芝生でゴロゴロできる快適カフェ TENT にお邪魔してきた【もりふうみの徒歩キャン日記】

この記事の目次

はじめに

こんにちは!キャリーバッグでキャンプする、キャリーキャンパーのもりふうみです!

今回は、東京都江東区木場にある、「outdoor cafe TENT」に行ってきました!ここは全面人工芝のキャンプサイトのようなカフェなんです!

コンクリートジャングルにあるキャンプ場

エレベーターを降りたらそこはもうキャンプサイト!見慣れたギアがお出迎えしてくれます。なんだか落ち着く!

高層ビルの立ち並ぶ都内で、こんな手軽にキャンプを体験出来るカフェがあったなんて!

気になる店内はこんな感じです。

キャンプごはんが食べられる!

ひとまず大好きなチャイティーを注文しました。木のコースターにモンベルのステンレスマグというセッティングが、室内にキャンプの風を運んできたような、思わずキャンプで飲むチャイを思い出します。

「5種類のスパイス 本格レシピの手作りチャイ」

メニューのほうにもキャンプ飯がたくさん!

スキレットでこんがり焼かれたチキンソテーには、和風醤油ソースかトマトソースをお好みで。セットの炊き込みごはんはシェラカップに盛られてきて、わくわくしちゃいます。

B.チキンソテーと炊き込みご飯セット

アウトドア用品も売ってるよ

さらにすごいのは、店内にあるアウトドアギアが購入できること!試してみて気に入ったテーブル、イス、食器、調理器具があったら、そのままお持ち帰りができます。

他にも、お店の一角には、オリジナルロゴのアウトドアグッズや

オーナーセレクトのキャンプギアも販売されています。

オーナーからひとこと

「体験できるアウトドア」をコンセプトにした、全面人工芝のキャンプサイトのようなカフェです。
スキレットやシングルバーナー、ホットサンドメーカーなど、実際にお席で使っていただくこともできます。

キャンプ好きの方も、これから始めたい皆様も、「都心でキャンプ」を味わってみてください!

5月からオンラインショップもオープンしましたので、ぜひご覧ください!

おわりに

わたしが訪れたランチタイム時には、小さいお子さんを連れたお母さんたちがお茶をしていました。キッズスペースのように裸足になって芝の上で遊べるので、椅子から落ちる心配もありません。

Wi-Fiやコンセントも完備されているので、会社の休憩中にも、ノマドワーカーの仕事場としてもゆっくり過ごせそう。

夜のカフェバータイムになると、美味しいスキレットご飯を食べに来る人の姿も。貸切をするとプロジェクターも使用できるので、都内でキャンプオフ会をする時にはぜひ使いたいです!

店舗情報

Outdoor Cafe テント
東西線 木場駅3番出口から徒歩1分
〒135-0042 東京都江東区木場2-18-14 SEAPLACE木場ANNEXビル7F
営業時間:11:00~22:00 不定休
ご予約・お問い合わせはお気軽に
PR