PICKUP!キャンパーインタビュー【2017年版】kacchan86さん編

この記事の目次

キャンパー紹介

桃栗三年柿八年。何事も成し遂げるまでには相応の年月が必要だという諺ですが、続きがあるのはご存知ですか?よく聞くのが「ユズは9年でなりさがる。ナシの大馬鹿18年。」などのフレーズですね。

それでは、さらにその上、25年間キャンプを続けたらどうなるでしょう。その答えがこちら・・。

キャンプ歴25年のkacchan86さん。一緒にキャンプを過ごしてきたテント達には数々の思い出が刻み込まれ、「ヴィンテージ」という一言では片付けられない貫禄の佇まい

そして、それらを彩る自作ウッドギアのクオリティが、キャンプの楽しさを追求し続けているkacchan86さんのキャンプ愛を物語っているようですね。

それでは早速「キャンプって毎回行ってたら飽きるんじゃない?」などと考えている初心者キャンパーさんには特に必見な、kacchan86さんのキャンプライフを紹介していきましょう。

PR
 

プロフィール

kacchan86さん
50代 男性 キャンプ歴 10年以上

キャンプ歴25年のキャンプ馬鹿オヤジです。
ウッド製品の持つ雰囲気が好きで、キャンプグッズのオールウッド化を図るべく自作に勤しんでます。
最近ではキャンプの為に自作するのか、自作する為にキャンプしているのか自分でも解らなくなっています。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

自作カウンターテーブルをサイト中央に配置。
キッチンテーブルとしての使用は勿論、夜にはバーカウンターとして利用。
たくさんの笑顔が自然に集まって来る様なサイト作りを心掛けてます。

お気に入りギア

1. 小川テント ミネルバ2

お気に入りポイント

今から20年以上前のテントにもかかわらず、加水分解する事もなく豪雨の中でも雨漏り無しの頼りになる "てっこつ" です。

2. レラム レラム4

お気に入りポイント

イギリスのヴィンテージテント。
ピュアコットンで結露知らず。
他人サイトと被る事は無く、ウッド製品が良く似合うお気に入りテントです。

3. Roost Outdoors(ルーストアウトドアーズ) ポリコットンタープ

お気に入りポイント

白地にセンターの赤いラインが、キャンプサイトで一際目立つポリコットンタープです。

4. 新保製作所 薪ストーブ

お気に入りポイント

高火力にもビクともしない厚い鉄板、3面窓から見える炎が心も身体も温めてくれます。

ギア選びのポイントは?

長く付き合っていける機能性とデザインを重視しています。
気に入ったギアが有ったらまずウッドで自作出来ないかとつい考えてしまいます。

今ゲットしたいギアは?

  • マルシャルのヴィンテージテント
  • コールマン200Aのバースデーランタン
  • インフレータブルカヌー

ビギナーキャンパーへアドバイス

最初からあれもこれもと購入せず、本当に必要な物を見極めましょう。
必要だと思ったら、高額でもイイ物を揃える事が結局は無駄使いをしないコツだと思いますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。