PICKUP!キャンパーインタビュー【2017年版】faloさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

物語の世界から飛び出してきたかのような、世界にひとつだけのテント。タープ。ファニチャー

そんな数々の自作ギアに囲まれながら、気の向くまま風の吹くまま自然体でキャンプを楽しんでいるのが今回ご紹介するfaloさんです。

キャンプの楽しみ方はひとそれぞれですが、ただただ、faloさんのようなキャンプライフに憧れるキャンパーさんも多いのではないでしょうか?自然と一体に、無理せず気張らずに。そんな雰囲気が写真や文章からも伝わってきますね。

それでは早速、キャンプの楽しみ方ってなんだっけ?と、足を止めてふと振り返って見たキャンパーさんには是非読んでいただきたいfaloさんのキャンプライフをご紹介していきましょう。

PR
 

プロフィール

faloさん
40代 男性 キャンプ歴 10年以上

はじめまして

faloと言います。

13年程前にインテリアに興味があり雑貨屋さん巡りをしてました。
オープンカフェのインテリアを再現する為、ガーデニングをして外にテーブルとチェアを並べて珈琲を楽しむのが休日の過ごし方でした。

そんな時小さな頃から強い憧れがあったキャンプを思い出して、もしかしたらキャンプの楽しみ方ってこんな感じなのかなって思い1人でフィールドに向かいキャンプデビュー。

それからキャンプの魅力にハマり2011年に可愛くキャンプ&ピクニックを立ち上げて活動をしてました。

現在はfacebookで可愛くキャンプ&ピクニックの活動が中心になってます。

頭の中で想像した空想のキャンプを森の中に再現したくて自作の道具を作って楽しんでます。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

長い付き合いの道具達と自作したお気に入りの道具達

この時のレイアウトは自作テント、自作タープ、自作テーブル、自作流木ツリー、自作ランタン、流木を使いました。

レイアウトで気をつけてる事は奥行きです。

手前に背の低い道具

奥に背の高い道具

それと導線

自然体を崩したくないので綺麗過ぎないように

森に住む小人のお家をイメージしました。

お気に入りギア

1. 自作 テント

お気に入りポイント

なんと言っても世界に1つ

それとずっと憧れていたロッジテント

窓から外を眺められる

この辺りがお気に入りのポイントです。

2. ビアンキ 自転車

お気に入りポイント

ずっと挑戦したかったチャリキャンプ

実際はまだ一度しかキャンプに連れて行けてないけどこれからカスタムしてキャンプに連れ出したいと思ってます。

道具が入れられるパニアバック

ミニベロなので車に積載しやすい辺り

一緒にどこか遠くに行けそうな雰囲気がお気に入りのポイントです。

3. 自作 タープ

お気に入りポイント

強度にこだわって作ったので強風などでも信頼出来る所

車の寸法に合わせて作ったので車中泊する時はカーサイドタープとしても活躍してくれる所がお気に入りです。

4. 自作 テーブル

お気に入りポイント

1人でのキャンプの時はメインテーブル

複数でキャンプする時はサブとしても活躍してくれるのでサイズ感がとてもお気に入りです。

ギア選びのポイントは?

ギア選びのポイントは

自分がキャンプをしてる所を想像しながら決定してます。

自作の場合は見た事ない物

購入する場合は信頼性と憧れです。

今ゲットしたいギアは?

  • 自作する為のミシン
  • ヴィンテージロッジテント
  • ローカスギアのテント

ビギナーキャンパーへアドバイス

自分は永遠に初心者キャンパーです。

常に新しい発見をしていたいと思います。

キャンプの形を作り上げるよりも本当に自分がやりたいキャンプに挑戦して頂くと楽しい時間が過ごせると思います。

外での生活は枯葉の踏む音、空の青さ、寒さや暑さ当たり前の事ですがそれを実際に体感出来ます。

当たり前だと思っていたけど普段の生活では気がつかない小さな事

その一つ一つが新鮮に感じられると思います。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。