PICKUP!キャンパーインタビュー【2017年版】SAWAさん編

キャンプギアにもアパレルファッションなどと同じく、ルーツや時代背景などが反映しているのはご存知ですか?

流行りのスタイルや素材などの要素に加え、年代や歴史などを意識したギアチョイスを行うと、テントサイト全体がその時代にタイムスリップしたかのような、纏まりのある印象になります。

それを見事に取り入れているのが今回ご紹介するSAWAさんです。計算されたレイヤーで統一されたレイアウトは居心地がよく、気付けばあっとう間に時が過ぎてしまいそうな素敵な空間を創り出していますね。

それでは早速、ヴィンテージやミリタリーなどのカテゴリーに興味が出てきたキャンパーには特に必見なSAWAさんのテントサイトを紹介していきましょう。

プロフィール

SAWAさん 40代 男性 キャンプ歴5年〜9年

インドア主体でしたが登山をきっかけに真逆のアウトドア好きになりました。
主に山梨県道志エリアでファミリー10%ソロキャンプ90%くらいの割合でキャンプしてます。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

自分自身が先ず快適に過ごせる様に、また、訪問してくださった方も寛げる感じのレイアウトにしています。

お気に入りアイテム

1. Alaska Tent Arctic Oven Vestibules

お気に入りポイント

使い勝手を考えてオーダーし、冬の時期にメインで使ってるテントです。
広いベスタビュールが前後にあるので、片方をキッチンスペースにして小さい息子にも安心です。
薪ストーブをインしてテントに籠りきりでも快適に過ごせます。

2. ブランド不明 アルミ水差し

お気に入りポイント

アンティークショップで見つけた昔の水差しです。
ソロで行くことが多いので少なめな1.2L位の容量を何個か使っています。
蓋がコップになり、本体が分離するので暑い時は氷を入れて使っています。

3. 自作 ウッドテーブル

お気に入りポイント

キャンプを始めた頃に初めて作った自作のテーブルです。
アンダーラックがあって使い易いです。

4. Tentipi Eldfell Stove

お気に入りポイント

Tentipi のテントは持っていませんが、薪ストーブを選ぶ時これしかないと思いました。
全快にするのが怖いくらい暖かくなります。

4. Tentipi Eldfell Stove

お気に入りポイント

Tentipi のテントは持っていませんが、薪ストーブを選ぶ時これしかないと思いました。
全快にするのが怖いくらい暖かくなります。

ギア選びのポイントは?

もともと古着が好きなので、古いテントを使う時は、出来るだけその年代に近いギアを取り入れるように心がけています。

今ゲットしたいギアは?

  • オンリーワンななにか(´∀`)
  • 魚の形をした醤油差し
  • シェラカップ
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

好きな物をとことん追求したください(´∀`)
好きなスタイルを見つけたらその先輩キャンパーさんなどに聞くのが1番勉強になります。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。