スノーピーク シェルフコンテナ 高機能だけでなくオシャレでクール!インスタでも話題のシェルコンとは!?

トップ画像出典: snow peak
この記事の目次
PR
 

はじめに

テントサイトにウッドシェルフを持ち込み、こだわりのカテラリーや小物などをディスプレイして楽しむという、新しいキャンプスタイルが増えてきた昨今。でも、家で使うような棚を車に積み、キャンプ場で組み立てて設置するのは、ちょっと面倒で敷居が高いと感じる方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、スノーピークのシェルフコンテナです。その名の通り、一体で「シェルフ(棚)」と「コンテナ」の一石二鳥の機能を持ちながら、スチール製の武骨なデザインが、オシャレでクールなサイトを演出してくれる優れモノの収納アイテムです。

シェルフコンテナの「コンテナ機能」

コンテナ1個あたりの積載量は20㎏。ペグ、ハンマーなどの少し重めの小物はもちろん、薪を入れて運んでも。またボックスの状態で3段まで重ねられるため、車の中のスペースが節約できます。

そのままサイトまで持って行って、その辺にさりげなく置いておくだけでも、十分サマになりますね。

また、キャンプ小物を入れたまま自宅に収納しておけば、インテリアとしても大活躍。何よりそのまま車に積めるので手間いらず


シェルフコンテナの「シェルフ機能」

コンテナ状態から荷物を出したあと、4つのロックピースを解除し、左右に開いて再びロックをかければ、シェルフ状態へ早変わり。


3個まで重ねられるので、オシャレなスタッキングシェルフになります。薪を入れたり、大容量もペットボトルを置いたり。お酒のボトルを入れるとまるでワインセラー。取り出しもスムーズになるので、ボックスのときのようにゴソゴソと中を探る必要がありません。


シェルフコンテナの仕様

シェルフコンテナにはサイズ違いで2種類ありますが、どちらも積載量は20kgなので、人数や車のスペースに合わせて選びましょう。両方のサイズを用意して、それぞれコンテナとシェルフの形で置くと、テントサイトのデザインに統一感が出ます。

側面にお気に入りのシール貼ってオリジナリティを出してみては。工夫の余地がいっぱいあるのも、シンプルで多機能のシェルフコンテナだからこそ。

シェルフコンテナ25

  • セット内容:シェルフコンテナ 25本体(×1)、取扱説明書
  • 材質:本体/スチール、ハンドル/竹、ステンレス、脚/ポリカーボネイト
  • 最大積重ね数:3個まで
  • 最大積載量:20kg/個
  • サイズ:325×520×210mm
  • 容量(内寸):290×405×195mm
  • 重量:3.6kg

シェルフコンテナ50

  • セット内容:シェルフコンテナ 50本体(×1)、取扱説明書
  • 材質:本体/スチール、ハンドル/竹、ステンレス、脚/ポリカーボネイト
  • 最大積重ね数:3個まで
  • 最大積載量:20kg/個
  • サイズ:405×625×270mm
  • 容量(内寸):370×500×255mm
  • 重量:5.5kg

 

おわりに

スノーピークのシェルフコンテナは、残念ながら現在スノーピークの公式サイト上では在庫切れになっています。(2017年4月5日時点)
どんなサイトにもピッタリはまるデザインと使い勝手の良さを考えれば、人気なのも納得ですね。再発売が待たれます!