PICKUP!キャンパーインタビュー【2018年版】sayaさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

自作ギアには、頭の中に思い描いたレイアウトを形に出来る。という魅力があります。ただし、思い描いた通りのモノが作れれば..ということにはなりますね。

今回ご紹介するキャンパーさんは、まさしく思い描いたギアを形にし、理想のレイアウトでキャンプを楽しんでいるsayaさんです。

「よし。◯月◯日にキャンプに行こう!」などという予定を立てなくても、気が付けば当たり前のようにフィールドに向かい、いつものように自然の中でキャンプを楽しむ。そんなライフスタイルへ溶け込むようなキャンプとの向き合い方は、簡単に真似できるようなものではありませんが、いつかは実現させたいなぁと思わずにはいられません。

それでは、素敵な写真を眺めているだけで今すぐにフィールドに足を運びたくなるsayaさんのキャンプライフを、早速ご紹介していきましょう。

PR
 

プロフィール

sayaさん
30代 女性 キャンプ歴 5年〜9年

愛車メルセデスベンツS123に乗り、日本全国キャンプを楽しんでいます♪
自然の中で、家族や友人と美味しいごはんやお酒と焚火で語らう時間が大好きです。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

テントと車とギアがカッコ良く見えるようにレイアウトを組みます。

ロケーションによってレイアウトを変えるので、毎回1から考えながらサイトを作って行きます。

お気に入りギア

1. OUTING OUTING counter

お気に入りポイント

現在はOUTINGさんから販売されていますが、元は私の主人が、娘と一緒に料理が出来るようにとキッチンカウンターを作ってくれたのが始まりです。

立ちながらお料理が出来るので、腰も痛くないし、導線も考えながらレイアウトを組みやすいです。

2. 新保製作所 ロマンチカル薪ストーブ

お気に入りポイント

大きな窓から炎が見えるのが一番のおすすめポイントです。炎を見ながらのんびり、暖か。

寒がりなので幸せな時間です。

3. 自作 木こりテーブル

お気に入りポイント

私が絵を描いて、「こんなテーブル作って欲しいなー」がカタチになったモノ。

主人とのコラボ作品です。

4. kelly kelly lamp

お気に入りポイント

アンティークのランプです。

サイズやカタチがただただ可愛いランプです。

とても小さいので何個も揃えたくなってしまいます♪

ユラユラゆれる灯にもとても癒されます。

ギア選びのポイントは?

ギアを選ぶ時は直感頼りですが、サイトや持っているテントに合うかどうかよく話し合って決めています。

流行っている物というよりは、自分達が気に入ったものを一つずつ揃えていっています。

普段から家で使える物もギアを選ぶポイントです。

今ゲットしたいギアは?

  • 母子用テント
  • ルーフテント
  • モビールクール

ビギナーキャンパーへアドバイス

まずは自然の中でのんびり、家族や友人と過ごしてみるのが良いと思います。きっと楽しくて、またすぐに行きたくなる筈です。

ギアは最初から色々と買い揃える必要はないと思います。今は情報が溢れていますから、調べてから少し高くても、長く使える良い品を購入することをお勧めします。

そして、忘れてはいけないのが自然の中で遊ぶということ。突然危険な天候や場面に出会うこともあります。一番は安全第一!!

自然の中でのマナーを守り、みんなが楽しいキャンプライフを過ごせますように♪

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。