PICKUP!キャンパーインタビュー【2020年版】Misaryneさん編

スペイン人のお爺さんの影響でなんと15歳の頃からサバイバルキャンプに出かけていらっしゃる女性キャンパーさんが今回ご紹介するMisaryneさんです!

本人曰く「女性らしさは皆無」なキャンプスタイルだそうですが、キャンプは自分が楽しければそれだけで100点だと思いますので、素敵だと思います。お爺さんとの思い出が詰まったキャンプスタイルでこれからもキャンプを楽しんでいっていただきたいですね!軽くてタフな必要最低限のギアも超機能的で参考になりますよ!

それでは早速、軍幕キャンプやってみたいけどなかなか勇気が出ない女性キャンパーさんには特に注目のMisaryneさんのテントサイトを見ていきましょう!

プロフィール

Misaryneさん 40代 女性 キャンプ歴10年以上

祖父の影響で15歳よりサバイバルキャンプをしており、早30年です。オシャレキャンプやギアキャンプではなく、昔ながらのキャンプ自体を楽しむシンプルで不便なスタイルが好きです。ずっとソロでしたが、Instagramを始めてソログルにハマっています。ぜひお気軽に声かけてくださいる

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

最小限のギアや持ち物で行うスタイルのキャンプです。また女性らしさも皆無です。登山をしながら野営地を探す事が多いので、移動が素早くでき、自然の色んな状況や緊急時に備えて、対応できるサイトの配置です。ブッシュクラフターではありませんが、一通り出来ますので現地で用意できる物は作ったり、食べたりします。

お気に入りアイテム

1. デカトロン ケトル

お気に入りポイント

軽くて丈夫。そして安い。高級なブランドギアには全く興味ありません。とにかくタフであること。山を登り沢を渡り、時に崖を降りるのに、ぶつけたり凹んだり、数日洗えない日も続く中で、共に過酷な自然環境を耐え抜く子が好きですね。

2. モーラナイフ ナイフ

お気に入りポイント

オシャレさも見栄えもないですが笑笑作業がしやすく腰に入れて山を移動してもストレスないので、長年モーラナイフは愛用してます。ミニマムキャンパーなので、火起こし、フェザー作成、薪割り、料理もこれ一つで行います。ナイフ一本有れば十分です。

3. ポーランド軍幕 テント

お気に入りポイント

軍幕は今風のテントと比べると重くて、移動に不向きですが、ポーランド軍幕はポンチョですので山林移動をしながら野営地を探す時は、一枚は着用して移動します。天気が良い場合は一枚をテントに⛺️一枚は下敷にします。応用が効く軍幕は使い勝手が良いです。祖父がスペイン人の軍人でしたので、欧州の軍品が家にたくさんあるのも影響が強いです

4. ノーブランド やかん

お気に入りポイント

これは思い出の品です。キャンプを私に叩き込んだスペイン人の祖父が、いつも近所の金物屋で買ってはザックにぶら下げていた、昭和の古き良きケトルです笑笑。軽くてタフで味がある。いまだに探しては使っています。カッコ良さもないけど、キャンプの真髄を感じる私のシンボルです。この子は3代目で、まだ5年程度ですが10年以上は使い込みますよ!

ギア選びのポイントは?

流行やブランドは全く気になりません。ギアを感じる今風のキャンプスタイルではないので、使いやすいこと、移動の邪魔にならないこと、タフで使い勝手が広く補えること、長年(10年以上)使い込めることですね

今ゲットしたいギアは?

  • タフなミリタリーシューズ
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

◾︎初心者キャンパーさんへアドバイス!
本当の意味でのキャンプとは自然を尊敬し、自然を愛し、自然の怖さを知ること。どうかギアばかりでなく、キャンパーはマナーが悪いと言われないよう、自然を大切にリスペクトして楽しみましょう!

◾︎これからキャンプを始める人へ
経験豊富なキャンプ仲間で、ソロキャンパーや自然を存分に感じたいキャンパーを、応援しています。共にソログルキャンプをしたり、マナーやルールを教えています。ご興味有ればお気軽に声かけしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。