【キャンプ歴15年】ベテランキャンパーさんだからこそ分かる「ギア選びのポイント」とは?

今回ご紹介するのは、「みんなで泊まるキャンプスタイル」と「無骨なソロキャンプ」を使い分けて楽しんでいるKOKUさんです!

キャンプ歴15年の超ベテランキャンパーなKOKUさんのお気に入りは地べたに座り、近くで焚き火を楽しむロースタイル。

仲間と一緒にキャンプをされている姿からは、ベテランキャンパーの風格が滲み出ています!

そんなKOKUさんには今回お気に入りギアや、15年を経て改めて思うギア選びのポイントなどを教えいただきました。

特に野営スタイルに挑戦を目論んでいらっしゃる方には参考になると思いますので最後までお見逃しなく♪

CAMPIG

KOKUさん、ありがとうございました!

PR  

プロフィール

KOKUさん
40代 男性 キャンプ歴 10年以上

自由気ままな人生を目標としているキャンパーです。

キャンプ歴は15年です。みんなで泊まるキャンプスタイルと無骨なソロキャンプを使い分けて楽しんでいます。基本的には地べたに近く、焚き火に近いロースタイルのキャンプが大好きです。

現在は写真の撮り方も勉強したくなってきました笑

ソロキャンプも奥が深く勉強中です。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

ミリタリーキャンプでしたので森林が目の前に広がり落ち葉、枯葉が鑑賞できるスタイルにしました。

東向きに一列に並べたので朝日の木漏れ日が最高でした。

4組でいきましたが焚き火やご飯はソロキャンプらしくプライベート感も出ますし、何かあれば隣に友人がいるので一石二鳥で楽しめます
今回は4組中二組はソロキャンプデビューでしたのでレイアウトも最適でした。

お気に入りギア

1. バンドック| ソロベースEX

お気に入りポイント

フライ/コットン混紡生地で質感もいいし、天候によって雰囲気、色も見え方が変わります。雨も全く問題なく、なんといっても結露しづらい、自分はまだ一回もないです笑

収納時W47xD24xH24cmてコンパクトに収まり、重量(約):5.2kgとバイクでも楽々。ペグをチタンに変え、ポールを二股にすればかなり快適な空間ができます。インナーは190cmのコットがぴったり入り、身長183cmの自分でも楽々足を伸ばせます。

前幕を自分なりに工夫をして、NVA 東ドイツ軍 シェルターハーフテントにカラビナをつけて使っています。EXはサイドウォールがついているのでこれでほぼ風は防げます。

2. フジカ| フジカハイペット反射板付き

お気に入りポイント

このストーブは暖かいです。何と言っても反射板によりストーブの前方がかなり直接的に温めてくれます。

上部は当然熱が上昇しますが、普通に調理ができるほどの熱を出してくれますので冬は必須です。一酸化炭素チェッカーは必須ですがソロベースEXに前幕付けて外気温が-6度でも室内は10度前後でした。前幕は密閉せずポールサイドは隙間を作りました。

また収納がオレゴニアンキャンパー トラッシュボックスがなんとぴったり。燃焼時間も8時間から9時間はもつので重宝しています。

3. ロゴス| バーベキュー ポータブル 火消し壺

お気に入りポイント

意外に便利なのが火消し壺。

日の後始末は非常に大事です。これがあるとチェックアウト当日、特に10時あたりのチェックアウトだと朝焚き火をしたい、朝ごはんを焚き火で調理したい場合どうしても焚き火の後始末がめんどくさくなる時にチェックアウト30分前で消火できます。

水場が遠い場合だと火をアルミホイルや他の方法で消すにしても水が必要。これなら持ち帰りでもいいし、捨て場があれば帰り際にすぐに捨てて帰れます。コンパクトで車にもスペース取られず愛用しています。

4. キャンピングムーン| トライポッド

お気に入りポイント

二千円前後で購入でき、色はブラック、重量が0.62kg、収納サイズは40cm。耐重量は15kgと優れもの。

4段折になっており長さも調節可能。ピコグリルとの相性も抜群で鍋をしたりご飯を炊くのも便利。なんといっても雰囲気抜群になります。

ファミリーキャンプでスノーピーク焚き火台Lでも使用しています。どこでも持ち運び簡単で丈夫なので重宝しています。

ギア選びのポイントは?

自分は実用性と片付けの楽なもの、コンパクトなものを重視しています。またキャンプのスタイルに合わせて持っていくものも変えてます。

雰囲気作りも大事ですよね、まだまだ勉強中ですが笑

車乗り入れ可能な場所と不可な場所でも持ち物を変えています。

総合的に言えば長年愛用していると愛着も湧くし、年期も入ると質感も良くなるので長く使えるものを重視しています。

今ゲットしたいギアは?

  • サバティカル モーニンググローリー 
  • ポータブル電源 PowerArQ Pro オリーブドラブ
  • ミステリーランチ テラフレーム 80 LODEN
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

【初心者キャンパーさんへアドバイス!】
キャンプの楽しみ方は人それぞれです。どのスタイルも魅力的で楽しいです。正解はありませんが自分で悩んで考えて買い揃えていくのも楽しみです。共通しているのはキャンプできる場所を増やしたい気持ちです。その為にはやはりルールとマナーを覚えて自然を守りましょう。みんなで楽しく盛り上げていきましょう。正しい知識で怪我、事故のないように気をつけて楽しみましょうね。

【これからキャンプを始める人へ】
キャンプは普段は何とも思わなかったことが感動したり、非日常感を味わえる最高の遊びです。
焚き火の楽しさ、ご飯が人一倍美味しく感じる、仲間とゆっくりした時間の中で語り合う、自然の音を肌で感じる癒し感、自分だけの城、基地を作る楽しみ、童心に帰ります。おすすめの趣味だと思います.まずはレンタルでも高いものを買わなくても大丈夫です。やればやるほど欲しいものが変わってきますし、やりたいことも変わってきますので無理せず気軽に楽しみましょう

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。