PICKUP!キャンパーインタビュー【2016年版】まつさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

サンドカラーのMoss幕やタープを中心に厳選されたギアのみでシンプルに構成された格好良過ぎるレイアウトを作るのは島キャンプからグルキャンまで思い思いにキャンプライフを楽しんでいるまつさんです。

特に目に留まるのはアンティーク系の素敵ギアの数々です。次から次に新商品が発売される中で、良いギアは何年たっても全く引けを取らないことを改めて感じさせてくれますね。

自分のキャンプスタイルをきっちり決めて、そのスタイルを極めて行きたい人には特に参考になることばかりだと思います。

それでは早速、お洒落と渋さを兼ね揃えた素敵なまつさんのテントサイトをご紹介します。

PR
 

プロフィール

まつさん
40代 男性 キャンプ歴 5年〜9年

20代の頃にちょっとかじったキャンプ。
しばらく離れ道具もほとんど手放してしまいましたが、LODGEのダッヂオーブンを実家で見つけて4~5年前にファミキャンでリデビューをしました。
今は夏休みを利用して沖縄の離島での島キャンプや、グルキャンも楽しんでます。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

大きなタープなので、タープ下を広く使う事ができます。
目の前に川が流れるサイトだったので、ポールの本数を増やして開放感のあるサイトにしてみました。

お気に入りギア

1. Moss(モス) OUTFITTERWING・STARGAZER

お気に入りポイント

他にないデザインで、タープやテントを張った際の張り姿が凄く好きです。
また、タープは大きいのでポールの本数を増やすことで、サイトな内の自由度があるところも気に入ってます。

2. PEUGEOT コーヒーミル やちむん(沖縄の焼き物) コーヒーカップ

お気に入りポイント

コーヒーミルは1950年代のものですが、今でも普段使いができ優しい色合いが好きです。
カップはやはり陶器の方が雰囲気も出るかなと思い、やちむん(沖縄の焼き物)を使っています。

3. PRIMUS スポーツマン ツーバーナー

お気に入りポイント

古いもので、チープなデザインと優しい色合いが好きです。
燃料はCB缶のため、何よりコストが安いのもお気に入りの理由です。

4. LODGE JDOS 10インチ ディープ

お気に入りポイント

焚き火を囲みながらまったり食事を作るのに最適だと思います。
焼く・蒸す・煮るといろいろ対応出来るので一つあると重宝します。

ギア選びのポイントは?

自分のサイトをイメージした上で、色合いやスタイルをサイトと合わせるように心掛けています。

今ゲットしたいギアは?

  • Locus GearのSoris Sil
  • 冬用のテント
  • 薪ストーブ
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

ギアの選択肢はたくさんあるので、自分のサイトをイメージするようにしたほうが良いと思います。
いろんなギアを見ると、テンションがあがると思いますがまずは冷静に。
高額なギアも多いと思いますので「買ったけどやっぱりあっちが良かったかな?」 なんていうことにならないようしたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。