父親がキャンプにハマっていて、子供の頃に良くキャンプに行っていました。大人になり、BBQをみんなで楽しんだりしていたのですが、3年前から本格的にCAMPにハマってしまいました。料理が好きなので、キャンプ場で出会った方々に振る舞うのが大好きです(笑)これから出会う方も宜しくお願いします。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

お気に入りのSABBATICALのMORNING GLORY TCとMARIPOSA TCをドッキングして設営しました。広々とスペースがあり、キッチンも使いやすく快適でした。この日はグルキャンだったので焚き火台はみんなのサイトの真ん中に設営しています。

お気に入りアイテム

1. Vapalux M320

お気に入りポイント

グリーンが好きなので、この形、カラーがたまりません。昔から変わらないデザインとメンテナンスのパーツが豊富なのも良い点です。一生物のランタンだと思ってます。これからレザークラフトを始めて、ベイルカバーを作って、更に愛着のあるギアにしたいです。

2. SABBATICAL MORNING GLORY TC

お気に入りポイント

MORNING GLORY TCは設営簡単でTC幕なので結露もしないし、中も広々としていて、インナーテントを付けても付けなくても4人くらいなら快適に過ごせます。サイドポールがあるのでワンポールでもデッドスペースが少なくて、秋から冬にかけて籠るのに最適な幕でした。

3. tent-mark DESIGNS ワーカーズオカモチⅡ

お気に入りポイント

とにかく重たいので、最初は持って行くの止めようかと思っていたギアですが、だんだんと使い勝手の良いギアに変わって来ました。オカモチは初代と2代目と両方持っていますが、オカモチⅡに変わって少し奥行がコンパクトになって使いやすくなりました。スタンレーのグロウラーなどのボトルを入れて持ち運べて、調味料も並べてレイアウト出来るので便利です。

4. Adams & Westlake KERO Railroad Lantern

お気に入りポイント

珍しい、真鍮製のGOLDのKERO。火を灯して、100年前と変わらない灯りを眺めながらコーヒーを飲む。なかなかマニアックな楽しみですが、焚き火の近くに置いても幕の中に置いても絵になる雰囲気の良いランタンです。これも一生大事に使っていきます。

ギア選びのポイントは?

自分の持っているギアとレイアウトしたときにマッチする物を選んでいます。購入する時にレイアウトを考えていますが、同時に車の積載も考えてコンパクトなる物も選んでいます。

今ゲットしたいギアは?

  • TILLEYのX246B
  • ZANE ARTSのGIGI-2
  • FIRE SIDEのキンドリングクラッカー
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

キャンプを重ねると、いろんな人達との出会いが増えていきます。その日初めてあった人でもフィールドで焚き火を囲むと仲良くなれます。その繋がりが凄く面白いです。キャンプスタイルもいろいろあるので、ギアを集めなくても楽しめます。とにかくキャンプを重ねて楽しむ事が大事です。

いろんなキャンプスタイルがあるので、その中で自分が楽しめるキャンプスタイルを見つける事が大事です。周りにキャンプをしている友人が居れば一緒に行ってみると何が必要かわかってくると思います。最初は美味いコーヒー豆と肉だけ持って行っても良いと思います。それだけでも楽しめます!!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。