PICKUP!キャンパーインタビュー【2016年版】びあ・ぷりーずさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

おしゃれなテントサイトをレイアウトするための要因はいくつもあります。

今回取材させて頂いたびあ・ぷりーずさんは、その数ある要因の中から「色」にこだわったレイアウトを心がけることでおしゃれサイトを構築しています。

ギアチョイスから自作ギア作成に至るまでロジカルな思考の元様々なギアがバランス良く組み合わさっていく様子は、サイトレイアウトのレベルアップを目指しているキャンパーさんには特に参考になることばかりです。

それでは早速、そんなおしゃれキャンパーびあ・ぷりーずさんのテントサイトを紹介していきましょう!

また、びあ・ぷりーずさんは素敵なキャンプライフを綴ったブログもされていますので、是非そちらもチェックしてみてくださいね!

PR
 

プロフィール

びあ・ぷりーずさん
40代 男性 キャンプ歴 5年〜9年

神奈川県横浜市在住
家族4人(妻、子供2人)
私自身は2008年にキャンプを始めるまで、ほとんどキャンプの経験がありませんでした。
子供たちにアウトドアを体験させてあげたいと思い、幼稚園のお父さんの会「ぱぱの会」でのキャンプイベントをきっかけに始めました。
それ以後、ファミリーキャンプ、グループキャンプを楽しんできましたが、最近は、子供たちも大きくなりソロキャンプ、仲間とのキャンプが増えています。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

写真は、ファミリーキャンプの際の基本レイアウトです。
2ルームテントのサイドをオープンにしてタープをオガワ張りで設営。
このレイアウトの特長は以下の3点です。

1.テントの出入りがしやすい
2.タープ下を最大限有効活用できる
3.キャノピーから自由に出入りできる

全体的には、身動きしやすいスペースづくりを心がけています。

お気に入りギア

1. ローカスギア( Locus Gear) カフラシル(Khafra Sil)

お気に入りポイント

このテントは、ソロキャンプを中心に使用していますが、何といっても流線型のシルエットが好きで購入しました。
受注後の生産のため発注してから3ヶ月を要しましたが、一番のお気に入りアイテムです。
また、このテントは、インナーテントを併せても1.6KG程度で非常に軽くコンパクトなのもお気に入りポイントです。

2. ヒルバーグ タープ20ウルトラライト

お気に入りポイント

このタープのお気に入りポイントは、やはり色です。
キャンプを始めて3年くらいのときにおしゃれなサイトは、「色の統一感」「バランスがよい」ことに気づきました。
そこで、それまで使用していたスノーピークのテントと相性の良い色を考えた結果、我が家のテーマカラーを「赤」としました。
そこで購入したのが、このタープ。
軽くて丈夫、コンパクトなタープ、お気に入りです。

3. tent-Mark DESIGNS ムササビウイング焚き火バージョン

お気に入りポイント

このタープは、ソロキャンプの際に使用しています。
テントとの連結、十分なスペース、また焚き火の火の粉も気にならないポリコットン素材、全てにおいてお気に入りのアイテムです。

4. 自作 テーブル(高さ2段階調節)

お気に入りポイント

このテーブルは、市販品ではなくヒノキ材を使用した自作テーブルです。
私自身が、こんなテーブル、あったらいいなという3つの希望をかなえました。

1.高さ2段階調節
高いときは、我が家の標準高の37cmとなっており、焚き火テーブルと同じ高さとなります。
2.ビルトインできる棚
キャンプをする際、テーブル上のスペースを有効活用するために棚があると便利です。
3.折りたたみ収納できる
収納時には、半分のサイズとなり、持ち運びに非常に便利です。

ギア選びのポイントは?

アイテム選びでは、機能はもちろんですが、私自身のギア選びの一番のポイントとしているのは「色」です。
サイトの統一感、バランスを良くするうえで「色」を大切にしており、我が家のテーマカラーの「赤」をキーワードにギア選びをしています。
また、最近は、アウトドアショップだけでなく、関係のない雑貨やネットショップなど他の方々とあまり重ならないアイテム選びをしています。

今ゲットしたいギアは?

  • tent-Mark DESIGNSのサーカスTC
  • ローベンスのフェアバンクス

ビギナーキャンパーへアドバイス

まずは、楽しいことが一番だと思います。
また、キャンプを本格的にすればするほどお金がかかります。
だからこそ、アイテム選びは慎重にしたほうが良いと思います。
アイテム選びに役に立つのは・・・・

1.キャンプ場でおしゃれなサイトの方と話をする
 キャンパーの方々は、話をしやすい方が多いので声をかけてみると様々な情報が得られると思います。
2.ブログ、インスタグラムなどの情報を参考にする

このようなことをしながら、自分らしいキャンプを楽しめるとより一層、楽しいアウトドアライフが過ごせると思いますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。