使い勝手抜群な大型2ポールテント【ゼインアーツ ギギ2】の徹底レビュー!

このページの項目

はじめに

今回ご紹介するテントは、ZANEARTS(ゼインアーツ)のGIGI-2(ギギ-2)です。

ギギ-2は2ポールの大型シェルターで、とにかく使い勝手が抜群に良いんです!!

おすすめポイントをいくつかご紹介しますので、購入を考えている方の参考になれば嬉しいです!
※実際に使ってみた個人的な意見感想です。

おすすめポイント①〜多彩なstyleで色んな場面で大活躍〜

スタイル:その1

まずはフルクローズ状態がこちら。

この状態が基本styleです。雨が降ってる時はこの張り方で快適にお篭りが出来ます。

でもやっぱりギギ-2の本領が発揮されるのは、前後のドアパネルを跳ね上げた時です!

まるでタープのようなテント…そんなギギ-2を様々なキャンプシーン別でご紹介していきます。

スタイル:その2

この日は前後のドアパネルを跳ね上げ、後方にインナーテントを入れてカンガルースタイルで!

我が家ではこのstyleがbetterな張り方です。

この張り方は寝室、リビングが十分な広さで、子供もストレスなく過ごす事が出来ます。

(画像内インナーテント→スノーピーク アメニティドームL)
※専用インナーテントも販売されています。

➡ギギ2の
レンタルを見てみる

スタイル:その3


この日は3ファミリー総勢14名のグルファミキャン!

ギギ-2を宴開幕として使用しました。

気温が低く、ドアパネルを全開だと流石に寒いため、前方ドアパネルを跳ね上げ、後方は1/3だけ開けて、ロープで引っ張り空間を拡張!

ご覧の通りの広々空間の完成です!

ポールの長さを変えたり、ポールの位置を変えたする事でまた違う姿に様変わりします。

スタイル:その4


この日は息子との2人キャンプ!

左サイドにコットを2つ並べて、中央にリビング、右サイドにギアボックスやトラッシュボックスを配置!

2人だと逆に広すぎるかもしれませんね…笑

でも設営も簡単なので天気が良い日はどうしても張りたくなっちゃいます。

➡ギギ2の
レンタルを見てみる

スタイル:その5


このようにサイドにインナーテントを入れることも
もちろん可能!
(画像内インナーテント→MSR ハバハバNX)

このようにシチュエーション毎に張り方や、幕内レイアウトを変えるのが最高に楽しくて、そのおかげで全く飽きの来ないテントです。

何より見た目がかっこいいんです。笑

➡ギギ2の
レンタルを見てみる

おすすめポイント②〜設営がとにかくラクチン〜

ビルディングテープが取付けられた4コーナーをペグダウンし、ポール2本を入れると自立する設営容易な設計となっています。

ボトムは変形八角形ですが、誰でも悩まず設営できます。

ただし、ドアパネルを跳ね上がるには追加でポールを用意する必要があります。

(私はDODのビックタープポールを使用しています。)

➡ギギ2の
レンタルを見てみる

おすすめポイント③〜価格がお手頃〜

これまで色々おすすめポイントをお伝えしてきましたが、結局大事なのはお値段ですよね。

メーカー販売価格→税別59,800円!!

金銭感覚は人それぞれですが…私個人的にはこのサイズの幕がこの値段でビックリしました。笑

他社では10万オーバーが当たり前の2ポールテント。かなり良心的な価格かと思います。

➡ギギ2の
レンタルを見てみる

ちょっぴり気になるポイント〜雨の日、冬季は使用しづらい〜

気になるポイント:その1

雨が降ると乾燥撤収が出来ず、大型幕なので家で乾かすのが一苦労…

家でも乾かす環境のある方は問題なしです!

気になるポイント:その2

雨の日にドアパネルを開けるとチャックの部分から雨が入ってきます。

なので雨の日は開けられても半分くらいまで…

そうするとやっぱりファミキャンでも狭く感じちゃいます。

気になるポイント:その3

スカートが付いていないので、冬季は下から寒気がビュービュー入ってきます。

ただ、雪中キャンプなら雪を盛れば風は防げます!

そのかわりストーブを使う方は一酸化炭素中毒に注意が特に必要ですね。

さいごに


いかがだったでしょうか?

これまでギギ2を使って来て感じた良い点、気になる点を思いつく範囲で書いてみました。

参考になったら嬉しいです。

また、ギギ2を買おうか悩んでいる方は、気になるキャンプギアを気軽に試せるレンタルサービスTENTALで、購入する前に実際に試してみるのも良いですね。

安くて、軽くて、設営がラクで、アレンジ多彩で、シルエットもカラーもカッコいいギギ2。

私的にはとてもおすすめのテントです!!

➡ギギ2の
レンタルを見てみる

製品説明

◉仕様
本体×1:75Dシリコーンポリエステルリップストップ・遮光PU加工(耐水圧1,500mm)
メインポール×2:A6061・φ30mm・全長220cm
エクステンションポール×2:A6061・φ14.5mm・全長100cm
Yペグ×6:ジュラルミン・25cm
Vペグ×16:ジュラルミン・17cm
4m2又ロープ×2:ダイニーマ・リフレクター仕様・φ2mm
3mロープ×8:ダイニーマ・リフレクター仕様・φ2mm
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1:150Dポリエステルオックス

◉サイズ
全長:750cm
横幅:400cm
高さ:220cm
※キャリーバックサイズ:72×20×25(h)cm

この記事を書いた人

TC_CAMP

NIIGATA/JAPAN
キャンプ歴1年の初級キャンパー。快適&変態になるべくアップデート中
⚪︎YouTubeチャンネル開設しました!
Instagram&YouTubeゆるーく更新します!フォロー、チャンネル登録よろしくお願いします

▼YouTubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCgeci5dxJyWcRK39kunBHjA

PR  

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。