ソロキャンプのすゝめ あえて一人で行くソロキャンプの醍醐味とは?

この記事の目次
PR
 

はじめに

キャンプには色々な楽しみ方がありますが、昔から根強い人気を誇るのが、たったひとりで大自然と向き合う「ソロキャンプ」です。

ファミリーキャンプやグループキャンプメインの人からすると「えっひとりで何するの?」「なんか寂しそう・・」「友達いないのかなぁ」などのネガティブなイメージが湧きがちです。

しかし一度ソロキャンプを経験すると、その奥深さと趣深さにたちまち虜になってしまうかもしれませんよ!

誤解の無いように先にお伝えしておくと、ソロキャンパーは孤独というわけではありません。友達がいないわけでも、気難しい性格なわけでも無いんですね。その理由にソロキャンプ好きのお父さんもとっても多いんです。

普段はファミキャンやファミリー同士のグルキャンでワイワイ楽しみつつ、たまに一人でまったりとキャンプ場に足を運び、家族に内緒で買っておいたキャンプギアをニヤニヤしながらセッティングして楽しんだりします。そして翌朝はなるべく早く撤収してお父さんの顔に戻るわけですね。

もちろん、キャンプは一人でしか行かない!というソロキャンパーも沢山いますし、楽しみ方は人それぞれですが、誰にも邪魔されず場所によっては電波にも邪魔されずに一人だけの時間を好きなものに囲まれて過ごす時間は、本当に贅沢なものだと思いませんか?

今回はそんなソロキャンパーのテントサイトにスポットを当てて、思い思いに楽しんでいる様子を紹介してみます。

利用シーン


●自分のために集めたキャンプアイテムのこだわり感がビシビシと伝わってきます


●だれもが羨むモステントを中心にしたシンプルレイアウトはセンスの賜物ですね


●ワンポールのミリタリーテントが男の無骨さとソロキャンの硬派感を醸し出してますね。野営の雰囲気も最高です

●ソロキャンの場合はキッチン周りも超シンプル。基本はワンバーナー1台で事足ります

sasakickさん(@sasakick74)が投稿した写真 -


●夜になると暗闇の中で一人、色々なことに思いを馳せますね

ノリさん(@noripuri)が投稿した写真 -


●ソロキャンはバイカーの比率も非常に高いですね。

おわりに

いかがでしたか?
ソロキャンパーの皆様のこだわりがギューっとつまったテントサイトを眺めているだけで、明日にでもソロキャンプに行ってみたくなってしまいますね。
初めのうちはファミリーキャンプのアイテムと併用しながらも、気がつけばファミキャン用とソロキャン用でアイテムを分け始めるようになるのは言うまでもありません。だってソロキャンプ用のアイテムは無駄がなく本当に格好良いものが多いんですから。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。