PICKUP!キャンパーインタビュー【2020年版】yoyoさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

ソロキャンプや軍幕宿泊など、最近はミニマムスタイルが流行っていますが、大きなテントを構えてそこで広々と空間を使いながらゆったり楽しむのだって最高ですよね!今回ご紹介するyoyoさんはご夫婦+ワンチャン1匹で6〜8名用テントを使って快適な環境の中キャンプを楽しんでいらっしゃいます。

シックで統一感のあるテントサイトはyoyoさんが流行に流されることなく、本当に自分が良いと思ったものを揃えてきた集大成。中には製作者の思いやコンセプトに共感して購入したものもあるだとか。ギア購入も奥深い世界ですね!

それでは早速、yoyoさんのテントサイトをみていきましょう!この記事であなたの購入判断基準が今までと少し変わるかもしれません!

PR
 

プロフィール

yoyoさん
40代 男性 キャンプ歴 10年以上

夫婦と愛犬(トイプードル)でのファミリーキャンプがメインですが、時々グルやソロも。富士山周辺を中心に四季折々の絶景を求めて一年中あちこち出掛けています。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

夫婦2名+犬1匹ですが、滞在中はゆったり過ごしたいので、テントやタープは大きめのもの(6~8名用)を使用しています。サイトは、アウトドアブランドに拘らず自分たちが好きで快適だと思うものを持ち込み、なるべくシンプルで生活感がでないように心がけています。

お気に入りギア

1. dewaard albatros

お気に入りポイント

オランダのヴィンテージテントでティピーとロッジを融合させた独特のデザインです。特に造形美を感じる後ろ姿が気に入っています。オランダから苦労して個人輸入したので愛着があります。

2. SoToLabo cottonKOKAGEwingtarp

お気に入りポイント

張り姿が美しいウイングタープです。コットン100%透湿防水素材で高い遮光性と防水性を両立しています。何より日影が濃いので夏のキャンプには欠かせません。

3. INOUT Turtle Table

お気に入りポイント

我が家のメインテーブルです。シックなデザインだけでなく、サイドバーにはシェラカップなど引っ掛けられるので機能性も高いです。ダークブラウンの脚がサイトの印象を引き締めてくれます。

4. feuerhand vintage lantern

お気に入りポイント

メインは楽なLEDが多いですが、間接照明は小さなヴィンテージランタンを使用しています。柔らかい灯りとかわいいフォルムに癒されます。戦時中に海外で使用されていたものが80年後に日本人に、しかもキャンプで使われるなんて!ビックリですよね(笑)

ギア選びのポイントは?

一過性の人気に惑わされないように、自分にとって本当に長く使えるものか?を考えるようにしています。特に製作者の思いやコンセプトなどに共感でき、語れるストーリーがあるものを購入しようと思っています。(SNSやキャンプ場では物欲を刺激されまくりなので自制するのが大変ですが・・)

今ゲットしたいギアは?

  • ソロ用の軽量コット
  • キャンプギアが沢山積める大きな車
  • ファイヤーサイドのキンドリングクラッカー
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

◾︎初心者キャンパーさんへアドバイス!
アドバイスなんておこがましいですが、キャンプは自然が相手なので決して過信せず、寒さや暑さ、大雨や大風(これが一番怖いです)など予報をこまめに確認して対策を取り(場合によっては予定の変更も)安全な中でキャンプを楽しんでいただけたらと思います。

◾︎これからキャンプを始める方へ
何回もキャンプギアを買い直さないために、まずはどんなスタイルのサイトにしたいか方向性を決めることが大切だと思います。いまではガレージブランド含め本当に色々なキャンプギアが手に入る時代です。インスタやキャンプ場で他のキャンパーさんのサイトを見て、自然と自分はこんなサイトが好みなのだと分かってくると思います。気に入ったキャンパーさんがいたら、最初は少しずつ真似してみることから始めてみてはいかがでしょうか。その中で是非、自分らしいサイトを作って、ルールを守り、キャンプを思い切り楽しんでください!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。