熟練の野営キャンパーさんにおすすめギアを紹介してもらった!

「不安の量は道具の量、最低限の道具で最高の時間を楽しむ」

今回ご紹介するのは、自然遊びをこよなく愛し野営スタイルのキャンプをメインに楽しんでいらっしゃるInsta_bae3さんです!冒頭に記載した文章は、Insta_bae3さんが野外活動をする上で大切にしているモットー。

野営スタイルということもあって、道具は最低限の物しか用意していませんが、一つ一つのギアに思い入れがあったり、機能性が優れた物など使っていらっしゃいます!

今回はそんなInsta_bae3さんのおすすめギアもたくさん紹介していただいたので是非最後までご覧になってください!

それでは早速、野営キャンプに挑戦したい!という方には参考になるであろうInsta_bae3さんのテントサイトをみていきましょう!

PR  

プロフィール

Insta_bae3さん
40代 男性 キャンプ歴 10年以上

カブスカウトから野外活動を始め、自然の美しさ尊さの学び、「不安の量は道具の量、最低限の道具で最高の時間を楽しむ」事をモットーに自然の中で遊ばせてもらっています。
オフロー

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

とにかくナチュラルな空間の中でリラックス出来るレイアウトにしています。
私は、野営地でのキャンプが多いのでチェックIN OUTが無く、時間はたっぷりあるので倒木や流木を活用して、無いものは現地で作ります。

お気に入りギア

1. FIREBOX stove g2

お気に入りポイント

コンパクトな持ち運びに便利な折り畳み焚き火台です。
調理もしやすいし焚き火も楽しめるのでお気に入りです。
直火はしない派なので焚き火台を使っています。

2. Hennessy hammock A-sym Expedition

お気に入りポイント

設営出来る場所の自由度が高く、地面の状況に左右されないので、雨や雪でも快適に睡眠出来ます。5分でタープまで同時に設営出来るハンモックです。

3. Morakniv ホーローマグ

お気に入りポイント

フォトコンテストの商品で頂いた物で、大切に使っています。
口当たりの良いマグカップで何を飲んでも美味しく頂けます。

4. HUMMER HUMMER H3

お気に入りポイント

荒れた山道や雪道砂浜などを走り、私を未知のフィールドまで案内してくれるタフな相棒です。 
狭い道や藪の中も突っ込んで行くんで傷だらけですが、これからも大切に乗り続けます。

ギア選びのポイントは?

購入する際は、災害時でも使用できるような丈夫で信頼出来るアイテムを選んでいます。
荷造りする際は、キャンプで使用するか否かバックアップのバックアップを持っていてないか確認します。

今ゲットしたいギアは?

  • チタン製のFIREBOX
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

ちょっと位良いだろうと言いう気持ちは捨てましょう。
みんなやってるからとか流されるのはやめましょう。
ルールとマナーを守って楽しいoutdoorlifeしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。