ノルディスクのアスガルドを土間スタイルに!夏でも涼しいレイアウト

かわいらしいフォルムとナチュラルな雰囲気で大人気のノルディスクアスガルド。コットンテントは暑い時期には使いづらいこともありますが、椎茸くに子さんは夏でも涼しい土間スタイルを紹介してくださいました!

お気に入りのテントを色んな設営方法でどの季節でも使えるのは嬉しいですよね♪

広々としたレイアウトや、特にファミリーキャンプを楽しむ方におすすめのアイテムにもぜひ注目してみてください!

プロフィール

椎茸くに子さん 30代 女性 キャンプ歴3年

マメすぎる夫にズボラな私。そこにやかましい息子の3人でのファミリーキャンプをしています。
年数を重ねるごとにギアの軽量化がすすんでいることがもっぱらの悩みです笑

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

ノルディスクのアスガルドはコットン幕ゆえに夏場は敬遠しがち、というかテントを複数持つようになってからは全く夏場に活躍の場ナシ…。

でもコットンは長いことしまいこむとカビが心配…。なんとか夏も活躍させてあげられないかと夫婦でアレコレ考え、思い切ってフロアを抜いて土間スタイルに。サイドも全てロールアップしてみたところ、まあもう、涼しいわ、プライベート感はあるわ、何よりも想像以上にたたずまいが美しい!
夏にアスガルドを持て余されている方にぜひおすすめしたいです。

ただしそもそもはアスガルド 、サイズ感は変わらないので、別に就寝用テントが確保できる広いサイトやデイキャン限定になってしまいますが、今我が家で一番アツい設営方法です。

お気に入りアイテム

1. Nordisk| Asgard 12.6

お気に入りポイント

我が家が一番最初に迎え入れたキャンプギアです。
コットン幕なので重さは重量級ではありますが、ワンポールテントなので慣れてしまえば設営は楽です。
北欧テントの持つ見た目の美しさに加え、雨や雪の過酷な環境でも、水が染みてきたり倒壊したりすることのないタフなテントなので、快適なおこもりキャンプを楽しませてくれます。

2. SABBATICAL| スカイパイロットTC ライトベージュ

お気に入りポイント

超万能シェルターです。気持ちの良いお天気の日は前後フルオープンにポールで跳ね上がれば開放感抜群。冬場もサイドのポールを二股化して薪ストーブを入れてフルクローズでおこもりスタイル化。楽ちんすぎてウッカリするとスカイパイロットばかり連れ出してしまいます。

3. VISIONPEAKS| TCルーテント

お気に入りポイント

カンガルー用のテントって小さいけれどそれなりにお高いものが多いのですが…ロゴもないシンプルなデザインにお手頃価格と言うことなし!手持ちのテントどれにでもカンガルースタイルで入れられるので重宝しています。
最近モデルチェンジして3人用の大きくてカッコいいモデルが発売されたようです。(我が家は旧モデルなので2人しか寝れず、夫はひとりハンモック泊です笑)

4. UNIFLAME| ユニセラ熱燗あぶり台

お気に入りポイント

ユニセラのオプションで購入したのですが、普通にユニセラに炭を入れて熱燗しながらお肉を焼いて良しなんですが、薪ストーブのうえで熱燗用におでんを入れて温めながらのキャンプは最高に楽しいです。

ギア選びのポイントは?

なるべく衝動買いや即決をせず、我が家のキャンプスタイルでどれだけそのギアを生かしてあげられるかを考えた上で迎え入れています。

今ゲットしたいギアは?

  • k_and_d_marketさんの蚊取り線香皿 かとせん
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

【初心者キャンパーさんへアドバイス!】
とにかく初心者の頃は、どうしたら素敵なサイトになるのか、そればかりにこだわっていて、物は増えるわ、まとまらないわで、全くキャンプを満喫できませんでした。

キャンプを続けてゆくうちに自分らしさがサイトに出てきて、ちゃんと必要な物だけを手元に残してちゃんと自分のキャンプが楽しんでできるようになります。

散々悩みましょう!そしてお腹いっぱいキャンプを楽しみましょう!

【これからキャンプを始める人へ】
キャンプを始めるきっかけって、人それぞれ違うと思いますし、なかなかハードルが高いように思えてしまうんですよね。

我が家は、家族全員で同じ事を全力で楽しみ、同じ時間を共有する、という事ができずにいたのですが、子供が成長すると共にやっと夫とも足並みが揃い、思い切ってせーので一歩踏み出しました。踏み出せば何とかなります。だって、楽しい!が一番最初に来るから。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。