PICKUP!キャンパーインタビュー【2017年版】YOSHIKIさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

真っ赤なジープローカスギアのトンガリテント。キャンプ好きは元より、オシャレなコトやモノに興味がある人なら誰もが興味を持ちそうなギアに囲まれてアウトドアを楽しむのが今回ご紹介するYOSHIKIさんです。

丈夫で長く使えるコトを意識したギアチョイスは、自ずと鉄製木製中心に揃えられ、そこに歳月と共にタフさを証明してきたビンテージギアを上手にく加えることで、隙のない重厚なテントサイトが出来上がっています。

それでは早速、キャンプに行き始め「これは一生の趣味になるな」と悟ったキャンパーには特に必見のYOSHIKIさんのテントサイトを紹介していきましょう。

PR
 

プロフィール

YOSHIKIさん
20代 男性 キャンプ歴 3年

赤いJEEPに乗りながら、キャンプや趣味の釣りを通じてアウトドアを楽しんでいます!

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

基本的にテントはフロアレスのものを使用し、座ったままで手の届く範囲内に道具を配置するようにしています。

お気に入りギア

1. LOCUS GEAR カフラシル

お気に入りポイント

キャンプ道具の中で1番のお気に入り!
見た目、価格、耐風性、設営の簡単さなどなど、様々な面でどストライクでした。
1-2人のキャンプには最適です。
別売りのハーフインナーも使い勝手◎です。

2. snowpeak 焚火台

お気に入りポイント

焚き火台の定番!
重たいですが、いかにも頑丈そうで壊れる気がしません。
設営も撤収も簡単で使いやすく、重宝しています。

3. snowpeak シェルフコンテナ

お気に入りポイント

コンテナの半分だけ蓋を作成して使用しています。
蓋のおかげでちょっとしたテーブルにもなるし、オイルランタンなど背の高い道具は蓋をしていない方に入れ、一つのコンテナで使い分けが出来るのでとても便利です。

4. JEEP TJラングラー

お気に入りポイント

キャンプを始めた頃、どうしても真っ赤なジープでキャンプに行きたくて車を乗り換えました(笑)
なので、ジープもキャンプには欠かせない道具の一つになっています。

ギア選びのポイントは?

なるべく樹脂パーツを使用しているギアは避け、丈夫で長く使えるモノを購入するようにしています。
ビンテージの道具はシンプルで重厚感もあり、何より何十年間も使われてきたタフさに惹かれ、最近ではビンテージギアを購入する機会が増えました。

今ゲットしたいギアは?

  • パーセルトレンチ(PURCELL TRENCH)
  • 武井バーナー
  • バイヤー(BYER )のコット
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

天気予報はこまめにチェック!
天気次第では、諦める勇気も必要かなっと思います。
自然に逆らわず、無理のない範囲で楽しみましょー!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。