【TENTAL体験談】難波祐香の原付ツーリングキャンプ 〜九州初上陸編〜

この記事の目次
PR
 

はじめに

皆さんこんにちは!難波祐香です!

はじめに簡単に自己紹介をします。

普段は声優として活動しつつ、父の影響で小さい頃から遊んでもらってきた友達「バイク」の方でもイベントでMCをしたり、トークショーに呼んで頂いたりしていて、バイクとのたくさんの遊び方を紹介し、少しでもバイクのことを身近に感じてもらえたらいいなと思って、いろんなことに挑戦しています。

原付ツーリングがおすすめ!

今までレース観戦したり、モトクロスやレーシングサイドカー、カブの耐久レースに挑戦したりとしてきましたが、その中でも最近特にお勧めしたいのが原付ツーリングです。

私がいつも行う原付ツーリングは、原付でどこまでもひたすら走るというより(それはそれで魅力的ではありますが笑)、特に走りたいところだけ走るものです。

目的地までは電車で行き、現地で原付を借りて観光を楽しんで、帰りはまた電車でと、目的地までの時間を短縮して、観光の時間をたくさん取れるように考えた、お手軽原付ツーリングなのです。

これまでに江ノ島、鎌倉、三浦半島、関東を離れて京都や仙台と、その時「行ってみたい!」と思ったところを目的地にしています。

そうだ!原付キャンプツーリングにしよう!!

そして今回の原付ツーリングの行き先は、ずっと行ってみたかった未踏の地のひとつ「九州」にしました。せっかくの九州なので、もうひとつ何か新しいこともしたいと思い、「そうだ!原付キャンプツーリングにしよう!!」と決めました。

まずは夜行バスで九州へ!なんと東京から15時間!!いろんなバスに乗ってきましたが、10時間越えはなかなかでした。

なんとか九州に着いたら、今回原付をお借りするバイク屋さんへ。お借りした原付に、TENTALでレンタルした「ツーリングキャンプセット」をしっかりとくくりつけ出発です。

今までの原付旅はそんなにたくさん荷物を積むことがなかったので、ドキドキしながら載せたのですが、思っていたよりもキャンプセットが大きくなくて、原付で走るのにも不安を感じませんでした。

志高湖キャンプ場でソロキャンのつもりが・・!?

バイク屋さんを出発したのが夕方だったので、暗くなる前に予定していたキャンプ地「志高湖キャンプ場」に向かいました。どんどん山を登っていき辿り着いたキャンプ場では綺麗な湖と由布岳が待っていました。

こんな綺麗なところに泊まっていいの!?と、ホテルでは味わえない「自然の中」に来た感に圧倒され、本当に感激しました。白鳥も湖を泳いでいて、とても優雅な気持ちに浸りながら、しばらく景色に見とれていました。

この後彼らにあんなに驚かされるなんて知らずに・・・。

さっそくテントを立てていきます。家族で行ったときの思い出から、テントを立てるのには苦労しそう・・・と思っていたのですが、出発前に組み立て方の確認をしていたこともあって、あっという間に立てられました。

本当に簡単に立ってしまったので、拍子抜けしてしまいました。荷物の片付けも落ち着いたら、お待ちかねのごはんの時間です。

今回は初のツーリングキャンプ、しかも原付だったので、おしゃれなものを作ろうとは考えていませんでした。ツーリングでのごはんといえば、もちろんカップラーメンです!

かさばるので、容器に入っているものではないものを選びましたが、原付ツーリングをするようになってから、自然の中でカップラーメンを食べるということに漠然とした憧れをもっていたので、実現することができて、いつもよりカップラーメンが美味しく感じたような気がします!

女子でもキャンプ挑戦してみたいという方意外と多いと思うのですが、お風呂をどうしようというのも心配のひとつだと思います。しかしここは九州で、あちこちに温泉があるので何の心配もいりませんでした。

ごはんを食べた後に、原付に乗って温泉に入る・・・なんて贅沢な時間なんでしょう・・・。あちこちに温泉がありすぎて、何回も寄り道して、気付いたら温泉に6回も入っていたのは内緒です。

ごはんも食べて温泉も入ったら、さすがに15時間のバスの疲れで、あっという間に寝てしまいました。

しかし、夜中の3時を回った頃、ワサワサワサッという謎の大きな音で飛び起きました!びっくりして外を確認したら白鳥が水面を走っていました・・・!これもまた自然の中だからこそ。最高の驚きでした!

キャンプをして自然の中に馴染んでくると、大抵のことを笑って済ませ、その時の状況を楽しめるようになれる気がします。白鳥の目覚ましのおかげで、最高の星空を見ることもできましたし、いい思い出になりました。

朝ごはんは、持参したホットサンドメーカーでコンビーフバターサンドを作り、いざお片づけタイムです。テントを広げるのは簡単でしたが、畳むとなるとどうしても身構えてしまいます。難しそうに感じていたのですが、畳むのもあっけなく終わってしまいました。

おわりに

そして九州ならではの素敵な景色の中を思いっきり走りました。走り始めてすぐに由布岳が目の前に広がり、本当に綺麗で感動して少しウルッと来ました。

今回「ツーリングキャンプセット」をお借りして、初めてのソロキャンプツーリングに挑戦することができて、より九州の自然を近くに感じることができました。キャンプセットは何一つ自分では持ってなかった私でしたが、レンタルという選択肢ができたことによって、新しいバイクの楽しみ方を見つけることができました。

今回ご利用頂いたセット

バイクツーリングキャンプ ソロセットは、バイクツーリングキャンプを楽しむライダーのためのソロキャンプセットです。

ツーリングキャンプに必須のギアの中から、オシャレかつ機能性の高いものを厳選したセットとなっています。
また、収納性も考慮して選んでいるので、バイクに積載可能なサイズとなっています。

TENTALとは?

TENTALはお手軽かつスタイリッシュにキャンプを楽しむことが出来るキャンプギアレンタルサービスです。

初心者向けキャンプセットから、一度は張ってみたい憧れの幕までラインナップを揃え、みなさまのキャンプライフにスパイスを効かせられるようなサービスを提供していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。